« サンフレッチェ広島 大宮戦 | トップページ | お年寄りの尊厳はどうする?民主党 »

2009.11.10

民主党、自らの闇を照らすことが出来るか?

そんなに早く民主党政権が成果を出すとは思いません。
だから、気長に待つつもりです。
なにしろ前政権からの負の遺産が多すぎたのだから。
だ・か・ら
政治や政策での方針や成果には、見守ろうと思いつつも、
つつも、
この頃、
「どうも、おかしいぞ、この政権」
と、思うことがしばしば。

たとえば、
官房機密費:「オープンにしていく考えない」平野官房長官

えええええええ?????
なぁに、コレ。

平野さんの「そんなのあるんですか」発言と、非公開方針。
なんなんですかね、この方針は。
機密費 「公開」の主張はどうした と信毎webには記事が載っています。
同紙も、
国政を進める上で、表に出しにくい金が必要になることはあるだろう。機密費の存在をすべて否定するつもりはない。としながらも、
「これまで使い方がいいかげん過ぎたのも事実である。」
と指摘。
そのいい加減、不透明は以下の通り。
==============
7年前に共産党が入手し、公表したノートがある。官房機密費の使途の一部を記録したものだと、同党は説明している。
それによると、記載された約1億4400万円のうち約6600万円が「国会対策費」「パーティー費」の名目で与野党の国会議員に渡っていた。官邸内で私的に流用されていた金もあった。
同じころ、外務省でも官房機密費の不祥事が起きている。幹部職員の一人が総額5億円を個人の口座に蓄積し、一部を競走馬やマンションの購入に充てていた。
機密費の在り方を見直し、透明度を高める必要がある。
民主党はかねて機密費の見直しを主張してきた。2001年には法案を国会に出している。
▽使い道を制限する▽使った人や金額を記録に残す▽記録は機密の度合いに応じて、10年ないし25年たったら公表する−。以上がその内容である。
(上記ニュースより)
==============

なお詳細はしんぶん赤旗の2002年の記事にあります。

うううう===ん。
なんだろう???
この変節は。
そして、「私を信用しろ」と言われても。
それこそ、つい先日官房長官になった方の実績なんて、どこにどうあるのか知らないので、
信用できる「事実」がいまだ見当たらないのですが、、、
ただ、さすがに、これでは収まらないと思われたのか、
官房機密費の公表を示唆 平野長官、柔軟姿勢に転換だそうです、、、
こうした対応は前政権と違い、
信頼できそうな予感がしますね!!!
しっかりと無駄使いをチェックして欲しいですね。

次に、
平野官房長官:鳩山首相の申告漏れ「個人の問題」
あっ、そのセリフ、前政権で何回も聞いたなぁ、、、
個人の問題ねぇ。
中日新聞には
「国会での審議のほかに、政治倫理審査会などの場で、首相はもっと自ら進んで説明を尽くしたらどうか。国会の自浄機能を国民に示す機会でもあろう。もやもやとした疑念が晴れないと、政権不信をも呼び起こす。」と書かれていますが、
こうした国民の思いはそっちのけで「個人の問題」なんて、知らんぷりされてもなぁ、、、、平野さん>


さてさてさて。

そして、隠然たる力をもつ小沢さん。
小沢さん個人の「カネ」の問題もいろいろありますが、
いやぁ、、、次々と出てきますね。
政治資金問題で小沢幹事長の参考人招致要求 参院予算委というニュースもありますが、是非そうなることを望みます。

さて、知られている小沢さんのつい先頃の東京都内のホテルで会費1人2万円の政治資金パーティー。

「小沢一郎政経フォーラム」と言う名称のパーティー。
主催団体は小沢一郎政経研究会。
あらぁ〜〜〜
これは、確か、西松建設違法献金事件で起訴されたお馴染の秘書、大久保隆規被告が代表を務めてきた政治団体ではないですかぁ。
まだやっていたんですね。
こんなこと。
小沢さんによれば、今回の同「フォーラム」は第1部が「勉強会」、第2部は小沢氏を囲んだ「立食形式パーティー」だそうです。
フゥム。

確か、
民主党は、先の総選挙で企業・団体の献金やパーティー券購入禁止を公約しなかったっけ???
いやいや。
公約とマニフェストは違うんです。
なんて言わないでね。岡田さん>

さらに小沢さん。続きます。
民主党:議員立法「例外」続々 禁止のはずが…小沢氏次第?
うわっ=====
ですね。


こうした事柄は、前政権の負の遺産処理とは無関係のことです。
つまり民主党の方針ということですから、
「すぐに公開、オープン、国民の目線」で解決できる事案です。
私たちが政権交代を望んだのは、
民主党政権だから、ではなく、
自民党の悪政、苛政から解き放たれたいと願ったからです。
国民のもっとも望んでいることは何か?
それは、
政治の腐敗とは無縁のクリーンな政治なのです。
今、抱えている闇を、自らの手で明らかにしていく力があることを期待しながら、この記事を書いています。

The Chief Cabinet Secretary declared that in a coalition cabinet, we would take over the policy of the previous cabinet about secret funds.
However, that policy doesn’t speak for people’s entreaty.
People wish to clear about an unaccounted –for expenditure.
Thank you.

|

« サンフレッチェ広島 大宮戦 | トップページ | お年寄りの尊厳はどうする?民主党 »

コメント

 きょうもまた「首相、株式記載漏れ」のニュースが流れていた。市橋容疑者逮捕のビッグニュースに助けられているのか、報道機関のほうが意識しておさえた報道をしているのか、いずれにしてもメディアも国民も反応は鈍い。これが、自民党政権下のニュースなら、内閣は一発で倒れていたと思う。
 政権交代への期待のおおきさが、引き続く不祥事への批判をおさえているとしたら、おなじように期待のおおきかった小泉政権や安倍政権が、首相や政策とはまったく無関係の閣僚の食言で、その任命責任が問われたのとのバランスが理解できない。
 民意をコントロールできる、何か、とんでもないものが、この国の国民意識を操作しているのだろうか?

投稿: 罵愚 | 2009.11.11 09:14

今日は雨です。
少し寒くなりましたね。
さて、
鳩山問題も、書くつもりです。


「政権交代への期待のおおきさが、引き続く不祥事への批判をおさえているとしたら、おなじように期待のおおきかった小泉政権や安倍政権が、首相や政策とはまったく無関係の閣僚の食言で、その任命責任が問われたのとのバランスが理解できない。
 民意をコントロールできる、何か、とんでもないものが、この国の国民意識を操作しているのだろうか?」


うん。
どうなんでしょうね。

もう少し、様子をみていきましょう。
いずれにしても、
私たちが望んでいるのは、
どの政党であるか、じゃなく、
国民のための政治だから、
私は、ドンドン、おかしいことは「おかしい」と書くつもりです。

投稿: せとともこ | 2009.11.11 11:20

 あるいは、わたしたちは民主党を選んだのではなく、自民党を捨てただけなのかもしれない。カレシを変えてみたけど、あたらしいカレシの性癖にもなじめない。男と呼ぶ生物への不信感だけが残った。そういう状況かな~?
 もしも、そうだとしたら、これも意外と深刻で、冷戦とか55年体制と呼ばれる時代は、こちらは嫌いだが、向こうには理想があるという、目のまえの現実は否定しながらも、向こうには希望があったわけだ。フランシス・フクヤマの歴史の終わりは否定されたがハンチントンの文明の衝突は残った。キリスト教文明にはキリスト教文明の、イスラムにはイスラムの、支那には中華文明の…表土はあらい流されても根っこの部分はしぶとく生き残っていて、あたらしい若葉を息吹かせているんだが、この国だけは絶望だけしか残らなくて、日本文文明は死に絶えた。あるいは、そんなものがあったのかどうかも、いまとなっては無駄な詮索かも。
 いずれにしても、だとしたら先生の『ドンドン、おかしいことは「おかしい」と書くつもりです』も無駄な努力になりますね。問われているのは、民主党や自民党ではなく、“おかしい”とか“おかしくない”と判別する、わたしたちの判別基準としての戦後民主義なのかもしれない。

投稿: 罵愚 | 2009.11.12 05:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/46726096

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党、自らの闇を照らすことが出来るか?:

» 閉じたら負けるよ!民主党 [ちょっと一言]
 鳩山内閣でもとりわけ平野官房長官には感心しない。官邸の記者会見をオープンにしなかったこともそうなのですが、官房機密費のことに関してもそうで [続きを読む]

受信: 2009.11.10 13:10

» 普天間問題の認識違い [雑感]
  「 普天間は返してくれ 」というのが当たり前である。なぜなら日本の領土であるからなのですから。 普天間基地を返してもらうために、辺野古に基地を移転をする。それが、今までの自民党(日本政府?)とアメリカ側の合意であるという。でもこの理屈は正しいのだろうか? なぜに「日本政府?」と書いたというと、13年かけていながら、いまだに進展しないからである。それは、 日本国内にいろいろな思惑があったから他ならない。 アメリカ側は、一貫しているのであるが、最近は、事情が微妙に変わってきたこともこれもまた事実では... [続きを読む]

受信: 2009.11.10 15:02

» 政党は財政的に自立出来て はじめて 主権者の付託に応えることが出来 民主政治を担え得る近代政党と言えるのだ。 [ブログ blog で 情報交換]
今、企業献金で政治が買われ、そのツケが国民、血税に廻されて来ていることが大問題に [続きを読む]

受信: 2009.11.10 21:19

« サンフレッチェ広島 大宮戦 | トップページ | お年寄りの尊厳はどうする?民主党 »