« 米「核戦略見直し」議会提出延期 と言うニュース | トップページ | 平山のハットで逆転勝ち 槙野はキャプテンでした! »

2010.01.07

「動物のDNA内、新たなウイルス遺伝子を発見」というニュース

動物のDNA内、新たなウイルス遺伝子を発見 と言うニュース。
凄いですね、、、、、
================
ヒトやサルなど動物のDNAが、少なくとも4千万年前までに感染したとみられる「ボルナウイルス」の遺伝子を取り込んでいることを、大阪大学微生物病研究所の朝長(ともなが)啓造准教授(ウイルス学)らが発見した。遺伝子治療で体内に有用な遺伝子を入れるための運び屋として使うなど、ウイルスの新しい利用法開発につながる可能性もあるという。
(中略)
生物のDNAには、進化の途中で感染したウイルスの遺伝子の一部がとりこまれ、残っていることが知られている。ヒトのDNAの全遺伝情報(ゲノム)の約8%は、DNAに入り込む性質を持つ「レトロウイルス」のものだとされている。
そのためウイルスの感染と生物進化の関係が研究されているが、これまでレトロウイルス以外のウイルスの遺伝子がゲノムに侵入するかどうかはわかっていなかった。
(上記ニュースより)
=================

フゥム。
凄いというか、面白いというか、不思議というか、、、
ワクワクします。
太古に感染したウィルスが、今も保存され、たんぱくを作っているとのこと。
興味は尽きません。
と、言うことで阪大の広報をみていきます。
===============
ヒトなどさまざまな哺乳動物のゲノム内にRNAウイルスの1種であるボルナウイルスの遺伝子が取り込まれていることを発見しました。これは、レトロウイルス以外にも「ウイルス化石」がヒトのゲノム内に存在することを初めて明らかにしたものです。系統樹の解析では、ウイルス感染が4000万年前までさかのぼると推定しました。従来分かっていたRNAウイルスの感染例では、最古となります。さらに、ボルナウイルスを感染させた細胞で遺伝子が逆転写され、細胞のゲノムに挿入されることも証明しました。
(上記サイトより引用)
===============
「ウィルス化石」と言うんですね。
ウウウム。
なかなか分かりやすいネーミングです。

このボルナウィルスは、
「神経系に好んで感染し、宿主に神経疾患を誘導する。」と言うことで、かなり怖いウィルス。
こうしたウィルスの実態が遺伝子のレベルで解析されることは、画期的な飛躍に繋がるものと思います。
上記サイトでは<今後の展開>として以下のように紹介しています。
==============
今回、ヒトを含むさまざまな哺乳動物のゲノムに、ボルナウイルスに由来する遺伝子が内在化していることが明らかになりました。本成果は、生物進化におけるウイルス感染の役割について新たな概念を提唱できるとともに、RNAウイルス進化の謎を解き明かす発端になると考えられます。また、EBLNは宿主の進化解析においても有用な道具となると考えられます。さらに、生体内でのEBLNの機能を明らかにすることは、ウイルス感染に対する新たな防御策の発見にもつながると考えられます。ボルナウイルスは他のRNAウイルスとは異なり、脳神経細胞の核内で持続的に感染するという特徴を持っています。この性状を利用するとともに今回の発見を活用することで、たんぱく質や機能性RNA分子を効率的かつ持続的に脳内で発現できるこれまでにないウイルスベクターの開発にもつながると期待されます。
(上記サイトより引用)
===============

進化の面からも、疫学的な意味からも今後に期待です!!!

|

« 米「核戦略見直し」議会提出延期 と言うニュース | トップページ | 平山のハットで逆転勝ち 槙野はキャプテンでした! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/47228677

この記事へのトラックバック一覧です: 「動物のDNA内、新たなウイルス遺伝子を発見」というニュース:

« 米「核戦略見直し」議会提出延期 と言うニュース | トップページ | 平山のハットで逆転勝ち 槙野はキャプテンでした! »