« 沖縄「基地と密約と」 | トップページ | 来年宜しくお願いいたします »

2010.12.30

醜禍敵なりと知るべし、、、かなぁ???

「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。衆寡敵せずと知るべし 」と言う名言を残した斎藤 緑雨の誕生日は慶応3年12月30日と言うことです。
衆寡敵せずと知るべし 、、、
ですかぁ。

さてさて今季の国会もいよいよ、いよいよ大詰め。
小沢さんが政倫審に出るとか、条件付とかとか、、、
予断を許さない状況。
個人的には「条件をつける立場か、、」とも思うのですが、一方の菅さんも、なんだか混迷が際立ってきています。
どうなることか、、、

斎藤緑雨のように言い換えれば、次のような感じでしょうか???
「按ずるに小沢は一つ也。菅は二つ也。
醜禍敵なりと知るべし。

小沢さんの瑕疵は「政治とカネ」。
菅さんは「仙谷さん問題と政策の不首尾」。
どちらをみても国民には醜く禍いのような感じなのですが。
当のご本人たちも相手を攻めるだけでなく自らも「醜禍」であることを知って頂けたら、
と思う昨今です。
いずれにしても来年もこの動き、しっかりと見ていく必要を感じます。
なぁんて本当は「ごめん」です。
早くこの問題に決着をつけて、しっかりと国民に責任ある政策をしていただきたいのだが、、、
ささてさて、来年はどんな年だろうか???

|

« 沖縄「基地と密約と」 | トップページ | 来年宜しくお願いいたします »

コメント

 ちょっといい話。

 民主党の原口さん。
http://twitter.com/kharaguchi/status/19905589463224320
「昨日の小沢一郎前代表の記者会見全文という記事を見ました。上杉さんの質問と答えが見事に抜けています。政治倫理審査会の設置の趣旨についての質問です。」

 上杉隆さん。
http://twitter.com/uesugitakashi/statuses/19873862963429376
「全紙割愛を確認したなう。」

 ステキすぎて、言葉も出ません。

投稿: さいと~ | 2010.12.31 00:20

 おしつまりまして、この政治的閉塞感と共鳴して「来年はどうなるんだろう」の不安がさきだつ大晦日でございます。そこで、年末のご挨拶代わりにわたしのひごろの思いを吐き出させていただくと、戦後の日教組教育のなかでわたしたち日本人は民主主義の正義を無条件に信じ込んできました。
 いまさらいうまでもなく、民主主義の根本は話しあいの精神で、政治的な決定を武力や暴力によらずに話しあいで解決しようというものです。ここのところでは9条平和の護憲派たちの主張は戦後民主主義の精神と一致していると、わたしは思います。なにごとも話しあいで解決するのですが、どうしてもまとまらない場合の最終的手段として多数決を用意している。民主主義とはそういうものだと教えられてきました。
 ところが選挙によって代表を選ぶように、議会は最初に多数決ありきのシステムになっている。現実の政治は話しあいを省略して、多数決に走りすぎている。そしていつしか民主主義とは多数決の誤解が蔓延しているのが実情です。多数が正論を駆逐する事態が常態化すると議論を戦わせる手間をはぶいて、多数派工作が政治家の仕事になってしまいました。
 多数派工作のひとつはお金です。それを生む政治利権をふくめて金権と呼んでいい。田中角栄、金丸信、竹下登、小沢一郎に代表される金権政治とは金権を駆使した多数派工作の政治でした。ふたつめは情報操作です。民主主義的話しあいとは、その前提に話しあいに参加するメンバー全員の正確な情報の共有があります。それが不正確だったり不公平だったりすれば話しあいの意味はありません。
 民主党政権があばきだした一連の沖縄に関する密約の公開は、この意味では政権交代の成果だったといえます。反対に流出した映像をみるかぎりでは、尖閣のビデオは、なぜあれを国家機密にするのか理解できません。ひごろ市民の知る権利を主張してきた民主党が、政権を手にした瞬間、国民の知る権利をないがしろにする現実は、この政権の本質が民主主義政党ではなく、全体主義政党である証拠だろうと思います。
 そしてこの民主主義らしからぬ民主主義…戦後民主主義から、本当の民主主義国家に生まれ変わること…金権と情報操作の排除こそが、この国の再生の第一歩だと考えております。

投稿: 罵愚 | 2010.12.31 14:42

さいと〜さん。
罵愚さん。
コメントありがとうございます。お二人から頂いたコメント、しっかり拝見しました。
また考え、ゆっくりお返事しますね。

今年はお世話になりました。
来年も宜しくお願いいたします。

投稿: せとともこ | 2010.12.31 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/50442553

この記事へのトラックバック一覧です: 醜禍敵なりと知るべし、、、かなぁ???:

« 沖縄「基地と密約と」 | トップページ | 来年宜しくお願いいたします »