« 太陽型の星のまわりに惑星候補 | トップページ | 日米同盟さらに再考その1 »

2009.12.07

ホーム最終戦!!!

ホーム最終戦、行ってきました。
サンフレッチェ広島の応援です!!!

この12月の大忙しの時にどうしようかと悩んだのですが、
やっぱり、ホームでの最終戦。
急遽、行くことに決めました。
天気予報によれば、「雨」とのこと。
うわっ、、、どうしよう。いやだな。寒いな。
とくにサッカー観戦は傘はさせないので、雨は辛い。
だがしかし、
サポータ・ファンは雨が降っても雪でも応援。
私たちも後ろ向きの気持ちを奮い立たせ、防寒の用意をして、
さぁ、
目指します、広島ビッグアーチ。
土曜日は朝5時前には起きて、出かけました。
広島に着いたのはお昼前。
懐かしい、広島。
大好きな広島です!!!
夫と二人で、感慨に耽ることしばし。
そして、
それから横川駅へと向かいます。
ここには、市内電車がまだ走っています。
私もこの電車にはよく乗りました。
思い出します、こんなこと、あんなこと。
子どもが小さい頃は、電車が好きだったので、よく紙屋町へ行きました。
4162589388_8626647e96_m1

お昼は、勿論お好み焼き。
横川駅の近くのお店で広島風お好み焼きを食べました。
(そう言えば、つい先日は、峠の釜飯で有名な横川に行ったのですが、あのSAにも電車がありました)
キャベツたっぷり、お好み焼き。
名人芸を見ながら、久々の広島の味!
4161834551_8d9bd73771_m
広島風は関西風とちがって、薄く焼いた皮の上にキャベツや具がいっぱい入ります。
そして、ソバとかウドンとかも一緒に焼きます。
初めて広島に行ったときはビックリしたものです。
が、今では、広島風が懐かしい、、、
と、言うことで、
おいしくいただきました!

さてさてさて。
いよいよビッグアーチへ。
これまた懐かしい。
私たちは広島にいる頃、可能な限りホームに行きました。
あれから、このスタジアム。変わったような、変わらないような、、、
駐車のスペースとか、どうなんだろう???
と思いながら、
一段いちだん、階段を上ります。
やはり感慨で胸いっぱい。
高鳴ります。
グアングアンと。
4162599636_0af1a9d43c_m

紫の旗があちこちに翻ります。
バタバタ。
最終戦は紫対決です。
4162600722_c6c8ec0d94_m

そして、
佐藤寿人のお出迎え。
嬉しい、、、
代表でも活躍の寿人選手の笑顔が爽やかです。
4162603698_38522709c0_m

さて、今日は3000人までに手袋を配布、と言うことで、来たのですが、
が、
なんと、
なんと、
なんと、、、
もう長蛇の列。
人、ひと、ヒト。
紫の列が延々と続いています。
えええ、、、
最後尾はどこ???
と思うくらい、はるか彼方です。
エンヤラコンヤラとやっとやっと列につき、
しばらく待って、
やっとやっとスタジアムの中に入りました。

4162611622_3f847047dc_m

もう満員。
2時間前なのに。
もう一杯の人です。
雨の予想なんて吹き飛ばすくらいのサポータ・ファンの熱気に包まれていました。
席につくと、もう友人がいました。
久々の再開を喜び、
近況を報告し、
そして、夫と試合前に「前祝い」(?)のビールを飲み、、、
と、
するうち、またたくまに時間は過ぎ、キックオフ。
因縁の京都です。
(私は京都は好きなのですが、、、
ここは、やはり広島ファンとしては、スッパリと広島の応援です!!!)

試合は4−1でサンフレッチェ広島が京都サンガを破り、
年間順位4位となりました!!!
おめでとうございます!!!


このあと、最終セレモニーが行われました。
監督の今年一年を振りかえっての思いと、選手たちへの熱いえエールならびにサポータやファンへの感謝の言葉がありました。
4162619350_af6c2f3f55_m_2


そのあと、選手が会場を一周。
4161861145_e5a94c232a_m_2

久保がいます。
リ・ハンジェがいます。
そして楽山選手もいます、、、、、

今期限りの選手たち。
思いはめぐります。
久保竜彦。
そりゃ、もう大好きでした。
入団したときから。

リ・ハンジェ。
大好きです。私はすぐに眠くなるのですが、そうした折りは「メ・ハンジェ、 メ・ハンジェ」と言いながら起きているのです。
これくらい好きと言うことですが、(伝わりにくい喩えですね、、、ははは)

楽山選手。
あまりテレビで見ることはなかったのですが、やはり寂しくなります。

一つの時代が終わったということでしょうか???


この後、サッカー友達と一緒に夕飯を食べ、大いに盛り上がりました。
サッカー談議。
今までのサッカーや、今後のサッカーなどなど、話しながらも、
やっぱり楽しい!!!
そう、とても気持ちよく勝つことができたから。
と、言うことで、
とても楽しい一時を過ごしました。


今シーズンはこれでおしまいですが、
来年も楽しみです。
選手ならびにスッタフの皆さん、本当にありがとうございました。
また、サポータの皆さん、来年もよろしくお願いいたします!!!


Last Saturday, I went to Hiroshima to watch soccer final game with my husband.
The stadium was full of supporters in the mainly cloudy.
We support the SANFRECCE HIROSIMA.
So, SANFRECCE HIROSIMA defeated Kyoto 4-1.
We had a good time.
We went back in the expectation that SANFRECCE HIROSIMA will play an active game next year.
Thank you.

|

« 太陽型の星のまわりに惑星候補 | トップページ | 日米同盟さらに再考その1 »

コメント

 せとさん J1リーグ4位 おめでとうございます。
 4対1とは力の差は歴然としています。今年はご一緒しなくて良かったです。
 来年は京都も補強をして上位を狙えるようなチームにして、広島と互角に対戦できるよう応援したいです。
 来年は病気が完治してご一緒できるようになるかな?と、夢見ております。

投稿: hitoriyogari | 2009.12.07 14:08

hitoriyogariさん。
こんにちは。
o(*^▽^*)o

この記事、書きながら、勿論、もちろんhitoriyogariさんご一家を思い出していました。
お元気でしょうか?
寒くなりましたね。
私も相変わらず、持病で唸っています。
寒くなるとてきめん。
家にいるときは二倍くらいの大きさになってコロコロといます。
これから、ますます寒くなります。
どうぞhitoriyogariさんもご自愛くださいね。奥様も!!!


さて、サッカー。
来年は、是非ぜひご一緒しましょうね♫
楽しみです。

お嬢さまや奥様にも、よろしくお伝えください。
ではまた!!!

投稿: せとともこ | 2009.12.07 14:57

通りすがりのレッズサポです。
個人的にハンジェが好きで、ここに導かれてしまいました(笑
柏木じゃなくて、ハンジェに来て欲しいくらいです。

あと余計なお世話かもしれませんが・・・・。
SANFRECCE HIROSIMA defeated Kyoto 4-1は、
SANFRECCE HIROSIMA beat Kyoto 4 to 1 もしくは、by 4 goals
がいいと思います。
外人とサッカーの話をよくしますが、beat はよく使います。

投稿: アルファ147 | 2009.12.09 13:01

アルファ147 さん。
こんにちは。
レッズサポの方ですか。
それはそれは、コメントありがとうございます。

私も、こうしてサッカー記事を書いていると、
他サポの方と親しくさせて頂きます。
レッズの方からもよくコメントをいただくのですよ。
どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。


さて、
リ・ハンジェ。
お好きですか。
それは嬉しい(*^-^)
私も大好きです。彼のひた向きさが、いいですね。
柏木選手、よろしくお願いいたしますね。
トゥリオ選手も移籍するとのことですが、、、
彼も広島だったのです。


なお、
ご指摘の件、
ありがとうございます。
私としたら、beatよりもdefeatの方が、ニュアンスとして
今回は「よりピッタリ」かと思いました。
が、
次には、そのような表現も活用させていただきますね。
ありがとうございました。
では、
来年もよろしくお願いいたします。

投稿: せとともこ | 2009.12.10 10:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/46958299

この記事へのトラックバック一覧です: ホーム最終戦!!!:

» サッカークラブ [サッカークラブ]
サッカークラブサイトを制作しております。現在準備中ですが、今後発展予定です。もし、よろしければトラックバックお願いします。 [続きを読む]

受信: 2009.12.07 13:09

« 太陽型の星のまわりに惑星候補 | トップページ | 日米同盟さらに再考その1 »