« パリ一日目 | トップページ | スペイン戦をスペイン人と観ました »

2010.07.04

マドリッドへ

パリのホテルを朝8時に経ち、
まずはスイスのチューリッヒに向かいます。
その後、マドリッドへと飛行機の乗り継ぎ。
予定通りならば午後2時頃にはマドリッドにつくはず。

ところが、
朝から大雨が降り、
まずパリで足止め。
予定より1時間くらい遅れての出発。
大雨の離陸なので、飛行機が飛ぶ瞬間は雨のしぶきと煙で窓の外は迫力満点でした。

そして、1時間のフライトの後、乗り継ぎがすぐだったのだが。
だが。
これまた大幅に遅れて、空港で2時間待ち、
機内でも小一時間待ち、
ようやく着いたのは夕方の5時過ぎ。

ふっ。

初めてのスペイン。
赤い大地でした。
太陽は元気にキラキラ、ギラギラ。
日差しは相当に強くサングラスなしでは、かなりキツい。

その後、
ホテルのシャトルバスを待って、なんとか無事にホテルに行きついた頃、
ロビーの向こうのレストランでは大勢の客がテレビの前で騒いでいます。
ドイツがアルゼンチンを4−0で下したところだったのです。
ええええええ???
本当。
と、びっくり。
あああ、見たかったなぁ。
夜はスペイン戦。
これは絶対にこのレストランで大型テレビ(多分W杯にむけ備えたもの)を見ながら食事しようと決意。

さて、このホテル。
外はコンクリートうちぱっなしの味もそっけもないホテルなのですが、
中は素晴らしい。
近代的で空間の演出にガラスが十分に施されていて、
見通しが遠くまで可能なため、ノビノビとするのです。
エレベーターもガラス。
各階は真ん中の吹き抜けを中心にグルリと各部屋があって、
廊下からロビーやレストランが見えます。
部屋の中もトイレや洗面、風呂は磨りガラス。
機能的で広々とした空間に疲れが癒されました。
窮屈な旅をしてきた旅行客には、生き返るような思いがします。

|

« パリ一日目 | トップページ | スペイン戦をスペイン人と観ました »

コメント

せとさん。今晩は(今日は)。

現地発レポ、有難うございます。皆な珍しく、驚愕。目を大きくして、写真を見、読んでいます。
手作りのニュースはやっぱり格別です。

パリ→チューリッヒ→マドリッド。(@o@) 

雨、時間とのたかかいもですか。お元気でホテルに安着。良かったですね。
やっぱり、暑そう。水分をしっかりかな。

投稿: hamham | 2010.07.04 19:27

おら!
サッカー騒ぎのまっ最中ですね。

投稿: あゆ | 2010.07.05 22:13

hamhamさん。
あゆさん。

ブエノスディアス!!!

コメントありがとうございます。

ネットが遅くて、なかなか記事のアップも大変。
お返事そくなってごめんなさい。

日本に帰ったらまたゆっくりとお返事書きます。

ではまたね!

投稿: せとともこ | 2010.07.08 14:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/48794326

この記事へのトラックバック一覧です: マドリッドへ:

» 盛り上がらない選挙と与党過半数割れの可能性の有無 [逝きし世の面影]
『前代未聞の選挙戦』 参議院選挙が盛り上がっていない。当たり前である。 最大政党(与党民主党)と元与党で最大野党の自民党の違いが分からない。 選挙直前に雨後の竹の子のように次々と駆け込みで出来た保守新党と2大政党との違いとは『名前だけ』の体たらくである。 これでは『新党の名前』が泣く粗製乱造の御粗末な出来上がり。 本来なら最も明確な違いを示して対決軸となるべき日本共産党など護憲左派は、今や一ケタ台の弱小勢力で、目の前の政権構想とは縁遠い。 去年、『変革』を掲げて政権を奪取した民主党であるが、公約... [続きを読む]

受信: 2010.07.06 08:42

« パリ一日目 | トップページ | スペイン戦をスペイン人と観ました »