« どうなる基地問題? | トップページ | 化石賞受賞 »

2009.11.09

普天間の辺野古移設に反対 2万1000人が結集と言うニュース!

普天間の辺野古移設に反対 2万1000人が結集と言うニュースが届けられました!!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対する県民の意思を示す「辺野古への新基地建設と県内移設に反対する県民大会」(同実行委員会主催)が8日午後2時すぎから、宜野湾海浜公園屋外劇場を主会場に開催され、2万1000人(主催者発表)が結集した。共同代表のほか、宜野湾市、名護市から参加した市民代表らによる意見表明があり、普天間飛行場の1日も早い閉鎖を求める大会決議を採択して閉会した。
決議は「民主党中心の新政権に代わった今、あらためて新基地建設ノーの県民の意思を明確に伝える」と訴え、オバマ大統領との首脳会談を控えた鳩山由紀夫首相に対等な日米交渉を促した。
(上記ニュースよりママ)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そうかぁ、2万人以上が集まったのですかぁ。
凄い。

私も民主党、というか岡田さんの国会・予算委員会での発言に対しては疑問を投げ掛けるエントリーを先日から挙げていますが、
沖縄の方々にとっては、「切実なる問題」です。
そして、この問題は沖縄の問題ではなく、私たち国民の問題でもあります。
つまり、
日本の国内にある「米軍基地」と言う意味で。

米軍基地についも、随分前から、私は拘り続け、記事を書き込んでいます。
とくに日米地位協定と思いやり予算については、拘り続けています。
日本の海は、空は、 誰のもの?と言うタイトルでエントリーを挙げたのは沖縄国際大学に米軍機が墜落した際の日本の対応について書きました。
その折、日米地位協定第三条、第一項の確認をしました。
〜〜〜〜〜〜〜〜
合衆国は、施設及び区域内において、それらの設定、運営、警護及び管理のため必要なすべての措置を執ることができる。日本国政府は、施設及び区域の支持、警護及び管理のための合衆国軍隊の施設及び区域への出入の便を図るため、合衆国軍隊の要請があったときは、合同委員会を通ずる両政府間の協議の上で、それらの施設及び区域に隣接し又はそれらの近傍の土地、領水及び空間において、関係法令の範間内で必要な措置を執るものとする。合衆国も、また、合同委員会を通ずる両政府間の協議の上で前記の目的のため必要な措置を執ることができる。(第三条、第一項)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このとき、私は素朴な感想を書きました。
一体誰が私たち国民を守ってくれるのか?と。
日々、爆音と環境破壊で生活は脅かされ、さらに墜落や犯罪と命の危険にさらされ、
そんな生活を強いられている沖縄、あるいは基地の町の方々。

ところで、この基地ですが、、、、、
実は、
基地といえば沖縄のように思うのですが、違うんですねぇ、、、
以前基地のある町と言うエントリーで、
首都圏になんと在日米軍の施設が28もあることを紹介しました。
=============
東京都 8施設
陸軍
赤坂プレスセンター(ハーディバラックス、麻布ヘリコプター基地)
海軍
硫黄島通信所
ニューサンノー米軍センター
空軍
横田基地
府中通信施設
多摩サービス補助施設
大和田通信所
由木通信所

神奈川県 16施設
陸軍
横浜ノースドック
相模総合補給廠
相模原住宅地区
キャンプ座間
長坂小銃射撃場
海軍
根岸住宅地区
富岡倉庫地区
上瀬谷通信施設
深谷通信所
小柴貯油施設
鶴見貯油施設
吾妻倉庫地区
横須賀海軍施設
浦郷倉庫地区
池子住宅地区及び海軍補助施設(旧池子弾薬庫)
厚木海軍飛行場(滑走路は海上自衛隊と共用)

埼玉県 3施設
キャンプ朝霞(AFN送信所)
所沢通信施設(旧所沢飛行場)
大和田通信所

千葉県 1施設
木更津飛行場(木更津ALF/Aux. Landing Field)
(wikipediaより)
=========

また、上記wikipediaには、このような記載もあります。
「2008年現在、米軍施設は29都道県に、米軍専用施設に限っても13都道県に置かれ、その面積の33%は北海道、これに次ぐ22%は沖縄県に集中している。米軍専用施設に限ればその74%は沖縄県に集中[8]する一方で、四国・近畿・中京・日本海側にはほとんど置かれていない。また、首都圏では東京都の首都中枢を取り囲むように設置されているが、陸上戦力はほぼ皆無である。日米地位協定により自衛隊が共同使用している在日米軍専用施設の土地面積は約38,000,000m²である。」

ムムム。
狭い日本、
この小さな国にのアメリカの基地が約38,000,000m²もあるのです、、、、、
追跡在日米軍と言うサイトでは、
米軍の実体について、細かに分析しています。

このサイトを読んでも明らかなのですが、
米軍は決して、私たち日本人、日本を守ろうとは思っていません!!!

アメリカが日本を守ってくれているから、、、
こんな理由で私たちは、アメリカ軍が日本の国内に駐留することを認めている今までの政府でしたが、
が、
墜落事故、あるいは米軍の犯罪については、為す術もなく、国民である私たちを守ろうとはしなかったという事実を目の当たりにすることばかりでした、、、
この国は、
一体誰を守っているのでしょうか?

アメリカの言いなりで、
自国にヘリが落とされても、手を加えたまま見ているだけで、


また思いやり予算
これも、国民の私たちには重税を強いながら、アメリカ軍には湯水のごとく、気前が良い予算です、、、、、
尤も、この思いやり予算については、
現政権は事業仕分け対象と言うことにするらしく、今後の成り行きに注目です!!!

フゥム。

いずれにしても、
米軍基地を見直す時期だと私は考えています。
民主党政権が、
対等にアメリカに物申すことを期待するばかりです。


この問題、さらに考えていきます。

Yesterday, a number of people gathered at Okinawa to object to a policy.
They implored the Japanese Government for remove the U.S. forces in Japan.
I think so.
I hope he U.S. forces in Japan go back home.
Thank you.

|

« どうなる基地問題? | トップページ | 化石賞受賞 »

コメント

そうですよね~。

でもうちが総理ならかなり苦しい立場に・・・。理想(方向性)は対等で基地をへらしていくでも、対米関係悪化させないとなると・・・。沖縄の人達への充分な配慮となると・・・。いい方法てあるんでしょうか??
政権基盤がこわれかねないから、予想ではアメリカには「えさ」つけていくらか譲歩してもらい沖縄の人にはある程度は県内で一部他に移転でなんとかこらえてもらい、続きは次期政権でとなりそうな・・・。

投稿: あゆ | 2009.11.10 08:51

補足・余談

外れますが、米軍車両て自賠責にはいってなくて事故おこしても、制度的に被害者に保証金いかないそうです。泣き寝入りの可能性がおきるそうです。
(自衛隊も同様)相手が誠意ある良心的対応すれば大丈夫なんですが・・・。

投稿: あゆ | 2009.11.10 08:54

あゆさん。
おはようございます。
コメントありがとうございます。
確かに、アメリカとの関係で難しいと思われがちですが、
前にも書いたように、諸外国はすでに米軍基地を撤去させているんですね。
フィリピン、エクアドル、スペイン、ニュージランドなどです。
こうした経験をみると、
決して、撤去が不可能とは思いません。
今や、時代はアメリカ一局主義ではないと思うんですよね、、
国際間の意識も変わってきています、、、、、

いずれにしても、
国を守るということは、大切なので、
そことの兼ね合いをしっかりと見ていく必要はあるのですが、
少なくとも今の形での米軍基地の存続が、日本国民を守っているとは考えにくい事実が、あまりに多いようです、、、、、
この問題、また一緒に見て行きたいですね、、、
では。

投稿: せとともこ | 2009.11.10 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/46716695

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間の辺野古移設に反対 2万1000人が結集と言うニュース!:

» 「普天間の辺野古移設に反対/2万1000人が結集」報道一考 [一知半解なれども一筆言上]
今日は、次のニュース↓をキッカケに、思ったことを書いていきます。 【号外】普天間の辺野古移設に反対 2万1000人が結集 上記のニ... [続きを読む]

受信: 2009.11.10 23:06

« どうなる基地問題? | トップページ | 化石賞受賞 »