« サッカー日本代表:アジアカップ | トップページ | 芥川賞と直木賞 »

2011.01.18

税と社会保障改革とは言え本音は消費税率

与謝野経財担当相:税と社会保障改革、与野党協議6月以降もと言う事で早速乗り出してきた与謝野さんの増税論。
===============
与謝野馨経済財政担当相は18日の閣議後会見で、税と社会保障の一体改革に向けた与野党協議について「6月までに菅内閣としての案をつくり、各党に提示する」と明言。その上で「『(政府・与党)案がないのに協議できない』という野党の主張はもっともだ」と述べ、超党派協議が政府・与党案ができた後の6月以降にずれ込んでもやむを得ないとの認識を示した。
(上記ニュースより)
================

まずは「消費税率を上げる事」が初めにありき。
なんだろうな、、、

社会保障云々と言う事らしいが、まずは経済の立て直しを量ることが先決だと思います。
経済が今のように二進も三進もいかない状況で税だけがドンドン上がれば、さらに経済は冷え込むのではないだろうか???
雇用、雇用、雇用と連呼したその雇用も現状はかなりお寒い。
こんな中で税金が上がれば、サラリーマンはどうすればいいのだろうか???
ウウウウム。
と、唸ります。
若者は就職、高齢者は医療や福祉。
いずれも先が見えない。
見えるのは「成り行き任せ、開き直り」の現政権の強硬な政策だけ、、、
頭がクラクラしてくるものの、、、
これは今、しっかりと見ていかなければならないと思うものです。
今後も拘り続け記事にしていきます。

|

« サッカー日本代表:アジアカップ | トップページ | 芥川賞と直木賞 »

コメント

最近思うに、おかねも情報も一人歩きしてもう誰の手にもおえないような。
誰も全体を把握できずに責任持てる能力や立場がないように思えてきました。


だから管さん以外の人でもやはりうまくいきにくそうな・・・。
人気取り?で独裁的に指導力発揮なんていうオチになりそうな・・・。
かなり極端にいうとヒットラー・ちょい極端だと某市長・方向的には某元人気総理・・

急激な社会の変化に人が付いていけないのかも?

投稿: あゆ | 2011.01.27 11:21

あゆさん。
おはようございます。
この所の噴火、目が離せませんね、、、
なんだか宮崎県、次から次で本当にお気の毒で、心が痛みます。
さて、菅さん。
確かにどなたがやっても同じだろう、、、と思います。
自民党時代よりもガンガンやって、最後は「どうぞ」と自民党に席を開けるのか???
と、思うこの頃です。
どうなることやら、、、
じっくり、しっかりと見ていきたいものです。

投稿: せとともこ | 2011.01.29 08:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/50620945

この記事へのトラックバック一覧です: 税と社会保障改革とは言え本音は消費税率:

« サッカー日本代表:アジアカップ | トップページ | 芥川賞と直木賞 »