« この先、どうなるのか?円高・株安 | トップページ | 国技館に監視カメラ設置ということだが、、、 »

2010.08.30

公立小中:8年で35人学級なるか、、、

もうすぐ新学期。
早いところは既に始まっているようですが、、、
いよいよ秋。
と、思うのですが天候はまだまだ残暑厳しい模様。
夏の疲れが溜まる頃、くれぐれもお体お大切にしてください。
さて、そんな中、公立小中:8年で35人学級に 80年度以来の見直しと言うニュースが先日報道されました。
==============
公立小中学校の少人数学級化を検討してきた文部科学省は27日、11年度から8年かけて1学級の編成基準の上限40人を35人に、小学校1・2年は30人にする教職員定数計画を発表した。教職員1万9400人の純増が必要で、初年度分として前年度比約90億円増の人件費を来年度予算の概算要求に盛り込み、関連法改正を目指す。基準見直しは45人を40人にした80年度以来。
(上記ニュースより)
==============

これは一歩前進とみていいのでは、と思います。

この計画案では、11年度に小学校1年生と2年生の2学年を35人学級とし、12年度からは毎年1学年ずつ35人学級を導入。
中学校では、14年度から毎年1学年ずつ35人学級としていくとのこと。
そして、
小中学校の学年すべてを35人学級とした後、17〜18年度で小学校1年生と2年生を30人学級にする予定。
このため、文科省は8年間で約2万人の教職員増が必要とし、そのために必要な予算1200億円のうち、
初年度分を来年度予算の概算要求に反映させるとしています。

また、この計画とは別に11年度から新学習指導要領が全面実施し、授業数が増加することなどに対応するため、14年度から教職員を4万人増やす計画も示しました。

さらに、市町村が都道府県の同意を得ずに、独自の基準で学級編成が行えるよう制度を改正することも、計画に盛り込まれています。


私が子どもの頃は45人くらい一クラスにいたように思います。
今から思えば担任も大変だったことでしょうね。

少人数クラスは担任の目が行き届き、きめ細かいサポートができるための第一歩です。
財源の問題もありますが、なんとか実現の運びになるようにと、願っています。

|

« この先、どうなるのか?円高・株安 | トップページ | 国技館に監視カメラ設置ということだが、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/49295178

この記事へのトラックバック一覧です: 公立小中:8年で35人学級なるか、、、:

« この先、どうなるのか?円高・株安 | トップページ | 国技館に監視カメラ設置ということだが、、、 »