« 予算通過??? | トップページ | 花粉症とウォーキング »

2010.03.04

白リン弾使用だったのか、、、

白リン弾強まる不信/日出生台があって、、、
このニュース、とても気になっています。
================
日出生台演習場の実弾射撃訓練で、米海兵隊が今回初めて使った「発煙弾」は、非人道的兵器として国際的批判のある「白リン弾」だった。訓練に反対する市民団体は、演習場火災の原因だったのではないか、と不信感を強めている。
「発煙弾は使うが、白リン弾はここでは使わない」。3日にあった報道陣への訓練公開で、第12海兵連隊第3大隊のショーン・ウェスター中佐の発言を通訳はこう訳した。
だが後日、撮影した写真をよく見ると155ミリりゅう弾砲の前に、M825というタイプの白リン弾とみられる水色の砲弾が、通常の砲弾と並んで置かれていた。
その後の朝日新聞の取材にウェスター中佐は文書で回答し、訓練公開の際のやりとりについて「M825発煙弾を使うと明確にしたつもりだ。M110白リン弾とM825の違いについてもコメントした。M825は確かに白リンを含むが、M110より、はるかに少ない」と説明した。

(上記ニュースより)
==================

ううう===ん。
ですね。
これは。

確かに白リンン弾使用と認めました。
九州防衛局が、認めたもの。

「(M825に)白リンが含まれているが、その量は少量であると米側から聞いている」と回答。

そして、
日出生台での演習(10日間)で撃ち込まれた砲弾603発のうち39発がM825だとみられています。

何と言えばいいのか。
やりたい放題の米軍。
野放しの米軍なのか?????
と、思います。

白リン弾については以前記事にした事があります。
その破壊的な力は想像をはるかに超えるものです。
あの時、エントリーで以下のように書きました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
聖戦。
自由のための戦い。
民主主義を守るための戦い。
平和のための戦い。

山ほどの美辞麗句を述べ、
山ほどの大義を作り上げ、
山ほどの反対を押し切って、
イラク戦争は行われました、、、

開戦以来、今までに、

山ほどの嘘が暴かれ、
山ほどの破壊が行われ、
山ほどの死体が積み上げられ、
そして、
山ほどの「人間としての誇りと尊厳」が崩され、
恨み、憎しみが山ほど積りました、、、
山ほどのものを失いました、、、

何故?
理由は簡単です。
イラク戦争をすることで大儲けをする一部の人間がいた。
と、いうそれだけだったのです。

私たちは、
今、生きていることの責任を、どの様な形で未来に引き渡したらいいのだろう?

知っていて黙っていた。
分かっていたけれど、力が足りなかった。
許しておくれ〜〜〜
と、自分たちの罪を贖うしかないのか〜〜〜
断罪のために、
今、
のたうち回るしかないのか、、、

私たちは、
今、生きていることの責任を、どの様な形で未来に引き渡したらいいのだろう?
いや、
引き渡すような未来があるのか?
人類はたえて戦争の無かった時代はない。
これから2000年後も、3000年後も、
人類は同じ過ちを繰り返しているのだろうか???

私たちは、
今、生きていることの責任を、どの様な形で未来に引き渡したらいいのだろう?
私には、今はわからない。
しかし、
わからないままに、やはり私にも出来ることは、ただひとつ。
戦争の罪を告発すること。
し続けること。
そして、
再びおこらないように祈ること。
(以前の記事より)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

思いを新にしています。
民主党政権は、
アメリカとの関係を大切にしていきたいと言います。
それはそれで、私も大いに賛成です。
また、
アメリカとは対等な関係を築きたいとも言います。
それも大いに賛成です。
が、
が、
現実にはそうなんだろか???
と、思う事態がこのところ、アレコレとありますね。

いずれにしても、この問題、しっかりと追跡していきたいものです。

|

« 予算通過??? | トップページ | 花粉症とウォーキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/47721723

この記事へのトラックバック一覧です: 白リン弾使用だったのか、、、:

» 明け透けに語られる北朝鮮問題の真相 [逝きし世の面影]
アメリカ人が正気を無くし極度に右傾化して絶対に終わることの無い永久戦争で有る『対テロ戦争』の悪夢を経験するのは2001年9月11日の歴史的な『9・11アタック』が原因であることは誰にでも分かる。 事件一年前の2000年に就任した当時のブッシュ大統領は、大統領選挙では民主党のゴア候補に数十万票も得票数では負けていたが3世紀前の非民主的な遅れた選挙制度と弟が知事をしているフロリダ州の選挙集計の最高裁による強制的停止により辛くも『当選』を手に入れていた。 それ以外にも電子投票機の操作疑惑も囁かれたが、歴史... [続きを読む]

受信: 2010.03.05 09:07

« 予算通過??? | トップページ | 花粉症とウォーキング »