« お年寄りの尊厳はどうする?民主党 | トップページ | 沖縄基地問題について その1 »

2009.11.12

「事業仕分け」 始まる

事業仕分け 脱「お任せ」の契機にもと言うことで、
昨日からいよいよ始まりました。
「行政刷新会議」。

 「事業仕分け」は、民主党の衆参議員9人と民間有識者56人からなる「評価者」が、同会議の下に設置された3つのワーキンググループに分かれ、各省庁が予算要求した事業を評価するというものです。
公開と言うことで、
今日もテレビで一部が報道されていました。
内容は、
事業の要不要、
事業の担い手、
緊急性—などについて検討。
法改正も視野に事業の改廃、予算見送りといった措置を決定するとのことです。
1事業1時間の審議で結論を出していきますが、
この結論が最終判断となるものではないということです。

さて、この判断を下す人物に、
お馴染の、政府税制調査会会長を務めた石弘光さんがいらっしゃいました。
石さんですかぁ、、、
思い出しますね。
政府税制調査会と言うエントリーを挙げたのは小泉さんの時代、2005年のことだったのですが、、、

また、経済財政諮問会議の審議に携わった川本裕子さんも有識者のメンバーです。

一方、亀井さん。
記者会見で「3党連立と言いながら国民新党や社民党の議員が入っていない」と不満を表明しています。
また、モルガン・スタンレー証券のロバート・フェルドマン経済調査部長が仕分け作業に当たっていることについて「事業仕分けは権力の行使そのもの。外国人を入れるのはおかしい」と批判もしています、、、

フゥム。

さてさて、、、
この作業、どうなることか、
内容も、これから事細かに検証していくつもりですが、
本当に目が離せません。
 

The Japanese Government sorts journalize system.
The purpose is to avoid waste.
I feel anxious about that result.
However, I will keep a very close watch it.
For the time being let’s wait and see how matters turn out.
Thank you.

|

« お年寄りの尊厳はどうする?民主党 | トップページ | 沖縄基地問題について その1 »

コメント

間伐も対象になりましたね。

投稿: あゆ | 2009.11.13 23:25

こんにちは、せとさん。

少し中国古典風な表現をすると「汝、物事の軽重を測るに秤をもってせず、物差しをもってするや」なんて言いたくなったりしてくるんですね。

国家の事業の仕分けは必要なんだけど、その仕分けをするための計量器がなんか違う気がするんです。

なんていうかな、無いものねだりを承知で言う話ではあるんだけど、「国家の将来像」みたいなものがあって、そこにたどり着くために「これはその方向に向いている事業、これはその方向からは外れる事業」という考え方に基づいて仕分けしている感じがしないわけです。なんていうかな将来ビジョンという分銅を片側に乗せた天秤が必要なんだけど、そんな分銅がないから秤が使えなくて、気分で「無駄にみえるかどうか」という物差しで大きさを測って仕分けている感じがして仕方ない訳です。

国家の事業計画を家に例えすぎることは「合成の誤謬」を生むので避けた方が良いと言いながら、たとえてしまうね(笑)。例えばまだ中学生くらいのお子さんがいる家庭で「この子は将来きちんと大学までいかせよう」とお考えになっている家庭では学費積み立てはかなりの重さを持つ支出だけど、「うちの子は勉強も嫌いだし、高校出たら就職するんだろう」とお考えのご家庭においては学費積み立ては無駄なけずっても良い経費となるよね。まあ、その通り成るというものでも無いけどね。あくまで、なんらかの将来構想が無いと今の支出ひとつとっても、重要なのか無駄なのか分からない面がでてくると言う例だけどね。

もともと、自民党政権の時でも「将来ビジョンに基づいた行政」という感覚は無かったので、民主党政権になって直ぐにできるものでも無いんだけど、せとさんが「やがて成熟する」と期待されている国民の側から「将来ビジョンに基づいた仕分け」みたいな事を求める声がほとんど聞こえてこないのが悲しいと言えば悲しい訳です。

投稿: 技術開発者 | 2009.11.16 17:47

あゆさん。
技術開発者さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。


あゆさん>
そうですえね。
いろんな分野が対象のようですが、、、
さてさて。
どうなんでしょう、、、
チョット、様子見です。


技術開発者さん>

「自民党政権の時でも「将来ビジョンに基づいた行政」という感覚は無かったので、民主党政権になって直ぐにできるものでも無いんだけど、せとさんが「やがて成熟する」と期待されている国民の側から「将来ビジョンに基づいた仕分け」みたいな事を求める声がほとんど聞こえてこないのが悲しいと言えば悲しい訳です。」と開発者さん。


そうですね。
本当に。
仰るとおりですね。
物差しが、いまだ、単位を決めかねているようで。
はぁ、、、、とため息ですね。
あゆさんにも書きましたが、
私は様子見です。今は。

投稿: せとともこ | 2009.11.16 18:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/46741878

この記事へのトラックバック一覧です: 「事業仕分け」 始まる:

» 小選挙区制、二大政党論の財界人が民主新人議員に心構えを説く [ブログ blog で 情報交換]
「時事ドットコム」によると、稲盛和夫京セラ名誉会長は13日午後、国会内で開かれた [続きを読む]

受信: 2009.11.14 22:15

« お年寄りの尊厳はどうする?民主党 | トップページ | 沖縄基地問題について その1 »