« 山形戦 | トップページ | 政権交代ですね、、、 »

2009.09.01

地震観測

今日は9月1日。
防災の日でもあります。
「1923年9月1日の関東大震災に因んで制定された記念日であり、日付はその9月1日である。
9月1日は年にもよるが、二百十日になることが多く、“災害への備えを怠らないように”との戒めを込めて1960年に制定。」
首都直下地震を想定、「防災の日」合同訓練と言うことで今年も各地で訓練が行われました。
防災と言えば緊急地震速報(警報)の誤報が先日ありました。
私もテレビを時計代わりにつけていたら、いきなりテロップが流れ、アナウンサーが地震の警報を呼びかけました。すぐあと、私の携帯にピリリンピリンとメールが入りました。
慌てて窓をあけ、出口を確保。
火の元を確認。
地震を待ちます。
1秒。
2秒。
3秒。
息をひそめて待ちます。
10秒。
まだ来ません。
テレビの方もようやく「誤報かな???」と言い出します。
まずはヤレヤレ。
原因は「震度計機能についてのソフトウェア」だったそうです。
まぁ、機械ゆえ、誤作動や誤報もあると思います。
このシステムはまだ軌道にのっていないゆえ、今後、しっかりと点検する中で適正な形に落ち着いていくものと思います。
と、言うことで今日は地震の観測についてアレコレと調べたことを書きます。
地震動の強さ・大きさを表わす物理量は「震度、変位振幅、速度振幅、加速度振幅」です。
中学の理科で学ぶ地震動は「周期が短く伝播速度が7km/s前後と早いP波」と
「周期が比較的長くP波の半分ほどの速度で伝播するS波」です。
地震動の強さは1898年震度0〜6。
ところが1948年の福井県の直下型地震(マグニチュード7.1)が起こり、
1949年に震度7までとなり今では8段階です。
震度7は「400ガル以上」の加速度値です。
それから45年。
1993年、1月。
釧路沖地震はマグニチュードが7.5.釧路気象台は震度6と発表。
加速度値は920ガル。
さらに阪神大震災、鹿児島県北西部地震、鳥取県西部地震、宮城県沖地震、、、、、、、、
などなど加速度の値が大きい地震が次々と観測されて来ます。
また2007年の中越沖地震ではマグニチュード6.8。
柏崎刈羽原子力発電所5号機地震観測小屋で観測された加速度は東西成分1223ガル。
原子力発電所です、、、、
うううう〜〜〜ん。
怖いですね。
これは、しっかりと原子力発電所設置基準の強振動加速度600ガルを大きく上まわっていました。
柏崎刈羽原子力発電所の基準地震動の見直しに係る東京電力からの報告についてを読むと、その後、見直しを大幅に行い積極的に前進が見られます。

震度7は400ガル以上とされた時代はもう随分前のこと。
今では時代にあわないということでしょうか。
1996年、震度4と7の間に
「5弱、5強、6弱、6強」を導入して10段階としました。
物理的に明確な値を示す加速度ではあるが、
振動の周波数と建物の種類などなどいろいろの関係があり、被害と直接結びつくとは言えないため、今まであまり地震の大きさのファクターとしては考えられなかった加速度値です。
今後はこの値にも注目をする中で、研究が進むことを望みます。
そうすることで、新たな地震災害対策や防災への大きな一歩となるものと考えます。

|

« 山形戦 | トップページ | 政権交代ですね、、、 »

コメント

目の前に在る別府湾に瓜生島という島が昔(『豊府紀聞』によれば、1596年9月4日の地震によって沈んだとされている)存在したという伝承伝説が我が町には在るのですが、実際には確実な証拠も無く本当か嘘か判りません。
しかし、我が町の人達は信じて疑う事をしません‥酷いものになると曾おばあちゃんが住んでいたとか、マコトシヤカに吹聴する若者が居たりします。古里を愛する気持ちからでしょうが、こう云った伝聞が伝説となり後世に残るのでしょうね…
私の生まれ故郷では無いので冷静に客観視出来ますが、生まれ育って小さな頃から脳裏に刻み込まれれば私も信じて疑わなかったかも知れません。
最近は大きな地震が頻発していますので、地震対策は怠り無きよう用心が肝心です。
あっ!最後になりましたが、お帰りなさい。

投稿: よ | 2009.09.01 16:11

よさん。
こんにちは。
ご無沙汰しています。
それから、「ただいま」ですo(*^▽^*)o
早いもので、もう9月。
選挙も終わりましたね。
なんだかスゴイ結果になり、これはこれで、また注目です。
あなたのブログも早速拝見。
分析が多岐にわたり、とても面白く拝見いたしました。
近々に記事を挙げるつもりです。
その折はまたお知らせいたしますね。


と、言うことで、今日は防災の日。
これまた、とても興味深いコメントをいただきありがとうございます。

伝承伝説って面白いというかとても惹かれるものがありますね。
人々の強烈な思いがそこにあり、
その思いがさらに人を巻き込む。
それは、多分に「生きる知恵」なんでしょうね。
そう、開発者さんがよく言われるルールだったり、
規範だったり、あるいは遊び心だったりと、、、
本当に尽きないものがあります。
またいろいろお教えくださいね(*^-^)
では。

投稿: せとともこ | 2009.09.01 17:44

せとさん。今晩は。

東奔西走。神出鬼没。アクチヴなせとさんの行動力に元気付けられております。
私は子どもの頃、地震が来ると、ばぁちゃんの教えで机の下にもぐって「ナンマイダ、ナンマイダ・・・」と言わせられました。稲光、雷の時は蚊帳を釣って、中で線香を立てて、これまた「ナンマイダ、ナンマイダ・・・」です。おかげでこの年まで生き延びられたのかも知れません?
それにしても、最近のセキュリテイ技術は凄いですね。使いこなせるようにとハッチャキかけております。バンバンバンです。(^O^;

投稿: hamham | 2009.09.01 21:19

hamhamさん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。
いよいよ、、、、ですね。
政権交代で、私たちの生活がどのくらい変るか、注目です。

さて、頂いたコメント。
なんとも微笑ましいo(*^▽^*)o
ばぁちゃんの知恵。
素敵ですね!!!
今度はhamhamさんがお孫さんに、素敵な知恵をバトンする番ですね〜〜〜〜〜

「使いこなせるようにとハッチャキかけております。バンバンバンです。(^O^;」

はい。
私も上に同じ。
バンバンバンです。(^O^;
ははは、、、

投稿: せとともこ | 2009.09.02 14:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/46088657

この記事へのトラックバック一覧です: 地震観測:

» 自民党大敗北の総選挙『平成維新?か、革命か?』 [逝きし世の面影]
『自民党』 総選挙の大敗で今後の自民党はどうなるのか。 到底今までどうりではいられないだろう。 何故なら自民党は欧米型の(社共のように)政治理念や主義主張によって結党されている政党ではなく基本的に個人個人、一人一人、誰でもが持っている欲望とか情念や、これまでの様々な情実やしがらみ(地縁血縁)によって寄り集まっている集団であり厳密な意味では政治結社としての『政党』とは言い辛い。 自民党の持っている唯一の理念は『与党を続ける』ことであり、国家機構(官僚組織)と個人個人の要求(欲望)を仲介することに最... [続きを読む]

受信: 2009.09.02 09:55

« 山形戦 | トップページ | 政権交代ですね、、、 »