« さくらんぼ小学校:校名変更したそうです。 | トップページ | <みちびき>打ち上げ成功  »

2010.09.10

2010年農林業センサス調査結果

農林水産省が7日発表した2010年農林業センサス調査の速報.
ニュースによると現象加速ということです。
============
農業を本業とする農業就業人口は05年の前回調査から75万人減って260万人になり、減少率22・4%は比較可能な85年以降で最大。長らく農業の主役だった昭和1けた世代の引退が本格化したためだが、若手農家や農業法人が農地を引き継ぎ、経営規模を拡大する前向きな動きもある。今後は農家減少を前提に、農地の集約を推し進めることが課題になりそうだ。
(上記ニュースより)
============

就業者の平均年齢は63・2歳から65・8歳に上昇とのこと。
高齢化が進んでいるのです。

また、
就業者を男女別にみると、男性が16・6%減なのに対し、女性が27・5%減。
女性にとっては、かなり負担が大きいものと思われます。

農業で一定以上の収入(年間50万円以上など)を得ている販売農家数も16・9%減の163万1000戸と大きく減少。一方、耕作放棄地は40万ヘクタールと2・6%増加。


ウウウウム。

ニュースでは最後に現政府の発言が掲載されています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
調査結果を受け、山田正彦農相は7日「農業者戸別所得補償制度の本格実施を急ぐ」と述べたが、同制度には小規模農家の温存や農地の「貸しはがし」を招くといった弊害も指摘されている。農業基盤を強化するには、農地の面的集積と新規参入を促し、農家の流通・加工進出を支援するなど、就業人口が減少しても農業経営が成り立つ複合的な施策が必要だ。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

深刻ですね、、、、、
この問題は一朝一夕で解決出来る問題ではありません。
長い視野にたって、抜本的な解決が望まれます。
重要な問題ゆえ、今後も拘っていきます。
情報を集めたらまた記事を書きますので、その折、またご覧いただけたらと思います。

 

|

« さくらんぼ小学校:校名変更したそうです。 | トップページ | <みちびき>打ち上げ成功  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/49407894

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年農林業センサス調査結果:

« さくらんぼ小学校:校名変更したそうです。 | トップページ | <みちびき>打ち上げ成功  »