« 樽床議員、告発される | トップページ | チュニジアの動きも気になりますね »

2011.01.20

大寒です

今日は大寒。
一年中で一番寒い時期です。
雪の便りと言うか大雪のニュースが各地から届きます。
大変です。
私も幼い頃は豪雪地帯に住んでいたので、雪の「重み」はよく分かります。
屋根から外に出ていたりしました。
さて、
寒の間に生まれた卵を寒卵と言い、縁起がいいと言われています。
多分、冬至かぼちゃと同じように滋養のあるものを食べる事で一年のうちで一番寒い季節を乗り切ろうと言う昔の人の知恵だったのでしょうが、、、

また寒ブリが美味しい季節です。
今年は豊漁だというニュースを先日見たのですが、脂がのったブリが店先に並ぶこの時期はつい鍋物を作ってしまいます。
カニや甘エビも美味しいですね、、、
冬の味覚は「きっちりとしまっていて」歯触りまでも楽しめる食材が多いように思います。

そして、この季節。
やっぱり空が美しい。
晴れた日、夜空を見上げると、どこまでも続くように星々が輝き、
しばし時間を忘れてしまいます。


「 其のにほひ 桃より白し 水仙花」と詠んだのは芭蕉。
水仙もまた寒を彩る一つです。

最後に次の詩を鑑賞していきましょう。
=============
見えない季節

できるなら
日々の暗さを 土の中のくらさに
似せてはいけないでしょうか
地上は今
ひどく形而上学的な季節
花も紅葉もぬぎすてた
風景の枯淡をよしとする思想もありますが
ともあれ くらい土の中では
やがて来る華麗な祝祭のために
数かぎりないものたちが生きているのです
その上人間の知恵は
触れればすぐくずれるチューリップの青い芽を
まだ見ぬうちにさえ
春だとも未来だともよぶことができるのです

(牟礼慶子「魂の領分」より)
==============

作者の牟礼慶子さんは、この白と黒の色のない季節を日本独特の「わびさび」と楽しむ風情も認めながらも、
なお鮮やかで生命の息吹が舞う春の到来を待つ弾むような思いをこの詩に託しているようです。
わが家の裏にあるほんの小さな花壇の下で、チューリップは確実に芽を伸ばしているんだろうな、、、と思いながら、、、
それでも、今は水仙の白がよく似合う季節。
それはそれとして楽しみたいものです!!!
と、言うことで寒い季節ですが、
その味わいは格別のものがある時でもあります。
風邪など引かぬようにお気をつけて、なおこの季節をお楽しみ下さい♪

It's the day of the year that the cold is most severe.
The air is clear and to observe the stars.
We have a lot of good food.
Let’s enjoy this season.

|

« 樽床議員、告発される | トップページ | チュニジアの動きも気になりますね »

コメント

 瀬戸先生、季節はほんとうにめぐってくるのでしょうか?寒波に耐えていれば立春に出会えるのでしょうか?この国は…あるいはこの国だけは春がこないで永久凍土のなかに閉じ込められてしまう心配はないのでしょうか?
 国内では国民一人ひとりに人権が与えられて、国際社会では国家や民族は自決権をもつ。いまは封建的な独裁政権に統治されている人たちも、いずれは隣国の民主主義勢力に解放されたり、自力で革命をおこして自立を勝ちとる。それが歴史の進歩であり必然だと、わたしたちは日教組の戦後教育のなかで教えられてきたし、信じてきた。
 ひさしぶりにそれを確信させてくれたできごとはチュニジアの暴動で23年間つづいた独裁政権が倒れ、大統領が国外脱出した事件だった。しかし、それは、地球と呼ぶおおきな舞台の片隅のちいさなできごとで、ステージの中央では労働者革命をスローガンにした支那の共産党政権が、日本を追い抜いて世界2番目の経済大国にのしあがりながら、革命後60年たっても、いまだに国民に選挙権も与えられない政治的未開発国の状況でいる。自国のノーベル平和賞受賞者を入牢させ、チベットを弾圧し、北鮮を属国化し、アフリカに帝国主義的支配をもたらしている。民主主義の総本山のアメリカも、もてあまして媚態でもてなしている。
 国内ではまさしく戦後民主主義の申し子たちが政権をにぎって、かれらの理想の政治を展開したいのだろうが、現実がそれを許さない状況になっている。市民運動出身の首相が消費税増税を言い出す立場に追い込まれている。国民の知る権利を主張してきた全学連出身の官房長官が中国漁船の実像を隠しきれなくて更迭されている。労組や革新系出身の代議士たちは自民党とちっとも変わっちゃぁいない事件を明るみにさらしている。
 あきらかに戦後民主主義は破綻しているのだが、その破綻のあとに国の内外に自由な民主主義の時代が来るのか、あたらしいタイプの帝国主義の時代がくるのか… あるいは永久凍土のなかで凍死するのか。

投稿: 罵愚 | 2011.01.21 04:46

こんにちは、、、
戦後民主主義とやらの罵愚さんの「定義」が納得できない私ですが、
それはそれとして、現状の民主党政権は「おかしい、、、」と思っています。
なんだかなぁ、、、
です。

またいろいろ感想や情報などお書き下さいね。
では。

投稿: せとともこ | 2011.01.21 15:19

寒ブリが例年よりやすいらしいです。

投稿: あゆ | 2011.01.21 23:31

「あゆ」でなくて、「ぶり」の豊漁です♪
「あゆ」は品がよくて高級で貴重なんだぞ、、、
そして青い味がまた良いのだ、、、
ですねo(*^▽^*)o
あゆさん♪

投稿: せとともこ | 2011.01.25 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/50636802

この記事へのトラックバック一覧です: 大寒です:

» ティーパーティ(茶会運動)が公的医療保険に反対する理由 [逝きし世の面影]
『オバマの公的医療保険創設が何故許せないのか』 実働6年で本塁打王打点王首位打者等のタイトル6回三冠王2回ベストナイン3回シーズンMVPや日本シリーズMVP、球団を21年ぶりに優勝させ日本プロ野球で『史上最強の助っ人』と呼ばれたランディ・バース選手は、1988年5月水頭症を患った長男の多額の医療費を負担することを恐れた所属球団にシーズン途中で一方的に解雇される。 この医療保険契約問題はその後、責任を感じた阪神球団代表が自殺するという悲劇にまで発展する。 年俸が何億円もあっても公的医療保険の無い... [続きを読む]

受信: 2011.01.21 10:32

« 樽床議員、告発される | トップページ | チュニジアの動きも気になりますね »