« 沖縄基地問題について その1 | トップページ | 鳩山さん、説明してくださいよ〜〜〜 »

2009.11.12

沖縄基地問題について その2

その1より続き。

こんな中、米軍基地を提供しているだけではなく自衛隊も変貌していったことは言うまでもありません。
自衛隊法改正の中味を見ると言うエントリーで、日本の自衛隊の歴史やミサイル防衛について書きました。


さて、日本の自衛隊の変遷をみていきましょう。
ちょっと長いのですが先の亀山論文を引用します。
================
1995年11月に,日本の「防衛計画の大綱」が20年ぶりに見直された.「おおすみ」型ドック型揚陸艦,「こん ごう」型イージス艦などが1990年代に相次いで建造され,その後の海外派遣や米軍との共同行動に欠かせない装 備として活用されている.新ガイドライン体制の整備は「対テロ」の風にも乗って,自衛隊の現代戦対応が進行 した.すなわち,ミサイル防衛に対応する「あたご」型イージス艦,情報収集衛星,E-767早期警戒管制機,KC-767J 空中給油機,対潜哨戒機PX,次世代輸送機CXなどを次々開発・導入する一方,生物化学兵器への対処,部隊の 再編成が進行した.2005年には防衛計画の大綱が再改訂された.
自衛隊と米軍は,すでに国内の演習空水域や海外での合同演習,装備の一体化や物資の相互融通の態勢ができ ている.さらに近年,両者の基地の一体化が急進行した.本土の自衛隊基地を在日米軍が共同使用するとともに, 米軍基地を自衛隊が共同使用するのである.始まりは在沖海兵隊の砲撃演習移転であったが,今や日米両軍の指 令機能の統一が図られる段階に至っている.
沖縄の自衛隊では,陸自の最大規模の旅団化など質量強化,離島への常駐,那覇の空自F4のF15への更新など が計画されている.さらに,在沖空軍と海兵隊の二大兵力に対応して,嘉手納を空自が,キャンプ・ハンセンを 陸自が共同使用する.基地の狭隘な沖縄の自衛隊にとって質・量の飛躍であり,米軍との一体化の典型例でもあ る.

辺野古「出動」の衝撃

辺野古への海兵隊航空基地建設について,日本政府は対米公約の期限に間に合わせるために,環境影響評価法 の定める手続きを無視して,2007年春,サンゴなどの「事前調査」を強行した.
政府は,この調査に海上自衛隊部隊を動員し,掃海母艦「ぶんご」を現地近海に派遣した.これは,法に定め
られた自衛隊の任務からは説明不能であり,自衛隊部隊が法の統制を外れて派遣されたことを意味する.派遣の 目的は,市民の平穏な反対行動を封じ込めて調査を断固実施することにほかならず,自国民を脅し,圧迫する目 的で自衛隊が行動したのである.さらに,環境影響に関する「学術的な調査」に,専門性もなく機密に包まれた 「軍」が関与したのである.自主・民主・公開が必須の科学研究に,軍の原理は相容れない.辺野古出動を通じ て,「戦争する国」の権威ある「軍隊」が,立ち現れてきたのである.
(亀山論文より引用)
================

と、言うことで、ツラツラとみてきた沖縄の基地問題。
沖縄・読谷村のひき逃げ:米兵、道交法違反容疑で書類送検へ 「逃亡の恐れない」などのニュースもある中、
今後の動きに注目の基地問題です。

環境問題や命の危険問題などなど、、、
こうした問題の一つひとつを丁寧に考えながら、
基地問題に対処する時期がきていると改めて思うものです。
岡田さんが先の国会で言われたような「時間がない」と言う理由で拙速な方針にうちでることがないようにと、
願うばかりです。


Today, I studied history of the U.S. forces in Okinawa.
I refer to Kameyama’s paper.
It’s very useful information to me.
I hope the U.S withdrew the U.S forces from Okinawa and Japan.
Thank you.

|

« 沖縄基地問題について その1 | トップページ | 鳩山さん、説明してくださいよ〜〜〜 »

コメント

 来日するオバマ大統領との会談で、鳩山総理は沖縄の基地問題を持ち出さない意向だという。そのまえのクリントン国務長官と鳩山外相の会談でも、普天間は『早期に結論』というだけで、詳細には踏み込まないことを事前にとりきめている。遠来の友人に、なにをお土産に持たせるのか、隣近所のおばさん連中が興味ぶかげにうわさしあっている。
 夫婦でも親友でも、そして同盟関係でも、喫緊の課題を腹蔵なく話し合えるあいだの相互関係で、それができなくなったときには、関係は有名無実となる。アメリカの民主党と日本の民主党は、名前とおなじように政治理念や価値観まで共有している関係ではない。むしろ冷淡で疎遠、日米安保は有名無実のから証文があからさまになった一幕だと思う。
 今年の冬は越せるのだろうか?

投稿: 罵愚 | 2009.11.12 16:23

今夕、いよいよオバマさんが来日ですね。
しっかりと注目です。

さてさてですね。

投稿: せとともこ | 2009.11.13 12:48

 どちらが、なにをしたから、こうなったという原因探しはともかく、そして、だからこれからどうなるというおみくじを引くような話ともちがって、同盟関係が腐ってきて、信頼性がゆらぎはじめている事実だけは、きっちりと認識しておく必要があると思う。

投稿: 罵愚 | 2009.11.13 15:06

その来日したオバマさんを置いてAPECに行ってしまいましたが・・・

投稿: 通りすがり | 2009.11.14 13:10

通りすがりさん、、、
もう通り過ぎましか???
お返事おそくなっている間に、
オバマさんも、
通り過ぎたようで。

何を土産に残したか、今後の行方が気になりますね、、、

投稿: せとともこ | 2009.11.16 18:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/46742375

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄基地問題について その2:

» 日本の全国紙は、米国に魂を売り渡して迎合するメディアに堕ちてしまっている!! 天木直人氏の眼力。 [ブログ blog で 情報交換]
「天木 直人のブログ」鳩山首相には石橋湛山のような側近政治家が必要だhttp:/ [続きを読む]

受信: 2009.11.12 21:01

« 沖縄基地問題について その1 | トップページ | 鳩山さん、説明してくださいよ〜〜〜 »