« 落語をききました。 | トップページ | 鳩山総理、イラク戦争は間違いであった、と。 »

2009.11.02

中小金融円滑化法案

中小金融円滑化や郵政株売却凍結法案を閣議決定と言うニュース。
今後、どうなるか気になります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
中小・零細企業などの債務返済を猶予しやすくする「中小企業金融円滑化法案」を決定した。金融機関に対し、返済猶予を含めた貸し付け条件の変更に応じる努力義務を課すことが柱で、中小企業の返済負担を軽減し資金繰りを支える。日本郵政グループの株式と宿泊・保養施設「かんぽの宿」の売却・譲渡を凍結する法案も決定した。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
先に景気について、私もエントリーを挙げ、技術開発者さん、黒猫亭さん、YJSさんから示唆に富むコメントを頂き、考えることばかりでした。
とくに、景気対策として「貨幣供給は何をもたらすか?スタグフレーションは起こるか」などなど先を見通すことについて、難しいながら、いろいろ考えました。

さて、そんな中、
政治は休むことなく動いている、と言うか経済は動いているのですが、
つい先日の30日、鳩山内閣が中小企業向けの融資や個人の住宅ローンを対象にした「金融円滑化法案」を閣議で決定しました。
これは、一体、どのようなことか、中身をみていきましょう。

法案では金融機関に対して、
融資の返済期間の延長や、
金利の軽減など、
資金繰りに苦しむ中小企業や個人の要請に応じる「努力義務」を課しています。

努力義務です。
フゥム。

また、金融機関は対応の状況を定期的に報告し、それを政府が半年に1回まとめて公表。
虚偽の報告など、悪質な事例には罰則が科されるともあります。

確かに以前から指摘されているように、中小企業の倒産の原因の一つが銀行の「貸し渋り」「貸しはがし」は明白です。
私も何度か記事にしました。
現実は、
日本政策金融公庫の10月の調査によると、中小企業の資金繰り判断は26カ月連続のマイナスとなっているそうです。
昨年から、さらに厳しくなったとも言えます。
三菱UFJ、みずほ、三井住友の三大メガバンクは、中小企業への貸し出しを1年で2・6兆円も減少。

今回の法案が法的な力を持っているか、あるいは指導力がどこまであるか、、、
気になります。

さらに、経済産業省も中小企業の資金繰り対策を発表。

資金繰りや仕事の確保、、、
などなど、中小企業が生き残るために、生き抜くために、
国が的確な指導を行うことを切に求めます。
中小企業は、モノ作り日本を支えている大切な産業なのです!!!

中小企業向けの雇用調整助成金を抜本拡充。
役所の仕事を中小企業に優先発注することとか、
公共事業を生活密着型に切り替えるなど中小零細企業の仕事を増やす対策も車の両輪で大切だと思います。

The Japanese Government decide a financial policy for small and medium-sized enterprises.
A tight money policy is too harsh for small and medium-sized enterprises.
I hope this policy is good for them.
Thank you.

|

« 落語をききました。 | トップページ | 鳩山総理、イラク戦争は間違いであった、と。 »

コメント

「中小企業金融円滑化法案」‥亀井大臣も上手い事、新たな金融庁の監督権限を金融機関に滑り込ませようと画策して成功しつつありますね。やり方はガサツで乱暴ですが、これがこの人の持ち味とも云えます。
郵政と金融機関と企業の裏側を調査するには金融庁はもっとも便利な組織ですから亀井大臣の筋書き通りでしょう。
>中小企業向けの雇用調整助成金を抜本拡充し、大企業の「下請け切り」をやめさせ、倒産・廃業を防ぐための休業補償・直接支援を実施すべきです。さらに、役所の仕事を中小企業に優先発注することや、公共事業を生活密着型に切り替えるなど中小零細企業の仕事を増やす対策が重要です。<
この点に亀井大臣がどのように切り込むかで、この人の政治家としての器が判明しますが、祈るような気持ちで期待したいですね。delicious

投稿: | 2009.11.02 15:37

 もう終わってしまいましたがNHKの「知るを楽のしむ 歴史は眠らない ニッポン借金事情」はおもしろかった。自分の常識が、脳みそのなかで崩壊していくのを体験しました。

投稿: 罵愚 | 2009.11.02 16:41

こんにちは、せとさん。忙しくてあまりコメントできなくて済みません、無駄話です。

良く高利貸しの貸す金を「カラス金」なんていうけど、これは江戸時代に実際にあった信用貸し付けなんですね。明け方にカラスが鳴く頃に貸して、夕方にカラスが鳴く頃に1割り増しで返すから「カラス金」なんですね。トイチどころかイチイチですから無茶苦茶高利ですね(笑)。

ところがね、この江戸時代の金融、けっこううまく行っているのね。なんていうかな、江戸の街を「スーパーの陳列棚が通りを歩いてやってくる」なんて言った人がいるけど、そういう担ぎ商いの人とかがね、何か事故があって仕入れの金すら失った場合にね。カラス金を借りて仕入れして、一日売り歩いて1割の利息を払っても、生活費くらいは稼げたのね。すこしずつ節約して、カラス金と縁が切れたら、また元のような行商人ね。

なんていうかな、「稼ぎに追いつく貧乏無し」なんてのも江戸時代に言われた言葉みたいだけと、大事なのは「稼げる仕事が常にある」と言う事の方なのね。そこを立て直すことの方が大事なんですね。

投稿: 技術開発者 | 2009.11.02 18:14

よさん。
罵愚さん。
技術開発者さん。
こんばんは。
寒くなりましたね。
お元気でいらっしゃいますか?


よさん>
はい、亀井さん。
なかなか、つかめませんね。
どうなるか、、、
ちょっと私も様子見です。


罵愚さん>
そうですか、そんな番組があったのですか。
また、情報、お教えくださいね。
あなたとは意見が違うこともいっぱいあるのですが、
現実にドド〜〜〜ンと根付いたご意見をいただいた時は、私は嬉しく思っています。

技術開発者さん>
なるほど。

「稼ぎに追いつく貧乏無し」なんてのも江戸時代に言われた言葉みたいだけと、大事なのは「稼げる仕事が常にある」と言う事の方なのね。そこを立て直すことの方が大事なんですね。」

はい、すごくわかります!!!

ありがとうございます。
そうですよね。
こうしたツマツマ、チマチマと足下にそった現実の商売というか実体経済が今、見失われている感がしてなりません、、、
この問題、もう少し掘り下げていきたいと考えていますので、
その折はまたアドバイスいただけると嬉しく思います。
なお、お忙しい由、お体、くれぐれもお大切に。

投稿: せとともこ | 2009.11.04 18:38

瀬戸さん、こんばんは。
初めてコメントいたします。

私はあいにく経済に疎いので、この法案について断定を下すことが出来ないのですが、下記のブログ「40過ぎて独身で」さんの記事↓を参考にする限り、決して良い結果をもたらさないような気がしてならないのですが…。

・水戸黄門じゃありません
http://blogs.yahoo.co.jp/singleandover40/59841697.html

上記記事を読んで、瀬戸さんはどう思われるでしょうか?

投稿: 一知半解 | 2009.11.04 19:02

一知半解さん。
初めまして。
コメントありがとうございます。
あなたとは、こうしてコメントで話しをさせていただくのは初めてですが、ブログは何回も拝見させていただいています。

さてさて、、、今回の金融円滑法案。
私も、かなり眉唾でみているというか、
成り行き、見守りです。
お教え頂いたブログ、読みました。

ううううう===ん。
難しいですね。
ご紹介ブログの以下の言及。
「まず貸し付け条件の変更だが、いわゆるリスケをすると現在の金融検査マニュアルでは不良債権として引き当てをつまなければいけないので、その点に切り込んだのは正しい。
というか、対策として、これだけで充分なくらいである。」

には、私も同意します。

「ただし、日本国内だけを考えれば、だ。」と言うことで国際会計基準によるBIS規制が出てくるのですが、確かに、今のBIS規制ではそうですが、
これをも視野に入れて、中小企業を守るためにどうすればよいかとなると、、、
件のブログのように、バサリと切り捨てられないもどかしさがあります。
以前、「中小零細企業を守ってこその活力」http://ts.way-nifty.com/makura/2009/01/post-e58f.html
と言うエントリーを挙げました。
そこで、規制緩和についても考察を加えたのですが、
個人的にはIMFやBISのあり方も含めて考える必要を感じています。

難しいですね、、、
本当に難しい。
ここでも、経済については何度となく討論していますので、
一知半解さんもまた、ご参加くださいね。
私も、今、金融について記事を挙げようと思っています、、、
いずれにしても、情報ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: せとともこ | 2009.11.05 13:59

瀬戸さん、レスありがとうございます。
まさか拙ブログをご覧いただいているとは思いませんでしたので嬉しく思いますhappy02

それはさておき、瀬戸さんが仰るように中小企業を守ること、それ自体には私も異論はありません。

ただ、今回の法案が、果たして中小企業の助けとなりうるかについては怪しいような気がします。

モラルハザードを招き、美味しいところは銀行にさらわれ、穴埋めは国民の税金で…という結果に終わりそうですし。

そうした結果に終わりかねないことをきちんと説明し、それでも中小企業を支えねばならないと、民主党がデメリットも説明した上でならば、納得できなくもないのですが、そうしたことは全然期待できそうにないですね。

大企業を敵視するなど、どうも正義漢気取りで問題解決を図ろうとしている亀井大臣には不安を覚えます。

こうした問題に、善悪を持ち込むことは、何にも解決にならないばかりか、正義の仮面を被って、甘い汁を吸う人間をのさばらせる結果にもなりかねない…と思うのですが。

かといって、それだったら代案を出せ!といわれても経済オンチの私にはわからないのですがねsweat01

難しい問題ですなぁ。

投稿: 一知半解 | 2009.11.05 23:34

一知半解さん。
こんにちは。

経済問題、本当に難しいですね。
つい先頃も、「景気とは何か」と言うテーマで、盛り上がったのですが、
http://ts.way-nifty.com/makura/2009/10/post-ffb6.html
理論から、即実践とはいかないところが悩ましいですね。
もしお時間がありましたら、またご覧いただけると嬉しく思います。

いずれにしても、
私も今回の法案、ちょっとばかり不安なので、しっかりと追跡していきたいと思います。

その折は、ご意見やアドバイス、いただけたら、、、と願っています(o^-^o)

投稿: せとともこ | 2009.11.06 17:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/46651551

この記事へのトラックバック一覧です: 中小金融円滑化法案:

» 淋しい狩人 (新潮文庫) (文庫) 宮部 みゆき (著) [なんでんかんでん]
この本は16年程前の宮部みゆきの作品だが何度読んでも面白い。人間の暗部を的確に取 [続きを読む]

受信: 2009.11.02 12:21

« 落語をききました。 | トップページ | 鳩山総理、イラク戦争は間違いであった、と。 »