« 冬の日差しをうけながら | トップページ | またまた内部留保 »

2010.02.12

駄獣の郡 なのだろうか???

今日も朝から国会討論。
衆議院の集中審議。
いつものように私も仕事の合間に見ていたのですが、
「攻めるも守るもカネまみれ」の論戦(?)でした。
論戦にもなっていないかぁ、、、、
さて、ここで
与謝野さんの質疑。
なんだかなぁ、、、、、
この人が与謝野晶子の孫だなんて、
晶子ファンの私はガッカリしながら、いつも見ているのです。
「言葉は魂」だそうで、
とくに国会議員の言葉は責任が大きい、と、実に正論を述べます。
なるほど。
その通り!!!!!
そう言えば、与謝野さん。
同じ西松で「迂回献金疑惑」の嫌疑を掛けられたことがお有りでしたね。
その折は「知らない」の一点張りでした。
あの時はエントリーに勿論挙げたのですが、与謝野晶子の詩を紹介しましたので、今日はもう一度おさらい。

==============
駄獣の郡(だじゅうのむれ)

  ああ、此国の
  恐るべく且つ醜き
  議會の心理を知らずして
  衆議院の建物を見上ぐる勿れ。
  禍(わざはひ)なるかな、
  此處に入(はひ)る者は悉(ことごと)く變性す。
  たとへば悪貨の多き國に入れば
  大英國の金貨も
  七日(なぬか)にて鑢(やすり)に削り取られ
  其正しき目方を減する如く、
  一たび此門を跨げば
  良心と、徳と、
  理性との平衡を失はずして
  人は此處に在り難し。
  見よ。此處は最も無智なる、
  最も敗徳なる、
  はた最も卑劣無作法なる
  野人本位を以て
  人の価値を
  最も粗悪に平均する處なり。
  此處に在る者は
  民衆を代表せずして
  私黨を樹(た)て、
  人類の愛を思はずして
  動物的利己を計り、
  公論の代りに
  私語と怒號と罵號とを交換す。
  此處にして彼等の勝つは
  国より正義にも、聰明にも、
  大膽にも、雄辯にもあらず、
  唯だ彼等互に
  阿附し、模倣し、
  妥協し、屈従して、
  政権と黄金(わうごん)とを荷(にな)ふ
  多數の駄獣と
  みづからの變性するにあり。
  彼等を選擧したるは誰か、
  彼等を寛容しつつあるは誰か。
  此国の憲法は
  彼等を逐ふ力無し、
  まして選擧権なき
  われわれ大多数の
  貧しき平民の力にては……
  かくしつつ、年毎に、
  われわれの正義と愛、
  われわれの血と汗、
  われわれの自由と幸福は
  最も臭く醜き
  彼等駄獣の群に

歌集『舞ごろも』大5.5
初出 読売新聞 大4.12.12
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


さてさてさて、
それにしても、鳩山さん。
母親に政治資金要請「全くの作り話だ」 首相が否定と言う下り。
私も聞いていたのですが、
なんだかザワザワと胸がなるくらい気分の悪い質疑でした。
仮に弟の邦夫議員が、そのような事を述べたたとしたら、(ご本人は今日、与謝野さんに話したと記者団に述べているようです)
邦夫さんは断られたと言うことですが、
それはとても邦夫さんにとっても恥ずかしいことです。
いつまでも母親におねだりする兄弟、、、、ということかぁ。
ふっ=====
それにしも増していやなのは、「子分」という言葉。
本当に鳩山母は、そのような表現をなさったのかしらん??????
子分ねぇ〜〜〜〜〜〜
仁侠の世界じゃあるまいし。

いずれにしても、
民主党が本当に国民目線で政権を維持したいのなら、
鳩山さんや小沢さんの問題をスッパリと処理することから始めないと、
今のままでは自民党と同じです。
自民党と違って、人材が山ほどいる民主党。
べつに小沢さんに頼らなくても、鳩山さんに執着しなくてもいいのに、、、、、
と、素人の私は無責任に思いながら、
テレビを見ていました。

Kaoru Yosano slamsed Prime Minister Yukio Hatoyama as "the king of tax evasion in the Heisei Era" at a budget committee in the House of Representatives .
He aimed at the target against ruling Democratic Party of Japan over its recent political funds scandals.
I hope to investigate what really happened.
Thank you.

追記
首相の無心「知らない」=記者会見で改めて説明−鳩山邦夫氏なんてニュースが出ました。
うわっ〜〜〜〜〜〜
これは、なんともはやはや。
よさのさぁ〜〜〜〜〜ん。
国民が釈明を求めるのは「あなたです」。

今後の成り行きに注目!!!

|

« 冬の日差しをうけながら | トップページ | またまた内部留保 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/47546499

この記事へのトラックバック一覧です: 駄獣の郡 なのだろうか???:

« 冬の日差しをうけながら | トップページ | またまた内部留保 »