« 山崎さん、宇宙へ | トップページ | やっとブログが書けそうです。 »

2010.04.08

新しい季節です

新学期が始まり、子どもたちの歓声がまた学校に戻りました、、、
朝、子どもたちがキャーキャー言いながら登校する光景はなんとも可愛くほほ笑ましいものがあります。

私もこの時期、本当に大忙し。
いつもバタバタしているのですが、とくに今は忙しい。
今年度のアレコレの課題を予想して、
そのための準備・仕上げをなんとか早々にと思っています。


さて、そんな中、
こちらも新入生でしょうか?
平沼新党、名称は「たちあがれ日本」 石原都知事が命名と言うニュースが話題になっています。

フゥム。
「たちあがれ日本」ですかぁ、、、

ウウウウウ、ウム。
なんとも言い様がないので、コメントは差し控えますが、
それにしても、中身のほどは気になります。

「新しい季節は、なぜかせつない」と言う歌(ロビンソン)がありますが、
迎える新しい出来事にいろんな思いが交錯する時期です。
なぜかせつないというか、
焦る、はやる、思いが絡む季節です。
同じく歌は
「同じセリフ 同じ時 思わず口にするような
ありふれたこの魔法で 作り上げたよ」
と、言うフレーズがあるのですが、
新しくできた「たちあがれ日本」党ってどんななのだろう???

「♪同じセリフ 同じ顏 思わず口にする本音
手あかのついた言葉で 作り上げたよ」

ってことになりそうな予感がビンビンとします、、、


さてさて、、、
今後にしっかりと注目です。

|

« 山崎さん、宇宙へ | トップページ | やっとブログが書けそうです。 »

コメント

 「たちあがれ日本」ですか。みんなの党の渡辺喜美さんが言ってたように、老人が立ち上がってもどうか。30代、40代の人たちが立ち上がってこそ様になるというものです。
 第三局を狙うのであれば、若い人たちが「みんなの党」に合流するのがいいと思います。
 一番いいのはゼロからがらがらポンして、政界再編をやった方が新鮮でいいと思いますねえ。

投稿: hitoriyogari | 2010.04.08 13:36

hitoriyogari さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。
桜が満開ですね、、、
春らしい風景がアチラコチラに見渡せて、とても淡く、ホンノリと穏やかな気持ちになります。

さて、政界の方は、穏やか、ホンノリから、かなり離れて、ギシギシと音を立てていますね、、、
不協和音でしょうか???

本当にhitoriyogari さんがご指摘のように、
ゼロからポンがいいのでしょうが、、、ははは。

いずれにしても、
目が離せません。
また、記事にしますので、ご意見、お聞かせ頂けたらと思います。
では、、、またね♪

投稿: せとともこ | 2010.04.09 14:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/48030048

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい季節です:

» 普天間問題、もしかしたら毎日新聞が寝返った可能性も? [逝きし世の面影]
『18000人の海兵隊の謎』毎日新聞 2010年4月8日 在沖海兵隊『1万8000人』、米軍幹部『日本が言った数字』 『在沖縄海兵隊は定数1万8000人という数字の根拠は何か』。 4月5日、沖縄県北谷町など4市町村にまたがるキャンプ瑞慶覧。沖縄等米軍基地問題議員懇談会会長の川内博史衆院議員が、在沖米軍トップのロブリング4軍調整官に尋ねた。 『1万8000人』とは、現行計画でグアムに移転する『約8000人』に、政府が移転後に残るとしている『定数1万人』を足した数字だ。 沖縄県の調べでは在沖海兵隊... [続きを読む]

受信: 2010.04.10 10:18

» 無い無いづくしの労働者 社会進歩のエネルギー!! [ブログ blog で 情報交換]
国鉄分割・民営化に際して、不当に、狙い撃ちで不採用となった国労などの組合員の問題 [続きを読む]

受信: 2010.04.10 15:00

» 『新自由主義』みんなの党が市民に支持される不幸 [逝きし世の面影]
『公務員給与引き下げ』の連呼だけで『みんなの党』泡沫候補が大健闘 <多摩市長選>東京4月11日 毎日新聞 任期満了に伴う東京都多摩市長選は11日投票され、即日開票の結果、無所属新人で元新聞協会事務局次長の阿部裕行氏(54)=民主、社民、共産、多摩・生活者ネットワーク推薦=が、共に無所属新人でコンサルティング会社社長の遠藤千尋氏(34)=みんなの党推薦=と元市総務部長の小谷田進氏(66)=自民推薦、公明支持=を破り、初当選した。当日有権者数は11万9017人、投票率は45.50%(前回44.22%... [続きを読む]

受信: 2010.04.12 14:04

» たちあがれない日本。 [逝きし世の面影]
本会議に臨む、たちあがれ日本の3議員 (時事通信) 衆院本会議に出席した(右から)たちあがれ日本の平沼代表、与謝野共同代表、園田幹事長。 所属議員5人の平均年齢は約70歳。ようやく結党にこぎつけた疲れからか、目を閉じてうつむく姿が目立った(13日、国会) [ 2010年4月13日18時5分 ] 『立ち上がる』為には、物事の順番として先ず本人たちが『目を覚ます』必要があるだろう。 3ヵ月後の参議院選挙の為に駆け込みで作られた新党・たちあがれ日本。 選挙管理委員会に届け出た参議院選挙用の略称は『... [続きを読む]

受信: 2010.04.14 14:41

» 『法制局長官を退場させても審議は活性化しない』法制局VS小沢一郎 [逝きし世の面影]
2010/03/08号■共同通信政治記事 憲法9条解釈解体の危険 国会法改正めぐる実相 民主、社民、国民新党の3党連立政権は、「政治主導」の名の下に「立憲主義」の破壊につながりかねない国会法改正案の今国会提出を準備している。 内閣総理大臣の法制指南役であり、政府部内の憲法の最高有権解釈権者として振る舞ってきた内閣法制局長官を国会答弁者から除外する内容だが、国会関係者の間から「内閣法制局が事実上担ってきた憲法第9条解釈をなし崩し的に解体させることになる」との見方が広がっている。 ▽意見聴取会を創... [続きを読む]

受信: 2010.04.17 10:29

« 山崎さん、宇宙へ | トップページ | やっとブログが書けそうです。 »