« 「斟酌発言」に斟酌できない! | トップページ | どうなる?政治とカネ問題 »

2010.01.28

不況、教育費も直撃か?

塾や習い事の支出、大幅減 不況、教育費も直撃と言う事で、教育費にも変化が出てきたのでしょうか。
=============
塾やけいこ事など、各家庭が2008年度の1年間で学校以外の教育にかけた「学校外活動費」が前回06年度の調査に比べて大幅に減っていたことが27日、文部科学省の調査でわかった。高校では私立が1人当たり23.9%(6万2千円)減の約19万8千円、公立は9.8%(1万7千円)減の約15万9千円と、いずれも94年に現在の形の調査が始まって以来、最低に。不況の影響が教育費にも表れた格好だ。

(中略)

各学年の平均学習費総額を単純に足し、幼稚園から高校卒業までの総額を出すと、すべて私立に通った場合は計1663万円で、「すべて公立」の551万円の3倍になった。
(上記ニュースより)
=============
なるほど、、、、、

不況に強い、不況だからこそ強いと言われていた受験産業も翳りが出てきたのでしょうか?

それにして、高校卒業まででこの数字。
それに大学が入ると、
親の負担は相当なものですね。
大学は地元。
そし国公立。
と、受験生は思いますよね、、、

国公立大2次試験、願書受け付けの時期ですが、
予備校調査によると関西圏の受験生は、東大よりも京大志望が増えたそうです。
下宿って大変ですから。

ううううううう=====ん。

いろんなところに影響が出ている「長引く不況」。
受験生にとって悩むのは「成績だけ」であって「親の財布」ではない、
そんな勉学環境を作ってもらいたいものです。


|

« 「斟酌発言」に斟酌できない! | トップページ | どうなる?政治とカネ問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/47411416

この記事へのトラックバック一覧です: 不況、教育費も直撃か?:

» 大山鳴動鼠一匹か『悪徳政治家小沢一郎VS検察+マスコミ』 [逝きし世の面影]
小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」による土地取引をめぐる事件で、東京地検特捜部が、小沢氏への2度目の事情聴取を見送る方針を固めたことが27日、関係者の話で分かった。小沢氏は23日の聴取に、政治資金収支報告書の虚偽記載への関与を全面否定していた。 特捜部は、小沢氏の供述内容に疑問点はあるものの、事件に対する同氏の主張をまとめた供述調書を作成したことで、任意聴取による最低限の目的は果たせたと判断したもようだ。引き続き、同氏の事件への関与の有無を捜査する。 2010年1月28日(木)時事通信... [続きを読む]

受信: 2010.01.29 09:35

« 「斟酌発言」に斟酌できない! | トップページ | どうなる?政治とカネ問題 »