« 鳩山マネーについて | トップページ | 核密約、新原論文を読みながら、、、 »

2010.03.15

B52飛来について

先日9日に新に明らかになったのは沖縄B52飛来問題。
外務省の解禁文書で公になったものです。

先月、核攻撃能力を持つB52が20年ぶりに嘉手納に着陸と言う事で沖縄をはじめとして大きな関心を読んでいたのですが、
さらに、極秘の会談記録が明るみに出て、
なんともはや、、と言う思いです。
解禁された文書は1969年8月15日付の東郷文彦・外務省アメリカ局長とスナイダー駐日米公使との沖縄返還に関する「極秘」の会談記録。
これによると、
「B52が台風避難で立寄ることなどは出来ると云(い)うことでなければ困る」と提案。
これに対して東郷局長は「核搭載と云うことでなければ解決し得べし」と回答したそうです。

台風避難ですかぁ、、、

確かに、台風避難でしたね、
B52が初めて嘉手納に配備されたのは、、、
1965年のこと。
そして、1968年。
B52は11月に離陸直後、墜落して爆発、炎上
この事件を機に、沖縄ではB52撤去の運動が広がりました。
これに関しては、
外務省 北米地域の項には以下のようにあります。
==============
(3) 基地の運用にかかわる諸問題

沖縄現地においては,B-52移駐,原潜寄港,総合労働布令の公布等沖縄住民の社会生活に影響を及ぼす種々の問題があり,1969年2月4日には,これらの問題をめぐりゼネストに訴えようとする動きがあった。

これらの基地の運用にかかわる問題は,本来沖縄に施政権を行使する米国限りで行ないうる問題であるが,これらの問題が沖縄住民に不安ないし疑惑を与えていることにかんがみ,政府はつとに米国政府に対しかかる沖縄住民の不安あるいは疑惑の解消に配慮するよう申し入れてきた。

 (イ) B-52問題

B-52問題については,さきに1968年2月12日外務省より在日米国大使館に対し,B-52爆撃機の沖縄移動に関する報道による沖縄住民の不安感除去方配慮を申し入れた。

しかるに,68年11月19日沖縄嘉手納基地においてB-52炎上事故が発生したので,同日外務省より在日米国大使館に対し,「事故再発防止のための万善の措置をとること」等3項目を申し入れ,また前記のごときゼネストに訴えようとする動きもあったので,1969年1月28日外務省より在日米国大使館に対し,「米側が沖縄をB-52の恒久基地化する意向なき旨再確認する」とともに,「日本政府としては,米側がB-52を自主的に撤去することを可能にする情勢の早期到来を強く期待する」旨申し入れた。
(外務省ホームページより)
==============

 
これで沖縄から一掃のはずだったB52。
が、
1970年9月、B52がタイに移転されたにも関わらず、
アメリカ軍は「将来作戦上の必要が生じた場合、B52を再び臨時に配置することを排除しない」との声明を出しています。
そして、
1972年の本土復帰へと時代は移るのですが、、、、
が、、、
B52はたびたび沖縄に飛来。
理由は「台風避難」。
86年12月1日未明、このときは、なんと12機も飛来する事態も起こっています。

ムムム。
です。

B52と言えば岩国基地祭に飛来する云々で物議を醸していましたが、、、
また、
2009年、2月には西太平洋の米領グアムで実施された航空自衛隊とアメリカの空・海軍との共同訓練(コープノース・グアム)に、このB52戦略爆撃機が初めて参加していました。

この時の訓練は
空自からは▽築城基地(福岡県)のF2戦闘機8機▽三沢基地(青森県)のE2C早期警戒機2機—が参加しました。
そして、
アメリカではマイノット空軍基地のB52部隊(第五爆撃航空団)も参加。
この部隊は「米国の核抑止における不可欠な構成要素」とゲーツ米国防長官も述べている精鋭部隊。
アメリカの戦略である「地球規模で出撃」。
勿論、イラク戦争にも参加。
空中発射巡航ミサイルやレーザー誘導爆弾などの空爆を行っていました。


いずれにしても、
核密約問題とともに、しっかりと見ていきたい問題です。


|

« 鳩山マネーについて | トップページ | 核密約、新原論文を読みながら、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/47816647

この記事へのトラックバック一覧です: B52飛来について:

« 鳩山マネーについて | トップページ | 核密約、新原論文を読みながら、、、 »