« 普天間問題、迷路に入るのか? | トップページ | 核不拡散条約(NPT)発効40周年 オバマ声明 »

2010.03.07

イラク 総選挙

いよいよ、注目のイラクで総選挙。
現地時間で7日に行われます。
つまり、今日。
3月4日の時点で、

定数325の議席に対して主要5会派を中心に6218人(うち女性1798人)が立候補。

注目です!!!

イラクの現状はいまだ不安定です。
日テレニュースにも以下のように紹介。
=============
イラク戦争でバグダッドが陥落してから7年。イラクの国会にあたる国民議会の選挙が7日に行われる。しかし、4日も投票所などで自爆テロが発生して17人が死亡するなど、依然、情勢は不安定だ。民間人の死者は戦争開始から現在までに10万人を超えるといわれている。
(上記ニュースより)
==============


選挙控えたイラクでテロ相次ぐ、17人死亡など厳戒態勢の中での投票です。

フゥム。


選挙候補者は、人権尊重の公約をと訴えるのはHuman Rights Watchのサイト。
イラクの現状が混迷している様は想像に難くありません。

この問題も今後にわたり、フォローしていく予定です。

|

« 普天間問題、迷路に入るのか? | トップページ | 核不拡散条約(NPT)発効40周年 オバマ声明 »

コメント

某新聞に書いてあったことしかしらないんですが、民族・宗派対立がひどいようですね。
なんか悲しいです。

全体主義?右翼??的に勝った所が「正義」になると地獄だわ。

 他者の社会的存在が保証されるように願ってます。


  脱線しますが、以前自衛隊の方の健康も心配というの日記にかいたんですが、報道ではイラクの人達の健康被害が明るみにでてきているそうです。

投稿: あゆ | 2010.03.08 09:43

あゆさん。
こんにちは。


そうですね。
自衛隊の方もそうですが、
イラク帰還兵もいろいろ心身ともに健康被害が出ているそうです。


なんのための戦争だったのか、、、
と、改めて思いながらも、
とにかく、
イラクの人々が平和な日々をおくる事ができるように、と願うものです。

投稿: せとともこ | 2010.03.08 13:18

 フセインと呼ぶ独裁者から解放されて、イラク人は選挙で自前の政府をつくっている。解放戦争は、正義の戦争じゃぁないのかなぁ?選挙はその証明じゃぁないのかなぁ?
 日教組先生が教えてくれた戦後民主主義では、民主主義の諸原則を原理主義的に尊重する。だとしたら、イラクの選挙は朗報のはずなんだが、同時にあなたたちは“反米・嫌米”から離れられない。戦後平和主義の宿痾ですね。
 旧ソ連が原爆実験に成功して「アメリカの核はだめだが、社会主義国の核には賛成」した反核運動と、おなじ矛盾がここにもみられる。

投稿: 罵愚 | 2010.03.09 11:15

旧ソ連が原爆実験に成功して「アメリカの核はだめだが、社会主義国の核には賛成」した反核運動と、おなじ矛盾がここにもみられる。


この情報、知りませんでした。
日本の反核運動で、そんな事、あったんですかぁ???
もし、よろしければ、ニュースソースともども、詳しく
お教えください。

投稿: せとともこ | 2010.03.09 16:37

 原水協と原水禁は、いまだに分裂したままでしょう。

投稿: 罵愚 | 2010.03.10 04:57

ああああ、、、
原水禁と原水協かぁ、、、、

困ったもんですね。これは。

今、統一の動きなんかも模索しているようですが。
さてさて、、、
どうなることやら。

この問題もしっかりと考えて行きたいと思いつつ、
そこまで手が回らないので、(つまり歴史から遡ってその主張を検討すると言う意味ですが、、、)
またいろいろ教えてください。
では。

投稿: せとともこ | 2010.03.10 14:36

戦後民主主義は破綻しているでしょう、ということ。

投稿: 罵愚 | 2010.03.10 17:19

 フセインのクウェート侵攻から20年ということで、NHKでは今晩特集を組むようですが、この20年間を振りかえると、中東地域の不安定、国連の無機能、あいもかわらぬ国内の念仏平和主義のなかで、この国をとりまく環境はフセインの兄弟のような北鮮の将軍様や、イラク軍とおなじ膨張主義の中国人民解放軍の南沙諸島侵攻など、とても他人事には思えない。日本ははやく普通の国にならないと、とり返しがつかないとせっつかれているようにも思えるのですが…

投稿: 罵愚 | 2010.08.02 11:31

 つづくブッシュのイラク侵攻については、いまだに国連の核査察を待つべきだったとか、結果的に核の不在を問題視する愚論が氾濫しているが、中東はもちろん、支那内部や北朝鮮、旧ソ連圏内、アフリカや南沙諸島など、その後頻発した紛争に関しての国連の無能ぶりをみれば…その反対にイラクが、この地域には珍しい民主主義国として再生している現状をみれば、ブッシュの正しさが実証されていると思う。

投稿: 罵愚 | 2010.08.03 15:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/47746225

この記事へのトラックバック一覧です: イラク 総選挙:

« 普天間問題、迷路に入るのか? | トップページ | 核不拡散条約(NPT)発効40周年 オバマ声明 »