« 源氏物語の写本に異なる内容  | トップページ | 中小金融円滑化法案 »

2009.11.02

落語をききました。

円楽師匠がお亡くなりになりました、、、
私自身は笑点の師匠しか、実は知らないのですが、、、

先日、落語と笑いからツラツラとと言うエントリーを挙げたのですが、
その折は落語における笑いとは何か、
あるいは、そもそも笑いとは何か、、を考えながらエントリーを書きました。
いつも深く丁寧なコメントを下さる黒猫亭さんの記事を参考にしながら。

そこで、ツラツラと読むうちに、
これは実際に落語を聞きに行こう、、、と思いました。
と、言うことで、夫と浅草まで出かけました。
浅草演芸ホール,

ここは毎日、落語、漫才、漫談、マジック、曲芸をやっているそうです。
私も初めてなので、ワクワクしながら訪れました。
昨日は11月初旬の催し。

私たちがホールに着いたのは1時ごろで、もういくつかの演目は終わっていました。
会場はすでに多くの人が座っていた、私たちもやっと座席を見つけて、座りました。
その後は、
いろんな落語家の噺や曲芸、漫談を楽しみました。
以前、京都でも落語を聞きに行ったのですが、
その時は会場と噺家との距離が遠くて、本当に講演を聞いていると言う感じでしたが、
昨日は会場と噺家の距離がなくて、
すぐそこで、噺ているという密接な雰囲気が、いかにも浅草と言う感じで、すごく良かったです!!!
噺家の息遣いや目配せ、間合いの取り方、手の動きなどなどを間近で観て、
本物に接している感がジワジワとしてきます。
会場と一体です。

有名な「時蕎麦」「目黒のサンマ」や、あるいは新しい作品やら、いろいろ盛りだくさん。
大いに笑いました。

落語、あるいは、曲芸、漫談、マリオネット、、
みんな芸術だと思った次第。
こうした芸術はしっかりと残す、保存することが大切ですね。

まだ、落語そのものの面白さや深さは分からないのですが、
おいおい、聞いていくうちにと、
今から楽しみにしています。

そんなわけで、
黒猫さん>新しい世界を教え下さり、ありがとうございます。
これからも、いろいろお教えくださいね。
楽しみです。


Yesterday I went to Asakusa storyteller's theater to listhen comic stories with my husband.
Many comic storytellers show professional performance.
We are impressed with their plays.
We had enjoy time.
To laugh is good for the health of body and mind.
Thank you.

|

« 源氏物語の写本に異なる内容  | トップページ | 中小金融円滑化法案 »

コメント

>>円楽師匠がお亡くなりになりました、、、
>>私自身は笑点の師匠しか、実は知らないのですが、、、

亡くなった人をあれこれ言うのも何ですが、師匠の六代目圓生同様、ちょっと権力志向のある人だったようですね。まあ、本当のところや動機面の部分はどうなんだかは勿論わかりませんが、圓生の名跡を巡っていろいろ不審な動きをしたことは間違いないようです。

また、師匠六代目圓生がキーパーソンとなって勃発した落語協会分裂騒動は、自殺者が出たこともあって関東落語界に未だに暗い影を落としていますが、その陰には談志と圓楽の動きがあったかに伝えられていますし、そう謂う意味では、「死ねば仏」として素直に顕彰するにはいろいろ複雑な想いが残る芸人人生だったと思います。

>>これは実際に落語を聞きに行こう、、、と思いました。

いろいろ落語について書いていますが、オレは一度も生で落語を聴いたことがないんですよ(笑)。だから寄席やホール落語の雰囲気はわからないんですが、そのうち余裕が出来たら、せめて直近の池袋演芸場くらいは入ってみようかと思っています(笑)。

>>以前、京都でも落語を聞きに行ったのですが、
>>その時は会場と噺家との距離が遠くて、本当に講演を聞いていると言う感じでしたが、

関西の演芸興行は、ご存じの通り松竹芸能と吉本興行が主体で、ハコは漫才を中心とした多目的演芸ホールが主流で落語の定席が少ない為に、ホールの落語会が中心らしいですね。そうすると、関東の三〇〇席前後の定席とはまた違って、それこそ講演会をやるようなハコで落語を演じるような形になるので、演者と客の距離が遠くなる嫌いはありますね。

米朝もエッセイで、「落語はあんまりでかいところでやるもんじゃない」と謂うようなことを言っています。話芸ですから、やはり音響の問題なんかもあるようですね。マイクやスピーカーの設定についても細かいことを語っていました。

寄席に近い容積の空間として、関東でも神楽坂毘沙門寄席みたいに寺で演じる落語会がありますが、関西でもよく寺の講堂なんかで落語会を催したりするみたいです。

>>噺家の息遣いや目配せ、間合いの取り方、手の動きなどなどを間近で観て、
>>本物に接している感がジワジワとしてきます。

公式サイトで番組表を視ると、せとさんたちがご覧になった昼の部のトリが菊之丞なんですね。菊之丞は今の若手の中でも実力者ですから、見応え、聴き応えがあったんじゃないかと思います。見掛けと語り口にギャップのある人ですが、所作の芸も好いですから、直接見るには打って付けだったんじゃないでしょうか。

ご覧になった日はどんな演目をやりましたかね。なんだかCDなんかの収録演目を見ると、玄人好みの渋いチョイスが多いようですが、歳をとったらもっと積極的に大ネタに挑戦するような気がします。

投稿: 黒猫亭 | 2009.11.03 11:28

黒猫亭さん。
こんばんは。
詳しいコメントありがとうございます。
そうなんですか、、、
まぁ、どの世界もいろいろあるんですね。
フゥム。


私たちが、聞いたのはトリは菊之丞さんだったっけ??
いえね。
演目とプログラムとちょっと変わったりしていたのですが。
えええ、、、とね。
内容はハチさんと髪結いの妻の話。
働かない夫といつもケンカする妻。そして大家。
結局、最後は大団円という人情ばなしでした。
なんだか、いっぱい見たので、ゴチャゴチャになってしまって、、、
ごめん。
夫に聞いておくね。
それから、今度、機会があれば、黒猫さんもご一緒できたらいいですね♪
会場との一体感、本当に刺激になりました。

ちょっと落語の世界に惹かれそうです(*^-^)
また、いろいろ教えてくださいね。

投稿: せとともこ | 2009.11.04 18:30

>せとともこさん

>>まぁ、どの世界もいろいろあるんですね。

芸人の世界と謂うのは結構生臭いところがあって、落語の歴史を繙いていくと、芸人同士の争いの厭な話がかなり転がっていますね。まあ、こんな話は亡くなったばかりのときにするものではないのかもしれませんが。

本業の落語でも自分の芸境を拓いた人であり、身内や附き合いのある人で悪く言う人はいませんから、おそらくいい人ではあったんだと思います。

>>私たちが、聞いたのはトリは菊之丞さんだったっけ??

女形みたいな細面でみのもんたみたいな太い声の噺家ですが、もしかして別の人でしたかしら(笑)。

>>内容はハチさんと髪結いの妻の話。
>>働かない夫といつもケンカする妻。そして大家。
>>結局、最後は大団円という人情ばなしでした。

それなら「厩火事」でほぼ鉄板だと思いますが、サゲが「明日っから遊んでて酒が呑めねぇ」だったら間違いなく厩火事ですね。麹町の猿がどうしたとか皿がどうしたとか言ってませんでしたか?

しかし、初めてご夫婦で寄席に行かれて、トリが菊之丞で演目が厩火事ってのは、お話が出来すぎてるような気がしますねぇ(笑)。菊之丞で厩火事だったと仮定しての話ですが、この厩火事は古今亭の十八番で、志ん生・志ん朝親子が得意としていて、今の古今亭の総帥の圓菊門下でも演じる噺家が多いですね。

古今亭では「替り目」と謂う演目も代表的なもので、お話の筋は厩火事と全然違うんですが、普段酒ばっかり呑んで威張っている亭主の女房を想う本音がチラッと出てくる噺と謂う意味では共通点があります。

これは上方噺が原話なんですが、古今亭が演っているのは実は原話だと発端のところだけなんですが、志ん生以来、酔っ払いの亭主と女房の掛け合いのところだけで切るやり方になっています。これも菊之丞の口演を聴いたことがあります。

菊之丞の演目の選び方をみると、古今亭のお家芸と六代目圓生のラインの噺が多いのかな、と謂う印象ですね。現時点の持ちネタで一番の大ネタはおそらく「妾馬(八五郎出世)」じゃないかと思いますが、これは六代目圓生が芸道に開眼するきっかけとなった十八番の演目として識られていますし。

また、CDの演目をみると、「愛宕山」「景清」と謂う桂文楽の十八番も演じていますので、ベースは古今亭に置きながら、かなり野心的に各派の名人上手の十八番に挑戦しているようです。それと併行して、自分独自の十八番、菊之丞ならこれを聴け、となるべき演目を模索していると謂うのが現状でしょうか。

菊之丞についてはそのうち情報が集まったらまた何か書こうかと考えていますが、寄席に一度も行かないようでは、まだまだ情報不足ですねぇ(笑)。

投稿: 黒猫亭 | 2009.11.05 11:27

黒猫亭さん。
こんにちは。

はい、頂いたコメントのような内容であったと思います。

唐土とか、麹町とか皿は出てきました♪
最後は「おまえがいなければ、遊べない、、、」というような感じでした、、、、、

フゥム。

折角きいたのに、もったいない私。なにしろ、
次から次で、
最後は疲れたような、そんな感じ。
やはり、知らないということはソンですね。
もう少し、勉強しよう〜〜〜〜
そうすれば何倍にも楽しめますね。

そうそう、
poohさんちでの京極夏彦の感想、とても面白く拝見しましたよo(*^▽^*)o
私も京極夏彦さんから刺激を受けています。
個人的には、
「手負蛇」が大好きです。
それから
風鈴、ちゃりんも。
ははは。

投稿: せとともこ | 2009.11.05 14:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/46651321

この記事へのトラックバック一覧です: 落語をききました。:

« 源氏物語の写本に異なる内容  | トップページ | 中小金融円滑化法案 »