« オバマ米大統領、訪日中に広島と長崎訪問せず と言うことらしいです | トップページ | 補正予算と小沢さん »

2010.11.01

ロシア大統領の北方領土訪問と言うニュース

ロシア大統領の北方領土訪問、極めて遺憾=官房長官と言うニュース。
今朝から流れていますが、
一体、ロシアはどういうつもりなのか?????
「仙谷由人官房長官は1日午前の会見で、ロシアのメドベージェフ大統領の北方領土訪問について「北方4島は日本固有の領土であり、メドベージェフ大統領が国後島を訪問したということであるとすると、日本の原則的立場と相いれない。国民感情を傷つける」として、「極めて遺憾だ」と述べた。」と上記ニュースにありますが、
私も全く同意。
北方4島は日本の固有の領地であるとしっかりと政府はロシアに抗議してもらいたいですね、、、
私も昨年北方領土問題どうなるか注目ですと言う記事を書きました。
日ソ国交回復の日という事で考えたのですが。
ちょっと以前の記事を引用します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
スターリン時代の旧ソ連は、バルト三国の併合、中国東北部の権益確保、千島列島の併合をおこないました。
当時、「領土不拡大」という連合国の戦後処理の大原則がありました。
つまり、
日本・ドイツ・イタリアが戦争などによって奪った土地は返させるが、そのほかの土地の割譲は求めないというものです。
千島列島は以前から日本の領土であったことは先に見たとおりなのに、、、ソ連は無視。
戦後処理の中で次々と解決されてきたこれらの問題の中で、
いまだに未解決なのは千島列島だけ。

ソ連の言い分はヤルタ協定の「千島引き渡し条項」とサンフランシスコ条約の「千島放棄条項」。
これは、
アメリカ、イギリス、ソ連3国の首脳は、第2次世界大戦末期の1945年2月、ソ連のヤルタで会談を開き、この会談でスターリンは、ソ連の対日参戦の条件に、日本の正当な領土である千島列島の引き渡しを要求。米、英ともこれを認め、3国の秘密協定に盛り込まれたものです。

またサンフランシスコ条約の「千島放棄条項」では、
第2次世界大戦後、日本がアメリカなどと1951年に調印した「サンフランシスコ平和条約」の第二条C項で、
千島列島については、日本が「すべての権利、権原及び請求権を放棄する」ことが明記。

これがソ連・ロシアの言い分ですが、そもそもはスターリンによる不法占拠だったと思うので、
原状回復は日本に領有の権利があると私は考えているのですが、
どうなんでしょうか???
(以前の記事より)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
と、言うことで、
今日も歴史を振り返りながらもう一度考えていきます。

北方領土あるいは北方4島は「北方地域 - 日本の各種の法令において使用される用語で、歯舞諸島、色丹島、国後島、択捉島、その他内閣総理大臣が指定する「北方の地域」を指すとWikipediは曖昧に書いてあるのですが、
千島列島全体が、1855年に江戸幕府と帝政ロシアが結んだ日魯通好条約と、75年に明治政府と帝政ロシアが結んだ樺太・千島交換条約とにより、戦争ではなく平和的な交渉で日本領土として確定しました。
が、
歯舞、色丹とを、第2次世界大戦直後に勝手に併合したのがソ連。
その後、第2次世界大戦末期の45年2月のヤルタ会談で、ソ連が対日参戦条件として千島列島のソ連への「引き渡し」を求め、アメリカとイギリスが認めたのです、、、
これ自体アメリカ、イギリス、ソ自身が公約した「領土不拡大」という第2次大戦の戦後処理の大原則に反する行為です。
そうしてこれから長く続く北方問題へと行くのですが。
経緯を読むたびに、日本政府は堂々とそれを正すことが必要だったのではと思うのですが、残念ながら自民党時代はそれはなしえませんでした。つまり、サンフランシスコ条約にある千島放棄条項ではなく、先に書いた1850年代の2つの条約により日本の固有の領地である事を、堂々とロシアに言い、全千島返還をロシアに求めるべきあったのです。
が、時の日本政府は、千島の南半分の国後、択捉と、千島に含まれない歯舞、色丹のみ返還を求めてきました。1956年になって「国後、択捉は千島に含まれない」との見解を出し、歯舞、色丹と合わせ「北方領土」として返還を求め始めました。
これがますます日ロ間の交渉の行き詰まりと迷走の一因ともなってきたのですが、、、
が、、、、、
政権も変わりいよいよ北方問題にも解決をという矢先のロシアの大統領の訪問。
ウウウウウム。
領土問題はデリケートなことゆえ慎重に丁寧に双方が対話して、納得理解の対応をして頂きたいものです。
いずれにしても、これは今後の成り行きに注目ですね、、、

 

|

« オバマ米大統領、訪日中に広島と長崎訪問せず と言うことらしいです | トップページ | 補正予算と小沢さん »

コメント

ロシアのプーチン政権は日ロの領土問題について徹底的に問題点を洗い出してみて、日本側の北方領土返還について結論を出したようです。
日本政府ですが、これまでに一度も竹島を『西方領土』と、尖閣列島を『南西領土』などと地名抜きで呼んだ事は無いのですよ。
何故、
『北方領土は日本固有の領土です』などと日本古来の固有名詞である『千島列島は日本固有の領土です』と正しく発言しないのか。
何故、現在の日本政府が正しい日本語表記を出来ないのかと言うと、半世紀前に当時の『売国奴』吉田茂日本全権が日が平和裏に確保した『千島列島の放棄』を認めたからです。
国際社会に向かって正式に千島放棄を宣言した後に、『千島を返して欲しい』とはいえない。
だから地名抜きの『北方領土』なのです。
千島列島は、択捉一島だけでも沖縄本島の何倍も有る大きな島です。
これを外国に無条件に譲渡した吉田茂は売国奴中の売国奴であり、其の所属していた今の自民党は、徹頭徹尾売国奴の政党です。
北海道の付属の諸島で千島列島ではない歯舞色丹は1956年の日ソ国交回復時の「日ソ共同宣言」で返還が約束されているし、この事実は2001年に森首相とプーチン大統領とのイルクーツク声明でも確認されています。
この方針で、森前首相は日本政府の表向きの公式な態度である4島一括返還ではなく、以前から北方領土や北海道に利権がある鈴木宗男を使って歯舞色丹の二島返還での対ロ交渉の平和条約の決着を模索していた。
小泉首相の時に、4島返還しか聞かされていなかった当時の田中真紀子外務大臣との鈴木宗男や外務省との一連の騒動は有名だが本当の問題である領土交渉だったらしいのですよ。

国後択捉の南千島返還要求ですが、これは前提条件として全千島列島の放棄を日本が宣言したサンフランシスコ条約の破棄が必要ですが、今の政府にはそれだけの覚悟があるのでしょうか。?
それが無い限り、北方領土返還の日本側の要求には無理があるでしょう。
条約で放棄したが『昔から自分のものだったから返して欲しい』では世界では通用しないのです。

投稿: 逝きし世の面影改め宗純 | 2010.11.01 16:16

面影さん、あるいは宗純さんですかね、、、
お久しぶりです。
おげんきでいらっしゃいましたか?
さて、コメントありがとうございます。
頂いた内容、読ませて頂きました。
了解です。
私は「昔から自分のものだったから返して欲しい」ではなくて、面影さんがご指摘のサンフランシスコ条約については、本エントリーでも紹介させて頂いた以前の記事の通りだと思っています。
もう一度掲載いたしますね。
============
スターリン時代の旧ソ連は、バルト三国の併合、中国東北部の権益確保、千島列島の併合をおこないました。
当時、「領土不拡大」という連合国の戦後処理の大原則がありました。
つまり、
日本・ドイツ・イタリアが戦争などによって奪った土地は返させるが、そのほかの土地の割譲は求めないというものです。
千島列島は以前から日本の領土であったことは先に見たとおりなのに、、、ソ連は無視。
戦後処理の中で次々と解決されてきたこれらの問題の中で、
いまだに未解決なのは千島列島だけ。

ソ連の言い分はヤルタ協定の「千島引き渡し条項」とサンフランシスコ条約の「千島放棄条項」。
これは、
アメリカ、イギリス、ソ連3国の首脳は、第2次世界大戦末期の1945年2月、ソ連のヤルタで会談を開き、この会談でスターリンは、ソ連の対日参戦の条件に、日本の正当な領土である千島列島の引き渡しを要求。米、英ともこれを認め、3国の秘密協定に盛り込まれたものです。

またサンフランシスコ条約の「千島放棄条項」では、
第2次世界大戦後、日本がアメリカなどと1951年に調印した「サンフランシスコ平和条約」の第二条C項で、
千島列島については、日本が「すべての権利、権原及び請求権を放棄する」ことが明記。

これがソ連・ロシアの言い分ですが、そもそもはスターリンによる不法占拠だったと思うので、
原状回復は日本に領有の権利があると私は考えているのですが、
どうなんでしょうか??
===============

と言うことで面影さん。
結局、いきつくところはサンフランシスコ条約なのでしょうね、、、
現政府がどこまで踏み込むか?????
注目です。
ではまた色々お教えください。

投稿: せとともこ | 2010.11.01 17:44

ブログタイトルと同じ逝きし世の面影は、HNとしては長すぎて迷惑をかけているようなのでブログの自己照会文を変えたついでにプロヒールの一休禅師にあわせて『宗純』に変えました。

>『そもそもはスターリンによる不法占拠・・・
などのような過激な表現は、せとともこさんのような外交当局者で無い一個人が行う分には問題が無いとは思いますが、
現在、この方法は日本国政府として竹島や北方領土に対して『不法占拠している韓国(ロシア)』などの表現がとられているのですが、この様な言い方をしだしたのはそれ程昔からではありませんよ。
『不法占拠云々』が言われだしたのは戦後レジームからの脱却を掲げて教育基本法を改悪して愛国心を国民に強制した安倍晋三内閣が最初では無いでしょうか。
正式にこのような外交儀礼に反する異常な表現である『ロシア(韓国)に不法占拠された日本固有の領土の北方領土(竹島)』が閣議決定されるのは日本語もまともに読めないお馬鹿で有名だった漫画中毒の麻生太郎首相の時ですよ。
国家間の外交とは、相手の面子を最大限尊重して華(名目)を持たせて自国の実益を追求するものです。
そもそも『国家』の特色は、何よりも国家としての正当性、面子や大儀を大切にするものですが、今の日本のように交渉相手を最初から怒らせて(面子を潰して)いるのですから、これでは外交とはいえませんよ。
これは中国が『日本が不法占拠している尖閣列島』などといえば日本政府や日本世論がどうなるかを想像すれば誰にでも判る話であり、外交的な常識です。
だから今までの日本はそんな非常識は行ってこなかったのです。
千島列島は正式な条約で放棄したのであり、話の順番としてサンフランシスコ講和条約の破棄が先決であるのです。
今のままでは日本に千島列島返還の正当性は全くありません。
ですが、日本にその意思が全く無いのですから日本の要求は無理筋ですよ。
それがよく判っているから(解決する気が無いから)わざと揉めるように『不法占拠云々』の外交では考えられない不穏当過ぎる表現で自己満足しているのではないでしょうか。
これ等は普通は敵国に対して開戦前夜に使うべき言葉や表現方法ですよ。

投稿: 逝きし世の面影改め宗純 | 2010.11.02 16:42

宗純さん。
こんにちは。
一休さんですねo(*^▽^*)o


さて、ご指摘ありがとうございました。
あの記事を書いた時は昨年で、まだこの問題も浮上していない時でした。
wikipediaを参考に、あと外交の本を何冊か読んで調べたときのものです。
そうですね、、、
「不法占拠」の言葉はまた考えておきます、、、
適当でピタリと言い当てる言葉、何がいいかな???

さて、それはさておき。
日本にまったく返還の意志がないと宗純さんは言われます。
確かに自民党時代はそうでした。
また現政府も及び腰ですね。
私も歴史を縷々ひもとくと仰るようにサンフランシスコ条約の破棄が先決と思います、、、
1956年の日ソ共同宣言がなぜ実りを結ばなかったか???
それはとりもなおさず「サンフランシスコ条約」の枠内を越えていないからです。千島放棄条項を含め、また調べておきます。
さて、今回の件ではアメリカは日本の側につくと言う報道がありましたが、それはなんの根本的な解決にもならないと思います。
元はサンフランシスコ条約ですから、、、

フウウム。
いずれにしてもこの問題も今後注目。
また調べて記事にします。
その折はご意見おきかせください。
では。

投稿: せとともこ | 2010.11.02 17:01

1956年の当時の日本政府は2島返還での合意で決着する心算であったのですが、この日ソの合意が覆されたのは同年9月米国国務省の「日ソ交渉に関する米国覚書」であるのです。
何としても冷戦構造の維持のためには日ソ平和条約は邪魔であったのです。
どうも皆さんは根本的な誤解をしていますが、日本が抱える紛争地の竹島や尖閣諸島と北方領土とは似ているようで全く性格が違うのですよ。
前者は二国間の問題であるのですから、二国間で話し合うべき性格のものですが、北方領土は第二次世界大戦の戦後処理であるのですから日ロ二国間の問題ではなくて日本対連合国との問題であるのですよ。
ですから、これに手をつけると、とんでもないパンドラの箱を開けることになりかねない。
ドイツですが第二次世界大戦の戦争責任を問われて、ドイツ国家の揺籃の地でもあり父祖伝来の土地で一度も外国領になっていない旧プロイセンの地域を全て失っているのです。
ドイツが今オーデルナイセラインを認められない(プロイセン返還)と言い出せばどうなるか。
単に非難される程度では済まないでしょう。
もはや敗戦後65年も経っています。
日本国も不承不承ではあっても日本にとってのオーデルナイセラインを認めざるを得ないでしょう。
日本固有の領土である千島をソ連に正式に引き渡したサンフランシスコ条約は51年で、当時は朝鮮戦争の真っ最中ですよ。
それでも占領下ではあるが同盟国の日本国よりも戦闘機のパイロットとして参戦していた敵国のソ連との約束を守って、トルーマン大統領は軍事的な意味もある千島全島を引き渡したのです。
(千島が日本領なら唯一の不凍港のウラジオストックなど極東ソ連軍を完全封鎖出来る)
日本が45年に受諾したポツダム宣言で、領土は『日本国ノ主権ハ本州、北海道、九州及四国竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ 』とあり、
連合国の考えでは45年2月のヤルタ会談でアメリカが千島にソ連に提供する見返りに参戦求め、ソ連軍はルーズベルト大統領との約束で8月9日の対日参戦が行われている。
45年8月18日トルーマン大統領からのスターリン宛の書簡で『千島列島の全てをソ連極東軍司令官に明け渡すことに合意』しているのです。
その後に51年、サンフランシスコ条約で日本国は『千島列島に対するすべての権利、請求権を放棄する』ことを強要されるのですが、この時にはソ連はこの場にはいないのです。
主導したのは全てアメリカですよ。
アメリカとしては、『千島列島が日本領で有るか否か』は、ポツダム宣言で『吾等ノ決定スル諸小島』に該当するかどうかであり、
連合国側が千島列島の帰属を自由に決定できる問題であると考えていたのでしょう。

投稿: 宗純 | 2010.11.03 16:09

アメリカの視点でみたら千島をソ連に占領させたのはマイナス??
冷戦だったから千島もアメリカが占拠したほうが有利だったと部外者の素人にはみえるような・・・。

ドイツが分割だったように日本も分割???
でも千島に北日本国てできなかったですものね。


それまで(国としては)日本領だし故郷を追われた人達は気の毒です。家も畑も奪われたし。


日本領になるまえから先祖代々居住していた人はもっと気の毒かも??

でも千島が故郷になっている新たな住人もいます。


戦争が生んだ悲劇の一つなんでしょうね。

投稿: あゆ | 2010.11.04 09:27

瀬戸さん、お久しぶりです。

メドベージェフ大統領の千島諸島訪問は、私も気かかるるニュースとして、見ていました。

ただ、現政権も自民党時代の政府も、本当に北方領土の返還を本気で求めてきたか大いに疑問です。

領土を保有することは、株式や債券を保有することとは違います。
あえて言うならば、企業経営です。
たとえ、オーナー経営者の息子で、親から全財産を譲り受けたとしても、それだけで社長かといえば、それは疑問でしょう。
やはり、会社をどう発展させていくのかというビジョンと、会社の経営をマネージしていくという能力が問われるでしょう。

北方領土の保有もそれと同じことで、実際に返還されたなら、この地域をどう発展させていくかという将来像が必要になるでしょう。
また、戦後65年もてたば、新たに入植してきた人々もそれなりにこの地に根を生やして生活しているでしょうから、その人たちの処遇をどうするのかという問題もあります。

そういうことに言及するでもなく、ただ北方領土は日本固有の領土だと主張するだけでは、「私は北方領土の権利保有者です。忘れないでくださいね」と言っているに過ぎないとおもうわけですが、
どうでしょうか。

投稿: johannes-chrysostomos | 2010.11.05 01:28

宗純さん。
あゆさん。
johannes-chrysostomosさん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。
今日は秋晴れ。
でもつるべ落としの夕日が一日の終わりを告げると、なんだかやり残しがあるような焦るような気分になります、、、
秋は物想う季節ですね。
ガラにもなく、、、ははは


宗純さん。
ありがとうございます。
私もまた調べておきますね。


あゆさん。
本当にこの問題はデリケートで一言では言えないのでしょうね。時代もあるし、時々の政権のあり方もあるし、、、一筋縄ではいきません。
いずれにしてもその地に住んでいる方々が犠牲を負う事のないように、そんな政治が望まれますね、、、
難しい。

johannes-chrysostomosさん。
お久しぶりです。
きくちさんのところで書かれているコメント、拝見しながらお元気のよし、推し量っていました(o^-^o)
さて、頂いた内容。
私も仰るように時々の政府(現政府も)が真剣にこの問題に取り組んできたとは想いません。
ご指摘頂いたように、今既に住んでいらして、生活基盤を着々を築いてきた方々のことを想うと、
「これはこっちの物だから、返せ」と無下には言えませんよね。
言えないのだが、だからこのまま、と言うことではなくて、しっかりと歴史、戦後処理などなどを話しあい、共通の認識にしていくことで、お互いの納得を求めることが大切だと想うのです。
自民党政府も現政府もそのあたりの努力をしていなかったから、今に至っているのですが。
これを良い機会に、なんとか前向きな方向で解決の緒を見つけたいですね。
私もまた調べてみます。
それにしても今日は尖閣ビデオ流出。
次から次ですね、、、
ウウウウウム。
目が離せませんね。

これからも思った事や感じた事を書きつづっていくつもりです。
johannes-chrysostomosさんからも貴重なご意見やアドバイスを頂ける事を楽しみに、、、
ではまたね!!!

投稿: せとともこ | 2010.11.05 13:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/49904871

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア大統領の北方領土訪問と言うニュース:

» 日本も一党独裁じゃん!! 「自民・民主党」という一党独裁。 [ブログ blog で 情報交換]
自民党も民主党も今行っている政治の基本内容は同じだと、主権者国民の批判的な声が強 [続きを読む]

受信: 2010.11.01 18:43

» 中国のスパコン、世界最速へ 「天河1号」 [逝きし世の面影]
新華社電によると、中国の国防科学技術大が開発したスーパーコンピューター「天河1号」が28日、計算速度が中国最速と認定された。 米国のスパコンを抜き世界最速になる。インテルなどの演算処理装置を搭載し、演算速度が毎秒2507兆回に達している。2010年10月29日(金)共同 『中国スパコン世界最速 軍事目的、国際社会に脅威』2010年10月30日(土)産経新聞 中国国営新華社通信は29日までに、中国人民解放軍の管轄下にある国防科学技術大学が開発したスーパーコンピューター「天河1号」の演算速度が、... [続きを読む]

受信: 2010.11.02 09:38

» ロシア大統領が「領土不拡大」の原則も知らない? メドベージェフ氏の国後島訪問 [ブログ blog で 情報交換]
「領土不拡大」は21世紀人類の常識です。人類史が到達した宇宙船地球号の普遍の原則 [続きを読む]

受信: 2010.11.02 14:52

« オバマ米大統領、訪日中に広島と長崎訪問せず と言うことらしいです | トップページ | 補正予算と小沢さん »