« そろそろです。改憲手続法施行期日 | トップページ | 胸キュンドラマだそうなぁ、、、月恋は。 »

2010.05.12

NPT会議:日本主導で声明と言うニュース

NPT会議:日本主導で声明 被爆者、ロシアの賛同を評価と言うニュース。
=============
ニューヨークの国連本部で開かれている核拡散防止条約(NPT)再検討会議で、日本など42カ国は11日(現地時間)、「核兵器のない世界を実現するため、軍縮・不拡散教育が欠かせない」とする共同声明を出した。核兵器使用による悲惨な結果について子どもたちの認識を高めることなど、核軍縮教育の充実をうたっている。核保有国ではロシアが賛同した。
(上記ニュースより)
==============


そうですね、、、
子どもたちに伝えていく事は本当に大切だと思います。
先日も広島の原爆資料館に行ったのですが、その生々しい現実をみて思うこと大でした。
子どもが幼い時はよく平和公園に連れて行って、話しを聞かせたり、
資料館にも足を運んだのですが、子どもは怖がりました。
大人の私も怖かったのだから、多分もっと強烈な印象をもったのだろうと思います。
そのあと、子どもにはいろんな本を読み聞かせ、
原爆や戦争について一緒に考え、
また、
これからどうすればいいか、、、と考えたものです。

以前、原爆60年 オークリッジではと言う記事を書いた事があります。
これはアメリカのテネシー州で記念行事が開催され、 日本人との間に溝というニュースを紹介しながら、アメリカ人と日本人の原爆投下に対する意識の違いを考えたエントリーでした。
ちょっと紹介します。
〜〜〜〜〜〜〜
米テネシー州オークリッジで16日、原爆開発60周年記念イベントが開かれ、マンハッタン・プロジェクトと呼ばれた原爆開発製造計画に関与した研究者らと家族約70人が参加した。参加者のほとんどが「原爆投下は戦争終結のため必要だった」と話し、「原爆」に対する日本人との溝の深さを感じさせた。
 オークリッジは広島に落とされた原爆に使用されたウランを分離・濃縮した工場があり、プルトニウムを生産したワシントン州ハンフォードや、原爆の設計製造を担ったニューメキシコ州のロスアラモスなどと共に、マンハッタン計画の中核となった。
〜〜〜〜〜〜〜〜

その後、オバマさんになってアメリカも随分と核については変わってきました。
良い事です。
が、
まだまだ問題は山積みです。
その大きな山になった問題の一つひとつの解決策を探りながら、
同時に「次世代の教育」についてもしっかりと考えていくことは本当に素晴らしいことだと思います。
この動き、応援しつつ、成り行きをみていきます。

|

« そろそろです。改憲手続法施行期日 | トップページ | 胸キュンドラマだそうなぁ、、、月恋は。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/48340016

この記事へのトラックバック一覧です: NPT会議:日本主導で声明と言うニュース:

» 今こそ政治学習の旬 主権者国民としての生き甲斐 [ブログ blog で 情報交換]
主権者国民により「政権交代」の付託を受けた鳩山民主党政権が、ことここに到って迷走 [続きを読む]

受信: 2010.05.13 19:18

« そろそろです。改憲手続法施行期日 | トップページ | 胸キュンドラマだそうなぁ、、、月恋は。 »