« 脱ゆとり世代の教科書 | トップページ | 消費税も21年ですかぁ、、、 »

2010.03.31

さする刺激で神経細胞再生と言うニュース

さする刺激で神経細胞再生 岡崎の研究所などが解明と言うニュース。
=============
体内の神経細胞(ニューロン)がさすられた刺激を感じ取り、けがで損傷した神経を修復することを、自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)と群馬大の共同グループが突き止めた。研究成果は米科学誌「ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス」3月31日号に掲載される。
==============
とのこと。
ほぉっ〜〜〜


300pxneuron
(wikipediaより)

神経細胞ですかぁ、、、

学生時代、いっぱい暗記しました。
樹状突起と、軸索と、細胞体。
それから、介在ニューロンに、
無髄神経繊維に、、、
とかとか。

そんな神経細胞に新たな発見がありました。
神経細胞の突起の表面に点在する「TRPV2」と呼ぶ部位が、突起の伸びを促すことが実験で明らかになったそうです。

そして、
この部位が力を感じ取る“センサー”の役割をし、皮膚をさすったり、引っ張ったりして力が加わると、神経細胞を活性化させるカルシウムを突起の中に取り込み、その結果、突起が伸び、ダメージを受けて萎縮(いしゅく)した突起が元に戻ろうとするということらしいのですが、
フゥム。

面白いですね。
人間のからだって。
実に面白いと言うか、不思議と言うか、「よくできている」というか、、、

突起表面に「力」を感じるセンサーがあると、いうことは、「生存」にとって、
必要なことだったのでしょうね、、、

以前、夫から脂質ラフトについて教わったことがあるのですが、
改めて「細胞膜」の働きの「すごさ」を思うとともに、
上記記事が書くように、
再生医療にあらたな弾みがつくことを願うものです。


それにしても、
子どもに「いたいの、いたいのとんでけ、、、」って、
言いながらナデナデしていたのは、効果があったんですね。
「手当て」ですね、まさに。

実はさきに「ゆる体操」についてエントリーを挙げたのですが、
あれも「気持ちよく♪きもちよく」と体をさするようです。
すると、
すると、
体がほぐれて、ゆるみ、体が柔らかくなるそうなぁ。
体の柔軟さは、ともかく、私自身は「楽しんでいます」。

いずれにしても、
さらなる今後の研究が待たれます。

|

« 脱ゆとり世代の教科書 | トップページ | 消費税も21年ですかぁ、、、 »

コメント

神経の修復ですか。
進んで、神経の不具合、完全に治るようになるといいですね。

投稿: あゆ | 2010.04.01 20:07

せとさん。 今晩は。

人の身体についても知られていないことが、まだまだ沢山あるようですね。こんなに身近な物なのに。お陰さまで、今日は「知らない」ということを知りました。これからは知るように努力したいと思います。「手当て」という言葉もぬくもりのあるいい言葉ですね。だけど近頃のお医者さんは触診をしてくれません。検査データを見て診断です。何か大切なものを忘れているのかしら。専ら、病院から患者を追い出すのを仕事にしているようにさえ感じてしまいます。
身体も社会も本来の有機的な働きが可能であるような存在に作りたいものです。
#お母様のご病気早く治りますように祈念いたします。

投稿: hamham | 2010.04.01 22:29

あゆさん。
hamhamさん。
こんばんは。

今、夫の方の実家に来ています。
こちらには、夫の両親がいて、私たちの来るのを待っています。
親孝行、できるうちにと言う事で、、、

あゆさんも、どうぞ、ご両親大切になさってください。
hamhamさん、お優しいコメント、本当に嬉しく思いました、、、ありがとうございます。

投稿: せとともこ | 2010.04.02 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/47959314

この記事へのトラックバック一覧です: さする刺激で神経細胞再生と言うニュース:

« 脱ゆとり世代の教科書 | トップページ | 消費税も21年ですかぁ、、、 »