« 播隆上人 | トップページ | 国営ひたち海浜公園のコキア »

2010.10.22

教育のコストを払うのは???

教育のコストは誰が負担するのか?と言う内田樹さんのエントリーを読んで「ごもっとも」と思った私です。
まず内田さんは奨学金制度について縷々述べているのですが、
この問題に関しては私も何度も書きました。
とにかくの本の学費は高いです。
高学費と言うエントリーを挙げたのは5年前ですが、今、読み返しても高い。
国立大学も授業料は高い。
さらに私学、しかも理系だったらもう私なんかでは悲鳴ですねぇ、、、
と、言うことで私は先日の「元気な日本復活特別枠」(特別枠)に関する要望事業について、パブリックコメントには高等教育の授業料を安くする事で、広範な学生の能力の受け皿を保障して欲しいと意見を出したのですが、、、
さてさてどうなることやら。

高等教育もさることながら義務教育について内田さんは興味深いご意見をおもちです。
チョット長いのですが抜粋。
===============
公教育の正当性は、「金」ではなくて、「いのち」という度量衡で考量されねばならないからである。
できるだけ多くの子どもたちに教育機会を提供し、それをつうじて知性的・情緒的な成熟を促すことは、共同体全体が生き残るために必須である。誰それのパーソナルな利益を増減させるというようなレベルではなく、共同体成員の全員が生き延びるために教育はなされるのである。
子どもたちを教育することは、公的な義務である。
一定数の子どもたちが高等教育を受け、専門的な知識や技術をもち、それを活用することは、共同体全体の利益に帰着する。
だから公的に支援されるべきなのである。
(内田さんのブログより)
================

私もまさにその通りだと思います。

そして、内田さんは最後を以下のように結んでいます。
「教育のコストは自己負担であるべきだ」というロジックが合理的であるような社会は共同体として「滅びの道」に向かう他ないということである。」と。
なるほど、、、、、
なるほど、、、、、


教育と言うのは社会の財産なんだと改めて思いました。
国は「広く、厚く、多くの学生に学ぶ環境」を保障してもらいたいものです。

|

« 播隆上人 | トップページ | 国営ひたち海浜公園のコキア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/49813655

この記事へのトラックバック一覧です: 教育のコストを払うのは???:

» マスコミ報道とメディアリテラシー [逝きし世の面影]
『一番大事な事項が一番目立たない扱いに』 陸山会事件:小沢氏強制起訴 小沢氏側の抗告棄却−−東京高裁  民主党の小沢一郎元代表が、自身を強制起訴すべきだとした東京第5検察審査会の起訴議決の取り消しなどを求めた行政訴訟に絡み、強制起訴手続きの執行停止と検察官役の弁護士の指定の仮差し止めを求めた申し立てについて、東京高裁(西岡清一郎裁判長)は22日、申し立てを却下した東京地裁決定(18日)を支持し、小沢氏側の即時抗告を棄却する決定を出した。 毎日新聞 2010年10月23日 東京朝刊 この事件で... [続きを読む]

受信: 2010.10.24 11:37

« 播隆上人 | トップページ | 国営ひたち海浜公園のコキア »