« 小沢さん4回目の事情聴取 | トップページ | 雨のお彼岸 »

2010.09.22

「最高検、主任検事を証拠隠滅容疑で逮捕」 と言うニュース

ウウウム。
ひどい。
と、言うほかないのがこのニュース。
そう、最高検、主任検事を証拠隠滅容疑で逮捕 郵便不正事件
==============
郵便割引制度を悪用した偽の証明書発行事件で、押収品のフロッピーディスク(FD)のデータを改ざんしたとして、最高検は21日夜、この事件の主任を務めた大阪地検特捜部検事の前田恒彦容疑者(43)を証拠隠滅の疑いで逮捕したと発表した。
(上記ニュースより)
==============

ううううん。

この事件に関しては捜査の対象となった厚生労働省の元局長は先日、無罪になり職場に復帰したと、言うニュースが今日報道されていて本当に良かったと思います。

それにしても、この主任検事。
ひどいなぁ、、、、
報道では「遊びの延長」のような表現もあったり、「間違って」と言う軽い発言があったりと、なんだかこの検事その人の軽さがそこはかとなく恐いですねぇ、、、
罪もない人を陥れることへの躊躇いさえ感じさせないその軽さ。
他人の人生を狂わせてしまったことへの改悛のかけらもない言葉、、、、
ただただため息です。

こんな人に人生を狂わせられたくない。

さて、この問題、どこから斬っていいのか分からないのですが、
法治国家としての信頼を土台から揺るがすような事件であることは間違いありません。
勿論、この主任検事も軽薄ではあるが、
その背景は一体なになのか、、、と考えると背筋が寒くなります。

冤罪事件がアレコレと取りざたされている昨今。
重ね重ね思うことは公正で公平な裁判が行われる為に如何にあるべきかを、
私たち国民に突きつけられているのだと改めて思うものです。
この問題、またゆっくりと調べて書き込もうと思います。
その折はまたご意見お聞かせ頂けたらと思います。

|

« 小沢さん4回目の事情聴取 | トップページ | 雨のお彼岸 »

コメント

 大阪地検特捜部を弁護する気は毛頭ない。しかし、発端となったのは郵便不正事件であり、法的責任はまぬがれたとはいえ村木局長は犯人の直属上司であり、もしもこれが民間企業で起きた事件だとすれば常識的に考えて、その監督責任はまぬがれない。彼女は日頃から日常業務の打ち合わせはしていなかったと証言してその刑事責任をまぬがれているのだが、日頃から直属の部下と業務を打ち合わせていなくて3億数千万円もの巨額な損害をこうむったとすれば、その監督責任が不問に付されて局長の椅子が保証されるなんてことは民間では考えられない。お役人の非常識にあきれ果てる。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100921k0000e040043000c.html?link_id=RAH04
 被害者としての彼女が検察に徹底解明を求めるのは当然としても、おなじように厚生労働省の組織体質について、説明と反省が彼女とその周辺は検察に負けない努力が求められるのではなかろうか。なにしろ国民の財産が3億数千万円も消えてしまったのだから。
 村木元子局長が語った「本当に異常なことなので、一部に変な人がいたんだという話にしないでほしい。検察に対する信頼がかかっている問題なので、何があって、なぜこういう形になったのか、きちんと検証してほしい。こういうことが起こると、何を頼りにしていいのか分からなくなる。(再発防止策を)きちんと考えてほしい」のことばは、そのまま一部を書き変えて「本当に異常なことなので、一部に変な人がいたんだという話にしないでほしい。厚生労働省に対する信頼がかかっている問題なので、何があった、なぜこういう形になったのか、きちんと検証してほしい。こういうことが起こると、何を頼りにしていいのか分からなくなる。(再発防止策を)きちんと考えてほしい」として、彼女に送り返したい。
 どちらの事件も役人天国の末世症状だと思う。

投稿: 罵愚 | 2010.09.23 05:19

 ま、証拠の捏造って、昔っからあると言われてましたから、ようやく表沙汰になったか、という感想です。驚きはしません。私はね。

 供述調書の捏造疑惑なら、今までゴマンとありましたしね。
 勝手なことを検察が書いて、ムリヤリに拇印を検察が押させちゃえば、裁判で証拠になりますし、今までずっとなってきました。被告人が裁判でどんなに否定し捏造だと叫んでも、裁判官は無視し調書のほうが正しいと判断してきました。

 ムリヤリでも拇印を押したりサインするほうが悪い、と思われがちですけど、密室(取調室)で朝から晩までカンヅメにして「サインしろサインしろ」とプレッシャーをかけ続けると、ほとんどの人は嘘の調書にでもサインしちゃうらしいですよ。弁護士が「サインするな」と言っててもね。


 それはさておき。
 物証の捏造も、やっぱり半ば当たり前に行われてきたんでしょう。
 だから大阪高検トップも「問題なし」って判断したんでしょう。
 だから、検事が「軽薄」なんじゃないですよ。
 それが検事の仕事の一環だったんですよ。
 「遊びの延長」とか「間違って」とか言ってるけど、本当に遊びなわけないじゃない・・・と言おうと思ったら、ご本人さんがわざとやったと証言を翻してるみたいですね。当たり前です。遊びとか間違って、あんな都合のいい日付に変わるはずがない。
 ひょっとしたら、自白を取るための材料のひとつにしようとしたのかも知れませんね。


 余談ですが、小沢さんの秘書の件も、供述調書は捏造だと被告人は主張していますね。

投稿: さいと~ | 2010.09.24 16:52

罵愚さんの言われていることも確かにそうだと思います。
全然、知らなかったということはなかったかもしれませんね、、、
ただ今回のエントリーは検察の故意の改ざんにスポットをあてました。なにしろ私たちには身をまもる術が無くなることなのだから、、、


さいと〜さんから頂いたコメントを読んでますます恐いと言うか法治国家とは何か、、、と考えてしまいました。

そうそう、小沢さんの秘書についても関わっているようですが、
これについても検討しているものと思います。
いずれにしても「可視化」について真剣に考えていく時期ですね。

投稿: せとともこ | 2010.09.27 14:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/49527530

この記事へのトラックバック一覧です: 「最高検、主任検事を証拠隠滅容疑で逮捕」 と言うニュース:

» 学ぶ喜び、楽しみ。検事の犯罪を聞いて。 [ブログ blog で 情報交換]
戦後、国民は戦前の天皇の家来(臣民)という奴隷的地位を逆転させ、主権者の地位を勝 [続きを読む]

受信: 2010.09.23 14:00

« 小沢さん4回目の事情聴取 | トップページ | 雨のお彼岸 »