« 菅さんと小沢さん、なんとなくツラツラ | トップページ | UFO専用「空港」にとうとうお客様? »

2010.09.05

オスプレイ 外相発言 

オスプレイ 外相発言 配備前提“軟着陸”を模索と言うニュース。
ウウウウム。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
8月末に公表された米軍普天間飛行場移設についての専門家協議の報告書で、有視界飛行経路の記載が見送られた背景に関連して岡田克也外相は、普天間の部隊に配備予定の米海兵隊次期輸送機MV22オスプレイの存在を指摘した。これまで配備計画を知りながら、実際の移設計画に一切反映させてこなかった日本政府。米海兵隊の計画によるオスプレイ配備まであと2年と迫る中、配備に伴う飛行経路修正をにらむ米側から隠ぺい体質を改めるよう迫られ、配備を前提に“軟着陸”させる対応を余儀なくされている。
「オスプレイは将来の可能性として(配備の)予定があり得ることは承知しているが、沖縄配備されるかについては、現時点で正式に決まっていないというのが米政府の公式な答えだ」。8月31日の防衛省。報告書の説明の席で同省担当者は、外相発言とは裏腹にオスプレイ配備について従来の姿勢を繰り返すばかりだった。
沖縄県名護市辺野古沿岸部に建設が狙われている米海兵隊新基地への、垂直離着陸機MV22オスプレイ配備の動きが公然化してきました。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

記事によれば隠ぺい15年。
だそうなぁ、、、
だがしかし、アメリカ側が配備を計画している2012年秋が目前に迫ったため、隠し通せなくなったということ。


内容を更にみると、
公表された普天間基地(宜野湾市)の辺野古「移設」に関する日米(専門家会合)の報告書は、視界が良好なときに用いる有視界飛行の飛行経路について、「今後協議を継続」すると明記。
そして、
「オスプレイをどうするかという議論もある」と述べ、同機の配備に向けての日米協議が行われている事実を認めたのです。

この報告書は、先にも書いたように、
新基地の選択肢として、(1)滑走路2本の従来案—V字案(2)滑走路1本のI字案—を併記。
I字案については、07年8月から行われている環境アセスの修正に「約15カ月を要する」としていますが、V字案について防衛省は、「現行のアセスを適用する」との見解。

アメリカ軍の計画では、CH46に代えてオスプレイを24機、「普天間代替施設」に配備。
ウウウウウウ〜〜〜〜〜ン。

もう一度。
「アメリカ軍の計画では、CH46に代えてオスプレイを24機、「普天間代替施設」に配備。」

上記記事でも以下のように書かれています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
なぜオスプレイ配備を隠すのか。不安定な構造で開発段階でも墜落死亡事故を繰り返してきたことから、米国では「未亡人製造機」との別名もあるほどだ。その不安感を国民に説明することから日本政府はずっと逃げてきた。
だが、米計画では普天間飛行場が移設されるよりも先に現飛行場にオスプレイが来ることになる。現状でも危険性除去が急務と叫ばれる中、さらに「不安定機種」が住宅地上空を飛ぶことになれば、政府への突き上げは一層強まるのは必至だ。オスプレイ配備の隠ぺいは限界に達し、いったん既成事実化させる必要性が出てきていた。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

本当に「なぜ???」ですね。
騒音、環境などなどの問題を棚上げにして、この時期の配備。
これは根底から覆される中身です。

分かりませんね、、、

この問題、今後も注目です。
新しい情報が分かったらまた記事にします。

|

« 菅さんと小沢さん、なんとなくツラツラ | トップページ | UFO専用「空港」にとうとうお客様? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/49357539

この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイ 外相発言 :

« 菅さんと小沢さん、なんとなくツラツラ | トップページ | UFO専用「空港」にとうとうお客様? »