« 広島の旅 | トップページ | 決まりましたね、W杯選手 »

2010.05.06

磐田戦

昨日5月5日。
Jリーグ第10節、磐田戦。
残念でした、、、
1−2で負けました。
ううううううむ。
非常に残念。
残念ではあるが、一方で「今までよくやってきた」と広島の選手に拍手も贈っています。
なにしろ、
超過密スケジュール。
ずっと、負け無しで、ここまでよくやってきたと改めて思いました。

さて、昨日の試合。
もうギリギリというくらいの疲れが目に見える選手たちの戦いでした。
転びそうになったり、
パスが繋がらなかったり、
もう頭がボールについていかないくらい、極限状態。
そんな中でも前半4分の森崎浩司選手のゴール。
素晴らしいものがありました。
右サイドへの展開のボール→山岸→佐藤寿がマイナスのパス→森崎が強烈な弾道シュート。
やった!!!
やったと大喜びだったのですが、
やはり疲れの前には「無力」でした。
こちらの疲れを味方にした磐田は、ついに同点。
そして逆転と試合を運び、
結果、1−2で負けました。


さてさてさて、、、、、
試合もさることながら、昨日のスカパーの解説者、酷かったです。
広島は地味なチームなので、大抵の実況では相手サイドのアナウンスや解説が多いので、
私も、もう諦めながら試合を観ているのです。
が、
そんな私でも、昨日の解説はあまりに酷かった。
あれは解説ではなく「磐田の応援演説」ではないかと思ったくらいです。
何が酷い、なんて一つ、ひとつ言えないくらい磐田より。
磐田がボールを取ると、
「いいいですね、、、このまま行きましょう」。
シュートをすれば、(勿論入らないので)
「おしいぃいいい」
とにかく、とにかくこんな調子でずっと磐田応援をします。
ゲストに名波さんがいたのですが、
この人は勿論、磐田応援は旗幟鮮明なのだが、それでも選手だったから、広島の選手たちの疲れを理解しています。
「いや、、、広島は連戦で疲れていますから、、、」
「よくやっています」と、足の止まった広島選手の気持ちをくみ取る発言が多々ありました。
またミシャー監督の戦術の素晴らしさも讃え、敵へのリスペクトも忘れません。
が、
が、
そんなこと一切構わないのが解説者。
あまりに酷いので、ちょっと調べたら、なるほど、、、納得。
桑原さんと言う方でした。
フムフム、納得。
しかもジュビロ黄金時代をよくご存知の方ゆえ、今のジュビロの成績にご本人は納得できないものがあるんだな、、、と私は理解しました。
ゆえに、言葉のはしはしに出てくるのは「もっと出きるであろうジュビロへの回顧」だったのです。

それで納得した私は、「まぁ、しゃないか、、、」と生暖かく桑原さんの応援解説を聞いていたのですが、
ふとこの人に言いえぬ疑問を感じたのは次の言葉。
「ジュビロの選手たちは楽しくサッカーをやっているでしょうね、、、思うようにパスが回されて、、、、、」という発言。
ウウウウウウム。
なんというか、恥ずかしい。
疲れてヨタヨタのサンフレッチェ。
この疲れに至るまでには、ACLで日本代表として戦ってきました。
勿論、この連戦の疲れを敗因の理由にはするつもりはありません。
が、
誰がみても、昨日の広島の選手は過労でヨタヨタ。
そんな広島を相手に、楽しくサッカーをやっているとか、
思うようにパスが回せる、
とかとか、、、
普通の常識ある解説者は言うだろうか、
いや、言わない。
なぜなら、
そんなことは何も自慢にならないから。
こんな疲れたチームを相手に楽しくサッカーをするとしたら、それはジュビロの選手に対しても失礼ではないだろうか???
ジュビロが目指すものとは、たかだか「勝ち点」のみということなのだろうか?
フゥム。
もちろん、サポータやファンは「勝ち点3」狙いでOKです。
が、
桑原さんは今もサッカーに関わっている方です。
こんな立場の桑原さんが、昨日のジュビロの戦いを「よし」とするのはいかがなものだろうか???
これで喜んでいたら、ジュビロにとってこれからの魅力あるサッカー戦術なんて望めるのだろうか???
と、私は思いました。

そのくせ、
最後の監督インタビューでは「広島のサッカーは好きなので、これからも頑張ってください」なんてミシャーさんに言う桑原さん。
いや、、、聞いていて、
なんだか、恥ずかしい。
試合の解説中は、そんなことは言いません(名波さんは言っていましたが)。
ひたすら、ジュビロの応援のみ。
私は監督インタビューを聞いて唖然。
「へぇ、、、、桑原さん、広島のサッカー、好きだったのか???」と。
いやはや。


その点、名波さんはやはり選手、しかも一流の選手だったから、
選手の気持ちというものが良く分かっていました。
私の中では今までゴンさんに隠れていた名波さんの存在ですが、
結構、好きになりました。

と、言うことで、
あまりに酷い桑原解説に、書かずにはいられない私でした。

いずれにしても、
これからの両チーム。
ますます魅せるサッカーをしてくれることを期待します!!!

|

« 広島の旅 | トップページ | 決まりましたね、W杯選手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/48284782

この記事へのトラックバック一覧です: 磐田戦:

» 鳩山由紀夫と沖縄海兵隊の危険な同衾 [逝きし世の面影]
切れた期待の糸 名護市民、失望深く 首相「県内」表明2010年5月5日(沖縄タイムス) 『最低でも県外』を公言した日本のリーダーの姿はなかった。 『引き続き、負担をお願いせざるを得ない』。力ない言葉に、沖縄は深い失望に包まれた。 4日、日帰りで来県し、米軍普天間飛行場近くの普天間第二小学校であった対話集会や、名護市で稲嶺進市長との会談に臨んだ鳩山由紀夫首相。県外移設に一筋の望みを抱き、一挙手一投足を見守ってきた県民の期待は、怒りにふるえる抗議の嵐に変わった。 鳩山首相と稲嶺名護市長の会談場所は名... [続きを読む]

受信: 2010.05.07 09:28

» 中国軍ヘリ異常接近報道と韓国軍哨戒艦爆沈報道 [逝きし世の面影]
沈没した哨戒艦天安の艦長チェ・ウォンイル中領(中佐)の現場状況説明会終了後に立ち去ろうとする艦長の車を取り囲み抗議する失踪者家族。 『検察リークの次は防衛省。恥ずかしい防衛省・自衛隊の公式発表』 中国艦艇搭載ヘリの護衛艦「すずなみ」への近接飛行事案 ■護衛艦「すずなみ」への近接飛行事案 4月8日(水) 11時頃東シナ海において、中国艦艇から発艦したと思われる艦載ヘリコプ ターが、警戒監視中の護衛艦「すずなみ」に接近し、水平距離約90 メートル、高度約30メートルの距離を近接飛行した。 18時2... [続きを読む]

受信: 2010.05.09 13:07

« 広島の旅 | トップページ | 決まりましたね、W杯選手 »