« 芸術のマドリッド | トップページ | サンフレッチェ、、、、なんと言う事でしょう »

2010.07.14

無事帰りました

昨日、昼過ぎ、無事成田に到着。
日本に着きホッとしています、、、

スペインはやはり遠いです。
と、いうのも直行便がないから。
日本から今回の国際会議に出席した人たちも、いろんな経由でスペイン、そしてグラナダに入ったようですが、
私たちも移動に随分と時間がかかりました。
帰りは行きと同じようにスイス航空でチューリッヒ経由でパリに着きました。

4789686431_fd0e9ceec8_m

すぐの便がないのと、夫が仕事で教え子(先にラーメンを渡している人)とディスカッションがあることから、2日間滞在。
今度はパリのホテルに泊まりました。

空港から地下鉄に乗って、北駅から徒歩5分のホテル。
パリのホテルはニューヨークやロンドンのホテルと似ていて、
町の騒音の中、石で出来た重々しい建物は時代を感じさせます。

私はパリは二度目。
あの時は子どもが小さくて、子どもを連れてのパリでした。
ノートルダムにルーブルにエッフェル塔にサンクレールにモンマルトルと、
観光スポットは制覇(?)していたので、今回はブラブラとパリの町を歩きました。


途中で凱旋門にバッタリ。
4789776143_764298c3e1_m1

ノートルダムは日曜日のミサでした。
高い、たかい天井。
見上げればステンドグラスから光が射します。

4789728753_36a074ddc6_m


石畳の道と狭い横町。
そしてあちこちに停っている車と、それをすり抜ける車。

4790405060_271df5834e_m

立ち止まってずっと喋り続ける人たちに、
カフェでビールを飲んで街角の賑わいを楽しむ人々。

4789752751_28cbd6e746_m

パリはそんな活気溢れる町です、、、

私たちもバスや地下鉄やタクシーを乗り継ぎながら、デパートを覗いたりと
ほんのちょっとパリの香りを楽しみました。

パリは今、バーゲン中。
空港にもこんなパリらしい宣伝がありました。
4789802235_b566be1c21_m


さて、
夫の教え子と彼(フランス人ですが日本留学していたので日本語でOK)に会い、
食事をしました。
彼はボルドー出身と言う事でワインの蘊蓄が凄い。
なにしろお父さんが自分たち家族用のワインを毎年作っているくらいのワイン好き。
食べ物の拘りがあるので、
メニューに書かれた一つ、ひとつのフランス語を日本語に訳してくれます。
私なんかいい加減なので、「あっ、これはトリ、これは魚、これは野菜」くらいでいいのですが、
彼は「○○の上になんとかを乗せて、それでソースに、、、、、、、、、」とすごく詳しく説明してくれます。
あまりに詳しくてすぐに忘れてしまいましたので、正確に再現できません。

食事では、
日本とフランスの違いや、
教え子のフランスでの研究についてや、
アレコレと盛り上がりながら、それでもW杯決勝に気もそぞろ。
そうそうに食事を終えて、
テレビのあるカフェに行きました。
そこで、
スペイン優勝をパリの人たちと一緒に観戦。
今ごろグラナダは盛り上がっているだろうと想像しながら、W杯が終わったことを一抹の寂しさと共に味わいました。

そんなこんなで、
パリから日本へと、ようやく到着。
帰った日本は梅雨の真っ最中。
ジワジワとした空気とどんやりした雲を眺めながら、
旅の後片づけをしています。

|

« 芸術のマドリッド | トップページ | サンフレッチェ、、、、なんと言う事でしょう »

コメント

帰った時はI am home.だそうなのでこの場合You are home.  ??(笑い)
スペイン無敵艦隊とか新聞賑わしてます。でもどういうわけか、某新聞では一緒にスペインの財政危機も書いて浮かれてる場合じゃないよと言わんばかりです。

投稿: あゆ | 2010.07.15 08:37

せとさん。今日は。

無事ご帰還を祝します。せとさんがフランス、スイス、スペイン等に残された足跡。大変有意義だなぁと現地通信を楽しく読ませていただきました。イスラムがスペインを征服していた時代と現代を思わず比較してしまいました。今はWサッカーという一点で世界中の人達がみんな心を一つの坩堝で燃やせるですね。旅行の疲れは数日後に出るらしいです。暑い時、健康には充分ご留意ください。またバン、バン書かれるエントリーを楽しみにしております。

投稿: hamham | 2010.07.15 13:35

あゆさん。
hamhamさん。
いつも心温まるコメントありがとうございます。
とても嬉しく思っています。
日本は梅雨真っ最中ですね。
帰ってくると、ああああ日本と今さらながら思っています。

実は明日は母の命日です。
先月の16日に逝きました。
91歳。
大往生でした。
でもやはり遺されたものは寂しいですね、、、

スペインも行こうか迷ったのですが、
実家は浄土真宗。
この教えは死んだら即、仏になるそうです。
死は忌む事とは教えていません。
ゆえに冥福という言葉も使わないそうです。
なにしろ仏になったのだから。
迷わないそうです。
ただ私たちを見守ってくれるだけ。
49日の間に結婚式だってOKらしいです。
そんなわけで、スペインも母の思いも乗せて行ってきました、、、

いろいろと学ぶ事大の旅行でしたが、
日本に帰り、またいっぱい考えていきたいと思います。
エントリーに挙げて行けたらと思いますので、
その折はまたいつものようにご教示よろしくお願いいたします。

どうぞ、お二人もくれぐれも、くれぐれも、お体お大切に。

投稿: せとともこ | 2010.07.15 17:21

せとさん。今晩は。

お母様のご逝去を心よりお悔やみ申し上げます。
お母様はきっと浄土より見て下さっていると思いますよ。

南無阿弥陀仏


投稿: hamham | 2010.07.15 21:37

hamhamさん。
こんばんは。
お優しいコメントありがとうございます。
いつも気にして頂いていたのですが、
やはり老衰。
家族は納得していはいるのですが、それでも矢張り寂しいものですね。

あああああ、ついこの前まで声が聞こえたのと思い、
あああああ、このお正月は、とかとかいろいろ、いろいろ思い出しています。

そして、
生きている私たち。
本当に仲良く、また悔いのないようにしていきたいものでもあると思っています、、、

どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。

投稿: せとともこ | 2010.07.16 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/48875335

この記事へのトラックバック一覧です: 無事帰りました:

« 芸術のマドリッド | トップページ | サンフレッチェ、、、、なんと言う事でしょう »