« 代表質問、泥試合化か??? | トップページ | チリ落盤事故の救出劇 »

2010.10.11

ナビスコ杯決勝進出!!!

「行こうぜ国立」が本当になりました!!!
昨日10日、サンフレッチェ広島は静岡は清水エスパルスを相手にナビスコ杯の準決勝2nd legを日本平スタジアムで行いました。
私も夫と朝早くから応援に出かけました。
朝はまだ雨が少し残っています。
車で行こうか悩んだのですが、ゆっくりと電車で行こうと言うことで特急の旅を楽しみながら、清水へと向かいました。
電車は踊り子号
行き先は修禅寺。
なんだかこれだけでも情緒いっぱいでルンルンとしてきます。
車窓はまだ雨が残っている空気からか露が張り付いているのですが、それがレンズのようになって外の風景を大きく写し出すのです。
それだけでも何やら嬉しい。
そんなローカルな旅を楽しみながら清水に着いたらこれまた良い臭い。
たまたま「まぐろ祭り」とやらをしていていろんな模擬店が出ていました。
ちょうどお昼時。
私たちも丼やB級グルメの王様富士宮焼きそばを食べてビールを飲んで、
バス乗り場に向かいます。
そろそろと清水のサポーターのオレンジが集まり出した頃、私たちもバスに乗ることができて一路スタジアムへ。

またまたバスからの風景はエスパルスの町を思わせるオレンジの旗があちこちにはためいていています。
町中で応援しているんだなぁ、、、と思いました。

そして、スタジアムに着きました。
おおおお、、、、
ここが日本平。
サンフレッチェにとっては鬼門と言うか苦手と言うか、とにかく勝てない日本平。
ウウウウム。

南無八幡。
悪霊退散!!!
と、唸りはしなかったが、、、


さて、こんな日本平のスタジアムですが、これがサッカー専用スタジアムと言うことで素晴らしいスタジアムでした。
私たちは友人ととともに一階自由席に座ったのですが、ゴール裏だからバンバンとシュート練習の音が響き、
時々はバァ〜〜〜〜ンとボールが飛び込むは凄い迫力。
もうこれだけでもワクワク。
お馴染の広島の選手たちがすぐそこにいて、練習をしています。
うわっ〜〜〜〜ミキッチ。はずしたぁ。
ありゃ、、、中林、とれぇ、、、、、
と騒ぐ私です。

そして、
いよいよキックオフ。
先にホームで2−1で勝っているので今日は引き分けならOK。
3点取られたらアウト、という中での試合。
こんな有利な条件って我がサンフレッチェにとってはプレッシャーなことがあるのです。
選手も勝ちを意識してか前半は清水に攻めまくられます。
私たちの席を目指して(本当はゴールです、ははは)清水の選手が来るわ、くるわ。
投げるは蹴るは、、、でもう息つく暇もありません。
「なかばやし、、、、」
「中林、、、」
「ナカバヤシ」の連呼。

なんとかなんとか守り、後半に突入。
後半はストヤンに代わりミキッチが入ったのですが、これが効を奏したのか、
ミキッチが善戦。
チームも勢いづき、ついに18分、森崎和の展開のパス→山岸→シュート、これがスピードをもってゴールに吸い込まれました。
お見事!!!
ゴール。
それも私たちの目の前でのゴールです。
山岸のその瞬間の息遣いが聞えるくらい近い所から見る事ができました。
うわっ====
ぎゃ〜〜〜〜

恒例のパーフォマンス。
遅れて走ってくるカズがほほ笑ましい。

5069510312_1a28504304_m

今回のテーマは「矢を射る選手」かな???

5069510656_8ba7f8e414_m


そりゃ、、、
と、まわり中の人と握手、握手、握手。
私の前に座っていた女性の二人組とも握手。
この方はすごくおっとりしていてサンフレッチェが危機を迎えると「気をつけて、、、、」と叫ぶのです。
ウウウム、気をつけてかぁ。
なかなか洒落た応援です。
私なんかだったら「守れ、、、、」とか「負けるな、、、」とか連呼するのですが、
すごくおっとりと「気をつけてぇ、、、」。
心でまるでお母さんみたい人だなとほほ笑ましく見ていました。


さて、試合はいよいよ緊張、緊張、緊張のクライマックス。
清水が攻めてきます。
小野を中心に力のある選手がいっぱいいる清水。
どんどんゴール前に入れてきます。
こちらは気をつけて、、、の連発。
そしてついに小野に一点をいれられ、ますます勢いづくエスパルス。
こちらは守りにまもり、
時間が私たちの勝利を決めてくれました。
引き分け。


5068903891_b6c7b99da4_m


と、言うことで
ナビスコ決勝進出です!!!
おめでとうございます。
またまた全員で握手、握手、握手、、、、、
私も夫は勿論、友人や前の席の方と握手。
そしてわかったのはこの二人の女性の一人、「気をつけて、、、、」とおっとり声を出していた方は中島選手のお母さんだったのです!!!
なるほど。
本当にお母さんだったんだ、、、
わが家では大人気の中島さん。
とつとつとしていて飄々としていて物おじしない大物の中島さん。
このお母さんをしてありきと思った次第。
そうか、我が子に言っていたのですね「気をつけて」と。
フムフム。
秋の夕日によく似合う懐かしい風景がそこには横たわっているようでした。


勿論、今日すぐに決勝のチケットを購入。
さぁ、、、いよいよ国立です。
かくなる上は「なろうぜ日本一」です。
相手は駒野選手のいるジュビロ。
燃えるというものではないですかぁ。


それにしても佐藤寿人選手や西川選手、槙野選手のいないなかで、
全員サッカーで見事に勝ち上がったサンフレッチェ。
私たちの誇りです♪

|

« 代表質問、泥試合化か??? | トップページ | チリ落盤事故の救出劇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/49711770

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ杯決勝進出!!!:

» 『法冶国家で無い日本』検察の闇 [逝きし世の面影]
証拠改ざん、前田検事をきょう起訴…懲戒免職へ 郵便不正事件の証拠品のフロッピーディスク(FD)を改竄したとして、最高検は11日、大阪地検特捜部主任検事・前田恒彦容疑者(43)を証拠隠滅罪で大阪地裁に起訴する。 『検察の犯罪に加担するマスメディア』 各紙朝刊は『起訴しそうだ』ではなくて、ずばり『起訴する』なのですよ。あんたら預言者か。? 完全に最高検は発表の前日にはメディア対策として各マスコミに決定された内部情報を事前にリークしているのです。 公務員の守秘義務は最高検察庁には無いのか。? 大相... [続きを読む]

受信: 2010.10.12 08:58

» 天気晴朗なれど波高し(中国船拿捕の舞台裏) [逝きし世の面影]
北沢防衛相の「尖閣は日本の領土」に全面賛同なし 5カ国国防相 2010.10.12 北沢俊美防衛相は11日、ベトナム、インドネシア、オーストラリア、タイ、シンガポールの国防相と滞在先のハノイ市内で相次ぎ会談、尖閣諸島について「日本固有の領土だ。歴史的にも国際法上も疑いようがない」と説明した。しかし、全面的に賛同した国防相はなく、「国際法に基づき平和的に解決することを望む」(インドネシア)など慎重な対応を求める発言が相次いだ。 北沢氏は各国との会談で、中国の活発な海洋進出に触れ「連携して対処する... [続きを読む]

受信: 2010.10.15 10:44

« 代表質問、泥試合化か??? | トップページ | チリ落盤事故の救出劇 »