« 衝突ビデオ問題 | トップページ | 尖閣・小沢国会、、、を見て感想なるものをツラツラと »

2010.11.07

浦和戦、戻ってきた、寿人が!!!

今日は勝ちました!!!
サンフレッチェ広島。
Jリーグ第29節。ホームで浦和レッズとの戦いでした。
結果は2−1で広島が勝ちました。

私は家でテレビで観戦。
スカパーのアナウンサーも解説の吉田さんもナビスコ戦での悔しい戦いを言いながら、
今日、浦和に勝つ事で良い流れを作る事が大事と、さかんに言います。
私もまさにその通りと思いました。
ペトロヴィッチ監督も「水曜日に120分を戦ったばかりで、選手たちは肉体的にも疲れていると思う。ほぼ手中に収めていたカップが終了直前に手からすり抜けていったことを考えれば、メンタル的にも落ち込んでいるだろう。簡単な状況ではない」と語っていたと言います。
そして、この傷をいやす為にも今日の浦和戦の大切さをしきりにアナウンサーと解説者は言います。
今日の試合の大切さは選手はもっと分かっているだろうが、、、

浦和といえば柏木ようちゃんがいます。
広島にとっては懐かしい「今はライバル」のようちゃん。
ようちゃんも「今日は燃えている」そうです。
それは友達の森脇君も槙野君も同じだろうが、、、
この対決もみものです。

そして、そして試合はキックオフ。
ここでまずは信じられない面白いトラブル。
広島の選手2人がゴールキックのためセンターに並んでいるのですが、なかなか蹴らない。
あれ、、、と思っていたらやおら浦和の選手と交代。

あらあら、、、浦和のゴールキックだったのです。
アナウンサーも「珍しいことがあります」と言っていました。
さて、前半はお互いに攻めたり守ったりとボールがあちらこちらに動きます。
よもや、よもやと言う場面が両チームにありました。
が、ゴールを先に決めたのは浦和。
30分 ゴール前で槙野が倒されてボールを奪われました。個人的にはこれはファウルか、、、と思ったのですが、このスルスルボールをエジミウソンが決め浦和が一点、ショック。
うわっ、、、、といやな予感がしたのですが、
ハーフタイムは洗濯物を片づけながらも面白くない。
夫もぶすっ。
そして、
後半は待望のヒサトがはいりました。
お帰りなさい。
お待ちしていました、、、
広島の応援席は「佐藤コール」の渦が沸き起こります!!!
本当に渦です!!!
♪さとうう、ひさとぉ、、、ららら

ヒサトが入って俄然元気づく広島。
そうそうの5分に李忠成選手が一点をいれて、追いつきます。
凄い!!!
チュン君!!!
凄いぞ!!!

やんやの歓声のなか、試合は激しい攻防。
攻めたリ、守ったり、、、
そして、そして試合はついに動きます。
ヒサトのためにあったような素晴らしいゴールが待っていたのです!!!
45分。試合終了まじか。
ギリギリでのゴール。
うわっ〜〜〜〜〜
もうスタジアムは天と地がさかさになってもおかしくないくらいの絶叫!!!
喜びの歓声が紫の旗ととともにビュンビュンと伝わってきます。
私たちもテレビを観ながらうわっ======
うわっ〜〜〜〜〜〜

夫とカンパァ〜〜〜〜イ。

そして試合は終わり、
広島は勝ちました。
ナビスコの悔しさも吹き飛ばし、
ヒサトの復活を喜び、
チュン君の健闘も喜び、、、
と、とても楽しいサッカー観戦でした。
ありがとうございました、、、
そして、佐藤選手、あらためて
おかえりなさい。

|

« 衝突ビデオ問題 | トップページ | 尖閣・小沢国会、、、を見て感想なるものをツラツラと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/49962145

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和戦、戻ってきた、寿人が!!!:

« 衝突ビデオ問題 | トップページ | 尖閣・小沢国会、、、を見て感想なるものをツラツラと »