« オバマ政権就任一年 | トップページ | 浅草演芸ホールに行って来ました。 »

2010.01.25

扉は開かれるか???基地問題

扉は開かれるか???
名護市長選
注目でした。
結果は、稲嶺進さんの勝利。
米軍新基地建設問題が最大の争点であっただけに、
この時期に、米軍新基地ノーを訴えた稲嶺氏の勝利は、今後の国政の行方を大きく動かすものであることは容易に想像できます。
そもそもアメリカ軍も「世界一危険だ」と認める海兵隊普天間基地。
そりゃ、アメリカ軍と住民の方々が一番、その危険を承知していると思います。
ギリギリ、スレスレの飛行を繰り広げるアメリカ軍の飛行機の映像がテレビでは放映されていますが、
確かに、あの状況ではアメリカ軍のパイロットも怖いだろうし、危険。
そして、住民は、騒音も含め、さらにさらに危険に曝されているのは、この間、ずっとずっと言われ続けていることです。
安保改定50年の今、
基地はいらない、と言う切実な声が選挙結果に出てきたものと思います。

扉は閉ざされたまま、なんてのは、ミステリー小説だけで沢山。

「基地のない町」を望む住民の意思は、どのように忠実に反映されるか、
今後に注目です!!!

|

« オバマ政権就任一年 | トップページ | 浅草演芸ホールに行って来ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/47385988

この記事へのトラックバック一覧です: 扉は開かれるか???基地問題:

« オバマ政権就任一年 | トップページ | 浅草演芸ホールに行って来ました。 »