« ニセ科学フォーラム2009が大盛況で終わったとのこと! | トップページ | どうなる、、、ドバイショック »

2009.12.02

中村桂子さんの記事からツラツラと。

中村桂子さんの「仕分け人という思いもよらないものになって」という記事を読んで、
なるほど、、、と納得しています。
とても分かりやすく、なおかつ問題の本質をえぐり出しています。
興味のある方は是非ご覧ください。

さて、中村さんは記事の中で、
問題の本質は「無駄」とは何か?から始まった今回の事業仕分けではあるが、
科学の分野(それは中村さんの仕分け担当だから)では、
これを機会に「科学技術が将来にもたらすビジョン」について今一度、みんなで考え直そうと言う、
至極尤もな願いが、空振りに終わった現実を描いています。

日本では、研究者同士でも、こうした場合、
本質を討論することなく自分の分野にだけ予算を、自分のところは削るな、、、という声しか上がらないのか、
と、
中村さんは指摘します。

私は、思うに、
この背景には行財政改革の一環としての国立大学法人化によってもたらされた研究分野の環境の劣悪化が身にしみている研究者の叫びがあるものと推察します。

2006年大学法人化のその後と言うエントリーを挙げました。
法人化されたあと、大学の環境は如何に変わったかについて言及しました。
===============
自主性と自律性が確保されたかという点について検討、さらには法人化が何をもたらしたかについても考えていきたいと思います。

大学は以前は「評議会」と言って教学と管理運営を担う組織がありました。
しかし、これは廃止され、代わって「「教育研究評議会」と「経営協議会」が置かれるようになりました。
それぞれの大学の裁量が認められる学長選挙も学外者を含めての選考会議に委ねられる大学も出てきました。
また研究費に対しては「裁量経費」と言う名目で「掴み金」のような予算は増える一方、研究室割り当ての研究費は大幅に削減されました。
「大学の自主性と自律性を確保するため」は早々に破綻しているのですが(尤も大学人は最初から、その様な政府の言い分は信用していませんでした。何しろ玉虫回答もいいところだったのだから)
そもそも政府は、大学に「真理の探求」と言うロマンも役割も求めてはいません。
単に行政改革の一つです。
1998年の中央省庁等改革基本法で「独立行政法人」の制度が決定されました。
その流れの中で公務員の削減や各省庁再編などがあったのですが、国立大学もその例外ではありませんでした。
名前こそ「国立大学法人」ですが実態は独立行政法人です。
つまり目指すところは「減量化」と「効率化」です。
国立大学は文科省から中期目標を与えられ、その「業務」に邁進して遂行。
そしてその報告を文部科学大臣に報告というトップダウン方式が大学に堂々と乗込んで来たのです。
この仕組みをよくよく見ると、何かににているのです。
そう「教基法改正」法案のやり方、趣旨と。
つまり、教基法10条の廃止により、行政が教育に口出しするというやり方。
「教育振興基本計画の設定」により、教育が投資の対象になりうると言うことです。
政府によって価値があると認められたものには光があたり、予算がバンバンつく。
基礎研究などはさらに教育条件が劣悪になるというものです。
ひたすら国際競争に勝ち抜く人材と大学を要請していくと言う方向だったのです。
(以前の記事より)
===============

つまり大学教育は競争に勝つため、それも国際競争に勝ち抜くことが目的と変質していきます。

さらに2008年にはイノベーション教育その後と言う記事を書きました。
これは安倍内閣のお題目、イノベーション教育について考察したものです。
=================
1998年、「産業競争力強化に向けた提言」を発表した経済界は、次々と産・官・学へと提言をする事になります。
国家産業技術戦略などに詳しくその方向性が定めらています。

こうして、ついに大学教育にまで「グローバル化時代の人材育成」と題する提言まで経団連が発表する事になります。
人材かぁ〜〜〜〜
うううう====ん。
個人的にはこの言葉のニュアンスはあまり好きではありませんが、、、
また、この「人材教育」の裏の事情として、経済界は「ゆとり教育」への不信があったようです。
さて、人材委員会は2002年に世界トップレベルの研究者の養成を目指して 科学技術・学術審議会人材委員会 第一次提言を発表。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1 世界トップレベルの研究者に求められる能力

2 我が国における研究者養成の現状と課題
  大学院博士課程の教育上の問題点
  大学院組織における同質性
  博士課程学生の経済環境
  博士課程卒業者の進路の状況

3 世界トップレベルの研究者を養成するための改革方策
  博士課程における教育機能の強化
  大学院組織における人材の多様性の確保
  博士課程学生への経済支援の充実
  人材養成面における産業界との連携
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そして産業界や経済界は大学に対して、人材の確保を求めてきたわけです。
「イノベーションを生み出すストラクチャー」は「知の創出」→「イノベーション種の創出」→「種の育成」→「イノベーションの実現」の4つの段階で出来上がると考えている産業界。
しかし、現実には大学への資金的援助は必ずしも多いわけではなく、大学へは「人材」だけを生み出せ、と言っているに等しい提言であることは否めません。
文科省そのものも、2003年の国立大学法人化などで、大学の有り様に対して根幹が揺らいでいる時期でもあったので、ますます学問・知の探求よりは、企業の出先やもっとひどい言葉で言うなら奉仕のような感さえしてならない「人材教育」です。
本来の「人材」と言う言葉の意味は決して私にとっては否定的なものではないのです。
が、今、企業が求めているものは「材料としての人間」であるように思えてなりません。
(以前の記事より引用)
===================

こうして、教育は企業の指針、目的に添う形で人材養成へと進んでいきます。

そして、今年の1月には、
知的財産立国政策は大学に何をもたらしたか?と言うエントリーを挙げたのですが、
その折も知的財産とは即成果であるような捉え方をされてきた学問全般のおかれている現状をみました。

===============
知は財であると言う方針の元で大学環境が整備され保障されたのなら、是と言うことができます。
では、その後の大学はどうだったでしょうか?
文部科学省の「大学知的財産本部」を見てみましょう。
「2.審査方法の概要
( 申請状況)
申請件数:83件」
とあるようにまずは83件の申請がありました。
そして、
「( 審査機関)
科学技術・学術審議会 技術・研究基盤部会 産学官連携推進委員会の下に置かれた「大学知的財産本部審査小委員会」
( 審査手順)
1 文部科学省において、要綱等を作成の上、募集。
2 大学知的財産本部審査小委員会において、書類審査及びヒアリング審査等を経て採択。
3 今後は、文部科学省において採択された機関と個々に委託契約を締結し、事業実施。」
と言う手順で、
「大学知的財産本部整備事業」採択機関:34件
「特色ある知的財産管理・活用機能支援プログラム」対象機関:9件
となりました。
こうして「産官学」が進み、ベンチャー発信の拠点になる大学も登場したりと、知財の活用適用に拍車がかかりました。
その間、大学自身の環境も激変。
まずは2003年の国立大学法人化。
2006年の新教育基本法、
2008年の新学校教育法などなどです。
そして「イノベーション」。
==================

大学が、研究が、、、
今や財界の人材養成機関と化していくような、そんな中で、
「事業仕分け」「無駄みなおし」とかとか言われても、
すぐに研究者の方々が、
自分の守備範囲の研究の無駄を見直すよりも保守的に守ろうとしていくのはむべなるかな、、、と思うのです。

私は、
先の中村さんの言われることは正論であるし、理想であるとも思います。
そして、
理想や正論に近づけていくために、
今すべきことは何か?????
と、問うならば、
大学法人化の見直しこそ必要では、と思うものです!!!
この問題、本当に大切です。
もっと、もっと考えていきます。

なお、今回はきくちさんの関連エントリーやコメント、また技術開発者さんから頂いたコメントも大いに参考にしました!!!

Journalize system to avoid waste come into question every fields.
To study a problem from all angles is important.
However, scientists working in different disciplines don’t have a chance to consent each other.
That is a real disappointment.
I hope all sorts of people agree to the proposal after consultation.
Thank you.

|

« ニセ科学フォーラム2009が大盛況で終わったとのこと! | トップページ | どうなる、、、ドバイショック »

コメント

こんにちは、せとさん。無駄話です。

私は研究所の移転の時に「研究者の建築要望のとりまとめ」という一種の仕分けを行ったのね。その時に考えたのは「基本のスタンスを作り上げて、それを誰に対しても変えない」という方針ね。

そのスタンスっていうのは「土地と建築費の中におさまること(納まらなきゃたたない)」「建物を使うランニングコストが毎年の経費に納まること(納まらなきゃ、作っても使えない設備になるからね)」「メンテナンス経費が毎年の経費に納まること(納まらなきゃ、壊れても直せなくて使えない設備がになるからね)」でもって、最後に「研究者にとって使いやすい建物であること」がついているスタンスなのね。でもって、うちの研究者は口々に「こういう建物にして使いやすくしてくれ」と言ってくる訳ね。そのたびに、上の順番で検討して「そうやると建築費がかかりすぎる」で却下した事もあるし、「ランニングがかかりすぎる」と却下したこともある訳ですよ。でね、必ずその結果を説明したのね。「確かに使いやすくは成るけど、ランニング経費がかかりすぎると動かせなくて、結局使いにくくなるでしょ」なんてね(笑)。

なんていうかな、結構沢山の人が納得してくれたのは(もちろん、納得しない人もいる訳だけどね)、「こうなったら結局使えなくなりますよ」という部分ね。

なんていうかな、仕分けみたいなときに一番大事なのは、そういうきちんとしたスタンスで仕分けて、「結局のところあなたのためになりませんよ」と返す事かもしれないと思うんですね。

まあ、私の様に簡単な(といっても死にかけたほどの仕事だったけどね)仕分けじゃないけどね。

投稿: 技術開発者 | 2009.12.02 12:46

技術開発者さん。
こんにちは。

「仕分けみたいなときに一番大事なのは、そういうきちんとしたスタンスで仕分けて、「結局のところあなたのためになりませんよ」と返す事かもしれないと思うんですね。」

そうですね、、、
長い目で見たとき、
結局、ためになるとか、得するってことは、
基礎をしっかり広げていく、深めていく中で、出てくるものなんでしょうね。
すそ野を広くしなければ、成果も出てこないのでしょうが、、、

さてさてさて。
この頃、あまりにすぐに結論を出したがる傾向が、いろんな場面でありますね。
もっと、じっくり、ゆっくりと見て行くことが大切だと思うことしきりです。

投稿: せとともこ | 2009.12.02 15:48

せとさん。今晩は。

>大学法人化の見直しこそ必要では、と思うものです!!!
この問題、本当に大切です。

大学が法人化される時、多くの大学の先生方が反対されていたのを思い出します。私も他人事ではない。主権者の一人として自分の問題であるな、と思いました。案にたがわず、その後の推移は危惧された通りの状態になりました。本エントリーでリアルに感じ、理解出来ます。大学は、豊かな財政に裏付けられた「学問の自由」が命だと思います。そこに有為な若者達の成長が可能になると思います。自公政権を退場させた今、本来の大学に生き返らせなければならないと、決意しております。

投稿: hamham | 2009.12.02 20:19

こんにちは、せとさん。

>長い目で見たとき、
>結局、ためになるとか、得するってことは、
>基礎をしっかり広げていく、深めていく中で、出てくるものなんでしょうね。

以前、高校で世界史の未履修が問題になったときに、受験科目だけに専念して一流大学に入った子供が、一流商社にはいってアラブに原油の買い付けに行き、十字軍の事も知らなくて王族の機嫌を損ねて買い付けに失敗するなんて馬鹿な話をこさえたことがありました(笑)。

kikulogの方で「世の中には『風が吹けば桶屋が儲かる』みたいな、関係が現実ある」なんてことを書いたりしていますけどね。アルゼンチンで鰯が不漁だと日本で豆腐の値段が上がるような、簡単に思いつかない関係というのは世の中に無数にある訳です。そんな関係をいちいち「知らなければならない」という気はなくて、ただ「簡単に分からない関係が無数にあるのではないか」という意識は持っていて欲しいのね。そうすることで、目の前の利益不利益に飛びつかずに少し考える癖ができるからね。

投稿: 技術開発者 | 2009.12.03 09:03

せとさん、ご無沙汰しております。
私も事業仕分けの問題では、きくちさんのご意見を納得しながら読んでいました。特に、「この不況下で(研究者・特に若手の)「困窮」の論理は通らない」というのは、その通りだと思います。私が思い当たる範囲でも、確かに「科学技術予算」には、大学も含めていろいろな無駄があります。その無駄を丁寧に削って行くというのが、本来の事業仕分けの趣旨であった筈です。ところが何故か、総枠でバッサリと切られる「事業」が目についた。多くの研究者の反発を招いたのも無理からぬことだったと思います。そもそも、「丁寧に無駄を削る」という作業は、こんなに短期間でできる筈がありません。

中村桂子さんの記事も読みましたが、何故そうなったのかが良く理解できませんでした。中村さんの記事の末尾にリンクされた、ご自身による「最先端科学としての生命科学研究の進め方」という「刷新会議事務局」へ提出された文章を読むと、結局は、「自分の分野はこんなに大事だ」ということを力説されている訳です。「仕分け人」が予め、「刷新会議事務局」へ、「自分のところは削るな」とクギをさすような文章を送るのは、大変まずいのではないかと思います。それを、恥ずかし気もなく公開する感覚が理解できません。
いずれにしても、今回の事業仕分けを受けての、研究者サイドからの意見書の多くも、中身としては似たような趣旨であったと思います。もちろん、きくちさんもご指摘のように、文章としてまずいものもある。
それから、中村さんの「提言」の中では、「科学研究費」の充実が要望されていますが、これは、「科学技術予算」の総枠をどこにどう振り分けるかという問題として考えると、国立大学法人への「運営費交付金」を毎年1%ずつ削減するという現行システムの問題とも関わってきます。私は、せとさんが書かれた、国立大学の独法化への問題意識に完全に同意します。その上で言うなら、現在の大学、および大学人の疲弊は極限状況に達しつつあって、そのおおもとが、「運営費交付金」からの基盤研究費の不足にある訳です。そして、その矛先は常に人件費に向かってしまう。そこをどう折り合いをつけるかという問題とコミで「科学研究費」を議論しなければならないと思います。

投稿: さつき | 2009.12.03 11:14

hamhamさん。
技術開発者さん。
さつきさん。
こんにちは。
昨日とは打って変わって今日は寒い師走の一日です。
本格的なカゼ、しかもインフルエンザの季節。
どうぞご自愛ください。


hamhamさん>
はい、大学法人化、そして教育基本法の「改悪」化と、前政権が行ったことを思い出すと、暗澹たる思いに駆られます。
が、
仰るように、政権交代という大きな仕事をなした国民、庶民、私たちのエネルギーを思い、
次代の子ども、若者たちには、
「教育の格差なんて死語」になるような社会を贈りたいものです。大変なことですが、、、
気長に粘り強くですね。
ははは。
ではまた。
お孫さんにもよろしくお伝えくださいね。

技術開発者さん>
「簡単に分からない関係が無数にあるのではないか」という意識は持っていて欲しいのね。そうすることで、目の前の利益不利益に飛びつかずに少し考える癖ができるからね。」

そうですね。
仰る通りです。
ただ、私は国民とか庶民は「目の前の利益」について感覚が鋭敏で、なおかつそれをブーブー表明すればいいと思っています。
誰が行っても、どんな政治・政策でも、完璧ということはありません。
完璧ではないが、それに近づけようと努力することは為政者の仕事と思うのですよね。
庶民がブーブーと不平不満を言い、
為政者は、そこから何を導き、何を目指すか、、、が問われると思うのです。
長く広く深く、今風の言葉でいうなら「持続可能」な社会を目指してもらいたいと願っています、、、、、


さつきさん>
お久しぶりです。
先日、友人と何かの拍子に遠山啓の話題になり、あなたのことを思い出していました。

さて、頂いたコメント↓。
「特に、「この不況下で(研究者・特に若手の)「困窮」の論理は通らない」というのは、その通りだと思います。」
と言うことですが、
この話題は、東大物理学教室の声明についてでしたよね。
私もこの声明自体は、なんというか、、笑っちゃいました。
そう言えば、夫も先日「東大の予算が民主党になって激減した、、、」と申していました。
詳しくはその時、聞かなかったのですが。
もし必要ならキッチリと聞いておきます。
多分、東大もひっ迫した状況というのがあるのでしょう。
とくに東大はひっ迫に弱いから(?)かぁ、、な?


次に中村さんについて頂いたコメント↓。
「仕分け人」が予め、「刷新会議事務局」へ、「自分のところは削るな」とクギをさすような文章を送るのは、大変まずいのではないかと思います。」という事ですが、

私も同意です。
ただ、私は中村さんの真意はそこにはない、と思って読んだのですが。
中村さんは、冒頭にも、「他の分野も概ね同じものと思う」と言うような但し書きがありました。
ご自分の守備範囲で「基礎科学と応用科学の大切さ」を謳うことで、畢竟、科学全般について言及しようとなさったものと、私自身は解釈していました。
中村さんの主張は「科学の本質を見直そう、、、」と言うことではなかったのでしょうか?


次に頂いたコメント↓
「科学技術予算」の総枠をどこにどう振り分けるかという問題として考えると、国立大学法人への「運営費交付金」を毎年1%ずつ削減するという現行システムの問題とも関わってきます。」ですが。

はい。
中村さんは現在の立場から大学人としての見方は望むことはできないので、
そこへの言及はなされないのも仕方がありませんね。


最後に頂いたコメント↓
「運営費交付金」からの基盤研究費の不足にある訳です。そして、その矛先は常に人件費に向かってしまう。そこをどう折り合いをつけるかという問題とコミで「科学研究費」を議論しなければならないと思います。」については。

御意。
私も同感です。
そして矛先は人件費である以上、
結局、弱いもの、たとえば今の場合、若手研究者に影響が出てくるものと思います、、、
ふっ====
この問題、また考えておきます。
エントリーを挙げましたら、またその折はアドバイスいただけると嬉しく思います。

なお、政党助成金、企業献金のあなたのエントリーとコメント欄、刺激になります!!!
これについては私も以前記事を書いたことがあります。
http://ts.way-nifty.com/makura/2005/09/post_1b36.html

http://ts.way-nifty.com/makura/2009/03/post-c669.html


お時間のある時でもまたご覧いただけると、嬉しく思うものです。

ではまた。


投稿: せとともこ | 2009.12.03 13:54

せとさん。今晩は。

>お孫さんにもよろしくお伝えくださいね。

何時も、励まし、ご声援をいただきまして有難うございます。専門や関係の講座では苦労して食いついておるようですが、お陰さまで元気にやっております。部活動(運動部)でも合宿、追い出しコンパ・・・と結構忙しい中にも、楽しい学生生活を送っております。
「美しわしき惑いの年」の渦中にあるようです。

投稿: hamham | 2009.12.03 19:11

せとさん、お返事ありがとうございます。
一点だけ、

>中村さんの主張は「科学の本質を見直そう、、、」と言うことではなかったのでしょうか?

中村さんが、科学の本質を見直すことの重要性を本気で考えていらっしゃることは、私も否定しません。そして、各40分の仕分け議論で「科学の本質を見直」すことなど、どだい無理な注文であることも、それが「仕分け」の仕事でないことも、彼女は分かっていた筈です。その上で、彼女はあの文章を、事前に「刷新会議事務局」へ送っている訳です。やはり、まずいでしょう。

政党助成金、企業献金のエントリー読ませていただきました。正論だと思います。コメント欄でのLooperさんのご意見もあわせて勉強になりました。お知らせいただき、励まされました。ありがとうございました。

投稿: さつき | 2009.12.03 21:47

中村桂子(事業仕分け人・JT生命誌研究館長)の意見@毎日新聞インタビュ<急接近>12/4に共感した。

ネットに記事が見あたらないので(あれば全文引用したいのだが)重要な質疑だけを引用します。

-ノーベル賞受賞者をはじめ批判もありますが。
「科学技術の重要性を否定した仕分け人はいません。大事なのだから、もっと有効に限られたお金を使おうという努力です。そうそうたる学者や学長が、頭ごなしに「科学技術の大事さがわかっていない」とおっしゃる姿には違和感を覚えました。お金でなく、研究の魅力を語り、それへの共感を基本に、この国の学問を育てようという提案をしてほしかったです」

投稿: 古井戸 | 2009.12.04 08:26

hamhamさん。
さつきさん。
古井戸さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

事業仕分けやら、普天間やら、扶養控除やらやら、
何だか問題山積。
そのうえ、総理自身が母親から受けた莫大な「子ども手当て」(???)
などなど、書きたいことだらけ。
しかも、12月で、わが家の仕分け(つまり大掃除)でアタフタしています、、、、、


hamhamさん>
そうですかぁ、お孫さんのお元気な様子、彷彿といたします。
私も元気をもらったようで、嬉しいヽ(´▽`)/
未来のお医者様に、心からのエールを送っている私です!!!
また、ご近況、お知らせくださいね。

さつきさん>
なるほど。
確かにご指摘の件、「まずい」です。
まずい。
この点はしっかりと押さえておくべきことですね。了解。
ただ、こうなると、そもそもの仕分け人選出という問題に立ち返りますね。
科学技術関係ではないのですが「思いやり予算」の事業仕分けについて、
超左翼おじさんの松竹さんが、記事に書かれていました。
http://chousayoku.blog100.fc2.com/blog-entry-277.html
「しかし、国会が承認した条約の存否にかかわる判断を、なんだかこれまで聞いたことのない「事業仕分け人」がやるのは、おかしい。議会制民主主義の根幹を揺るがすものだと思う。」
と松竹さんは書いているのですが、
私は、「これって言い得て妙」と感心することしきり。

結局、事業仕分けって、
なんなの???
と、今さらながら思う私です。
ははは(^-^;


古井戸さん>
トラックバックもあわせてありがとうございました。
エントリー拝見いたしました。
実は以前から古井戸さんのブログは存じていました。
なんとなくとほほさん(ご存知でしょうか?)を彷彿とさせていただいていたのです。
いろんな角度から斬られていて、とても参考になりました。
インタビュー記事、おこされたのですね。
大変だったでしょう。
お疲れさまです。
おかげさまで、とても理解が進みました。

中村さんの思いや願い、よくわかります。
その思いや願いを現実に映し出すにはどうしたらいいか、、、
悩ましい問題です。多くの方々の立場や意見がそれぞれに、「正しく」あるから、、、

今後もしっかり追跡していきたいものです。
また、ご意見やアドバイス、楽しみにしています(o^-^o)

投稿: せとともこ | 2009.12.04 15:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/46916627

この記事へのトラックバック一覧です: 中村桂子さんの記事からツラツラと。:

» 仕分け人・中村桂子の意見に共感 [試稿錯誤]
中村桂子(事業仕分け人・JT生命誌研究館長)の意見@毎日新聞12/4の記事、インタビュー<<急接近>に共感した。 ネットに記事が見あたらないのでここに引用する(全文)。 -事業仕分けで、科学技術予算にも大なたが振るわれました。 ◆私は日本の予算作りのシステムを変えるきっかけにしたいと思って、悩んだ末に仕分け人を引き受けました。仕分け人の皆さんはよく勉強し、それぞれの専門や経験に基づいて発言していました。「素人が」とか「短時間で」という批判は、参加してみて当たっていないと感じました。 -... [続きを読む]

受信: 2009.12.04 11:37

« ニセ科学フォーラム2009が大盛況で終わったとのこと! | トップページ | どうなる、、、ドバイショック »