« Wポスト紙、民主・藤田議員を酷評というニュース | トップページ | 「核密約あった」と言うニュース »

2010.03.09

アカデミー賞作品あれこれ

昨日はアカデミー賞の受賞作品に注目が走りました。
ニュースも専ら、その話題。
大方の予想を裏切ってと言うか、
よもや、、、と言うか。
「ハート・ロッカー」が制した形で終わりました。
この映画、まだ観ていないので、なんとも言えません。
「アバター」については、お正月に観てきました。
個人的には疲れて途中、目をつぶってしまったのですが、
家族は「面白かった」と言っていました。

さて、
昨年は、日本映画が高く評価され、
とても嬉しかったのですが、
が、
今年は、
ちょっと物議を醸しているのは、イルカ漁を告発した『ザ・コーヴ』。
アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を獲得。
この問題について、午前中、アメリカ人と話しをしたのですが、
彼らの言い分は「牛や豚は家畜で、増やしているから絶滅しない。
が、
イルカやクジラは絶滅の危機に瀕しているから保護しなければならない。」と言うものでした。
また水銀についても言及していました、、、

ウウウウ==ム。

個人的にはBSE牛はどうなのか???
と、思ったりもしたのですが、
が、
いずれにしても、
この映画、観ていないので、自分自身の意見はまだありません。
機会をみつけ、
観てみようと思います。
その時、またこれについては書けたらと思います。

|

« Wポスト紙、民主・藤田議員を酷評というニュース | トップページ | 「核密約あった」と言うニュース »

コメント

報道なので実際はしらないんですが、監督はイルカ漁やめさせる圧力かける目的で作ったような。

他の受賞作はイラク戦争賛否目的でなく、地味に取材したものらしいですね。


投稿: あゆ | 2010.03.10 13:02

追伸

価値観それぞれ
昔は漁・猟で山の恵み海の恵みをいただいてましたよね。クジラ漁は本来自然なものかも??

 
 飢えの危険・他の生物のえさになる少なくないリスクで生きる。
自然の世界?
自由な自己責任の世界??

人間にかわれて生きる。
飢える危険はほとんどなく、外敵からも守られます。
ペットならいいけど、家畜はいずれ殺されます。
人間が管理する自由ないけど、守られた?世界。


 人それぞれならぬ動物それぞれ?まあ聞きようがないですが。

本来自然的でエコ?だった猟・漁
とるな!採るの構わない。より循環するバランスとれた漁・猟を考えたいです。


クジラは養殖てできないんですねえ?

投稿: あゆ | 2010.03.10 13:12

あゆさん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。


そうですね。
以前、捕鯨についても記事にしたことがありますが、
この問題、
文化、宗教をもあわせて考えなければならない、難しい問題ですね。

クジラは以前は油をとるために、乱獲されていたのですが、
今は保護していく動きが大きくなっていますね。
養殖は、いまのところ、実現できそうにはないようですが、、、

どうなることやら、、、

投稿: せとともこ | 2010.03.10 14:31

せとさん。今晩は。
イルカちゃんが食べられていた~。(TT) 悲しい知らせです。
フジテレビのニュースキャスター、木村太郎氏が解説して、「イルカの肉を食べるのは日本の文化」だなんて言っていました。びっくりしました。そのうち「人を食うのは日本の文化だ」なんて言い出だのでしょうか? そういえば、人食い人種とかが居るそうですね。もっとも中国の作家、魯迅は「阿Q正伝」で「人が人を食う」と喝破してはいましたが。あのフジテレビの木村太郎氏なら言い出すかも、と思ってしまいます。
「今日は、イルカちゃん。イルか?」、「もうクワれた」。シャレにもなりません。(ゝ_〃)

投稿: hamham | 2010.03.12 19:24

hamhamさん。
こんにちは。
ユーモアいっぱいのコメントありがとうございますo(*^▽^*)o

食の問題って難しいですね。
文化と言うか、いろいろあるので、
一言では言えないですね。
今度はマグロも言われているようで、、、
そうそう、
アメリカンジョークでこんなのがありました。
「日本人やクジラやマグロを食べて野蛮だね。
文明化するために、牛や豚をバンバン食べよう、、、」と言うような。
やれやれ、、、です。


さて、
春休み。
お孫さんも今年は二回生ですね。
いよいよ専門が入り、忙しくなるのでしょうね。
でも、楽しみですね(*^-^)

投稿: せとともこ | 2010.03.15 11:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/47765869

この記事へのトラックバック一覧です: アカデミー賞作品あれこれ:

» なぜアカデミー賞はペテンなのか [マスコミに載らない海外記事]
John Pilger 2010年2月10日Information Clearing House 一体なぜ、これほど多くの映画が実にろくでもないのだろう? 今年のアカデミー賞候補作品、プロパガンダ、紋切り型と、全くの不誠実のパレードだ。主要テーマは、ハリウッド並みに古びている。よその社会に侵略し、他国の人々の歴史を盗み... [続きを読む]

受信: 2010.03.11 11:21

« Wポスト紙、民主・藤田議員を酷評というニュース | トップページ | 「核密約あった」と言うニュース »