« 河童忌の前に芥川をツラツラと | トップページ | 概算要求基準が出たが、、、 »

2010.07.24

後期高齢者医療制度見直しと言うが、、、

後期高齢者医療制度見直しと言うことでニュースで取りざたされていますが、
分からない。
何が分からないって、政府案が。
ウウウウム。

約8割の高齢者は国民健康保険(国保)に加入で現状維持。
サラリーマンとして働く高齢者やサラリーマンの家族に扶養される高齢者は組合健保や協会けんぽなどの被用者保険で負担減。

また、国保では、現役世代と高齢者の財政運営を切り離して別勘定と言うこと。
75歳(または65歳)以上の高齢者は都道府県単位。
そして、それ以下は市町村単位の財政運営。
ウウウウウム。
で、
別勘定の対象年齢を65歳以上とするか75歳以上とするかは、引き続き検討。その上で、高齢者の医療給付費の1割を高齢者自身の保険料でまかなうというもの。

ウウウウウ、ウと唸るばかり。

これって自民党がごり押しした現法案と何処が違い、どこが出色しているのか???
高齢者医療の財政を別勘定にして一定割合を高齢者の負担というのだから、現後期高齢者医療制度と同じ仕組み。
つまり、高齢化が進み、さらに医療技術の進歩で医療費が増えるにつれて高齢者の保険料がドンドン上がると言うことか???

また、高齢者の保険料の伸びが現役世代の保険料の伸びを上回る構造のため、「新制度」では「高齢者と現役世代とで適切に分担する仕組みを設ける」と言うのだが???
結局、現役世代の負担も増えるのか???
実際、政府は、「高齢者の医療費に関する負担の明確化が図られた」ことを後期高齢者医療制度の「利点」と自画自賛するのだが、、、
明確と言うが、私は何回読んでも、何回テレビの説明を聞いても、分からない。
分かりにくい。
で、分かりにくいのは分かろうとしない国民が悪いのか???

山井和則厚労政務官は23日の高齢者医療制度改革会議で「医療費抑制はある程度しないと財政的にもたない」と言いましたが、
なるほど。
財政的にもたないから、やっぱり受益者負担にしますよ♪と言う本音が前面に全面的に押し出されていれば、納得というものを、、、
変に「年齢の枠をとっぱらった」とかとか自民党のごり押し案より「良い案」のように説明しようとするからこんがらがったのです。

フムフム。
つまり、
有り体に言えば「新制度」は、医療を受けるものが、負担増か医療抑制かを選べ、ということかぁ、、、

なんだかなぁ〜〜〜

歳をとると若い時よりは病気になりがちです。
そりゃそうです。
頑張ってきた臓器もソロソロ、疲れてくるからアチコチとケアをする必要が出てくるのですから。
そんな高齢者にとって切実な問題である「医療」を財政との天秤にかけて負担をせよと迫るのはなんとも薄っぺらな政治ではないか、、、と思います。

この問題。
誰でもいずれ関わるものです。
しっかりと考えていく必要を感じながら今後に注目です!!!

|

« 河童忌の前に芥川をツラツラと | トップページ | 概算要求基準が出たが、、、 »

コメント

新聞に議員の位置がでていました。自民党も民主党も大きな政府(両方ともばらつきおおきく一部小さい政府の議員も)
でした。


経済政策には違いがみえないようです。


みんなの党は小さい政府でした。

面白いのは共産党や社民党は真ん中です。自民党の平均値より小さい政府です。


おもしろいことに公明党は見事に民主党の円の中心です。


自民・民主の違いは「右翼なのが自民党でした。

投稿: あゆ | 2010.07.25 12:44

あゆさん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。
毎日暑い日が続きます。
フゥフゥ言いながら過ごしています。
先日は法事で帰っていたのでお返事が遅くなりました。ごめんね。


さて、
辻元さんが社民党からでましたね。
新しい党をつくルの科、、、なんて声もありますが、
一方で自民と民主の大連合なんて声も出てきて。
それにしてもますます混迷ですね。
本当にどうなるのやら。
いずれにしても国民の声は届きそうにないですね、、、
ふっ〜〜〜

投稿: せとともこ | 2010.07.28 15:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/48962950

この記事へのトラックバック一覧です: 後期高齢者医療制度見直しと言うが、、、:

» テサロニケ的党名問題『共産党は社民党に党名変更すべき』 [逝きし世の面影]
有名ブログ「世に倦む日々」が05年に面白い発言をしている 「日本共産党は社会民主党に党名変更を − 名を捨てて実を取れ」「共産党は党名を変えるべき」と、テッサロニケ氏が11月はじめに発言しているのですが、共産党が党名変更して『社民党』を名乗れば自動的に日本共産党が社会民主党に合流する形で『合同』が成立し、二大政党制に抵抗するドイツの左翼勢力を糾合した『左翼党』と同じような新しい革新統一の政党が日本国にも出来るとするものです。 『差別語としての共産党』 『倦む日々』の社民党への党名変更で社共両... [続きを読む]

受信: 2010.07.26 11:31

» (続)共産党のテサロニケ的党名変更問題 [逝きし世の面影]
『政党の目的は政権をとること』 今回歴史的な大敗北を喫した第22回参議院選挙以前の、今までの日本共産党は得票率7〜8%450万の得票で有権者全体の5%弱程度でしょうか。 此れでは確かに政権は執れません。 その事を党中央も知っていているので『確かな野党』なのです。 しかし1980年代以前は民主連合政府と言うれっきとした政権構想を持っていた。 共産党であれみんなの党であれ、政党とは政権を執ることを目的に結成されているものなのである。 今の共産党に何が必要で何が不足しているのか。? 共産党に限らず、『... [続きを読む]

受信: 2010.07.28 08:45

» 主権者が民主政治を創る 参議院選挙を終わって [ブログ blog で 情報交換]
先の衆議院選で主権者国民は、様々な政治家、政党と協同し、財界言いなり、アメリカ政 [続きを読む]

受信: 2010.07.28 12:36

« 河童忌の前に芥川をツラツラと | トップページ | 概算要求基準が出たが、、、 »