« 石川議員逮捕 | トップページ | 「脳のはたらきと子どもの教育」を読みながら、、、 »

2010.01.17

阪神・淡路大震災から15年

阪神、淡路大震災から15年目の今日。
あれからもう15年なのか、まだ15年なのか、、、
それぞれの立場での思いは様々だと思います。
私は当時、広島にいたので、揺れはそんなではありませんでした。
テレビをつけても情報もあまりないので、そのまま寝てしまったのですが、
ようやく起き出してテレビをつけてビックリ。
しばしぼう然。
テレビの前に釘づけでした。
その後、出てくる情報や届く声に改めて被害の大きさを思ったものです。

しかし、
それでも震災に遭われた方々の思いには到底及ばないことを、
昨日のドラマでグサリと感じたものです。
『阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間~命と向き合った被災記者たちの闘い~』
神戸新聞のスタッフ、カメラマン、新聞記者の「情報」を伝える、
そして被災者に希望を与え、命をつなぐ、、、
そんな思いで、必死に新聞をつくった実話を元にしたドラマ。
折々でご本人が出てきて、
当時の思いを語り、
また当時の写真、主には未公開の生々しい写真が映し出され、
報道では描かれていない真実。
そして、生と死の狭間で助け合い、信じあった人々の生の声が届きました、、、、、

「未曾有の災害に遭遇し、被災者にカメラを向けることに疑問を抱きながらも、「伝える」ということの本当の意味を考える」と公式サイトには書かれています。
なりふり構わず生き抜こうとする被災者や、
親戚、友人の突然の死にどのように受け入れていいか、、、わからない人々、、、、
人々、、、、、
ボランティアが入り出し、復興へとむけて歩み出す過程。
そして、
確かに歩もうとしていく人々が徐々に紙面を飾ることになり、
それは活気へと繋がり、
希望や信念へと変わり、
やがて人々は生きることを再び取り戻していく。
そんな過程の一助になったのが、
神戸新聞、地元の新聞であったこと。
作り、支え、手元に届ける人々の熱意が静かにそれでも確実な説得力をもって伝わりました。


いまだ、
震災で苦しまれている方々は多い。
癒えることはない、のかもしれない。
時は経っても「風化しない思い」というのはあって、
それは「つたえていかなければならない」。
と、思うものです。


今、ハイチでは大地震で多くの、多くの多くの方が路頭に迷い、
支援をまっていらっしゃいます。
私に出来ることはほんの小さなことではあるが、それでも気持ちだけの支援を送りたいと思います。

また、
地震そのものについての研究も今後さらに精度を高め、
予防につながるものへと発展することも願いながら、今、書いています。

|

« 石川議員逮捕 | トップページ | 「脳のはたらきと子どもの教育」を読みながら、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/47317709

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神・淡路大震災から15年:

« 石川議員逮捕 | トップページ | 「脳のはたらきと子どもの教育」を読みながら、、、 »