« 小沢さん、刑事告発されたようですが、、、 | トップページ | 今日は初午 »

2011.02.07

春場所中止

大相撲、、、
春場所完全中止と言うニュース。
残念の一言ですね。
八百長かぁ、、、
先の野球賭博も言い訳無用ではあったが、
八百長は言い訳どころか、言語道断。
多くのファンを裏切り、自らが、自らの立場を貶め、それでも尚且つ八百長をやらねばならなかった背景を、
徹底的に調べ、対策を講じない限り、
モグラ叩きでしかないと思います。
次から、次とこうした疑惑が出てくる以上、しばらく、相撲を国技と認めることは出来ないだろうと考えます。

そんなに強烈なファンではなかったのですが、時々の相撲には関心を占めし、
楽しんでいた私にとっては、本当に残念。
残念です、、、、、、

|

« 小沢さん、刑事告発されたようですが、、、 | トップページ | 今日は初午 »

コメント

最初の開国は明治維新である。二番目の開国は戦後である。三番目の開国はこれからである。


考え方にはいろいろある。自分たちの考え方が理に合わないものであることを証明するのは難しいことである。だが、それが証明できなければ、おかしな考え方を改めることも難しい。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

投稿: noga | 2011.02.07 13:53

nogaさん。
コメントありがとうございます。
早速ご紹介の記事、拝見いたしました。
いろいろ考えさせれれます、、、
私も英語を学びながら多くの外国の方と知りあい、お互いに文化の交流をしています。
本当にいろんな価値観があると思う事大です。
これからも、またいろいろお教え下さいね。
では。

投稿: せとともこ | 2011.02.07 20:32

お金取るか、「道徳」とるか・・・。
大阪では経済的損失で泣いている人達が・・・。
こういう時経済成長ありきの某紙や某党がおとなしいのは笑えます。
自らが持つ矛盾??


このさいプロレス式で!(笑い)
八百長疑惑はそのまま(黙認??)でショーで!
(冗談)

投稿: あゆ | 2011.02.08 09:22

あゆさん。
こんにちは。
私もまさにそう思います。
プロレスと同じですよね、、、
へんに国技なんてするから揉める。
もう、見せ物というか、割り切れば八百長もあると、言うことで、、、


それにしても寂しいものだが。

投稿: せとともこ | 2011.02.08 17:03

何か勘違いしている人が多いのですが賭博は明確に違法行為ですが、相撲に限らずスポーツの八百長は何ら法的には問題ではないのですよ。
単なる個人的な道徳問題なのです。
ところがスポーツの八百長が違法だと勘違いしている人が多い原因とは実はスポーツが賭博の対象になってからの近代の現象であり賭博問題と切っても切れない深い関係がある。
ですから、今のマスコミのように『八百長=悪』とは、『スポーツ=賭博』だといっているのと五十歩百歩なのです。
法律とは違い、道徳とは個人個人で違っていて当たり前であり強い者が弱者に勝ちを譲る八百長は正反対に美談にもなる。
今度の八百長騒動ですが、これは石原慎太郎の行った近親相姦や犯罪行為を描く漫画の規制の話と同じで、個人個人の責任であるべき基本的人権の一部である主観(道徳観)を、『世間一般の道徳観』に対比させて『正しい公的な道徳』が優先する前近代的な動きですよ。
近代民主主義社会では各個人の内心(主観)は聖域であり、どれ程異常であれ非常識であれ悪質であれ、何ら罰せられないとの原則で成り立っているのです。

投稿: 宗純 | 2011.02.09 15:46

宗純 さん、
 法律と道徳の境界線のおはなしを興味深く読ませていただきました。あなたとおなじ筆法のうえで議論すれば賭博も法律で禁止されたから違法であって、法律がなければ個人差が当然の道徳問題ですね。じっさい公営賭博があり、パチンコがあり、宝くじがあるのですから。
 石原慎太郎のマンガ規制もおなじだとしたら、売春禁止法もまたおなじだといえますね。法律の有無が境界線で、道徳論としては矛盾があちこちにあるということですね。

投稿: 罵愚 | 2011.02.10 16:43

法的な訴追では、弁護士が、『八百長力士を相撲協会が威力業務妨害罪で告訴すればハードルは高いが警察による強制捜査は可能』であると発言していたのですが、矢張り可也ハードルは高そうです。
そもそも過失を罪に問うことは困難であり罰則も低い。
犯罪の要件とは加害の意思が無いと同じ様に人が死んだとしても殺意があれば殺人罪で死刑か無期ですが、殺意が無いなら過失致死罪で法定刑は30万円以下の罰金又は科料の微罪です。
力士が春場所を妨害する為に八百長はしていない。
其れよりも今回の騒動では捜査情報をマスコミに漏らした警察の違法性は明らかなのです。
ですから『違法性を問う』のであれば、大阪春場所開催が不可能になった相撲協会が警察を威力業務妨害罪で東京地検特捜部に告訴するとか、
あるいは隠しておきたい私信のプライバシー暴かれて相撲界を追われた力士側がマスコミと警察を告発するとか、
日本的な道徳観ではやり難いが、誰かやって欲しいですね。
問題は全く別。
八百長が法的に問題でない(道徳問題である)のに日本政府やマスコミが大騒ぎする様は異様であり、何か別の問題がありそうなのです。
そもそも事件は1年前に発覚した野球賭博の証拠であり何故今この時期に国家権力の一部である警察が明確な違法行為である情報漏洩を行ったかの方が余程気にかかる。
人は人の中に、ニュースはニュースの中に隠すのが最良の方法で、今の日米の最大の問題はTPPですが、こんなものは一年前には誰も知らなかった。
自由な競争で全てが良くなるとの触れ込みですが、実力差がありすぎる相手の競争では、始める前から結果が判っており今度の相撲の八百長以上に問題があるでしょう。
ハンディ無しでの圧倒的な強者と弱者の自由な競争など、其れこそ言葉として嘘であり八百長です、
TPP参加10カ国で日米以外のGDPは合計9%で実質は日米FTAである。
しかも参加国は日本以外は農業大国や資源大国なのですよ。
韓国や中国インドネシアなどは二国間協定で自国の農業保護に尽力している。
しかしTPPでは『認めない』とアメリカ議会で証言しているのですから日本農業は間違いなく壊滅する。

投稿: 宗純 | 2011.02.11 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/50801926

この記事へのトラックバック一覧です: 春場所中止:

» 八百長騒動自体が八百長の疑い [逝きし世の面影]
『最近の7勝7敗で千秋楽を迎えた大関の成績』(左側が7敗の大関、右側が対戦相手の力士) 2005年 9月  秋場所  ●魁皇     朝青龍(横綱)○ ←★ 2006年 9月  秋場所  ○千代大海  若の里(関脇)● 2006年 3月  春場所  ○魁皇       白鵬(関脇)● 2006年 5月  夏場所  ○琴欧州  千代大海(大関)● 2006年 7月 名古屋場所○琴欧州     栃東(大関)● 2007年 1月  初場所  ○魁皇       栃東(大関)● 2007年 3月  春... [続きを読む]

受信: 2011.02.13 10:03

« 小沢さん、刑事告発されたようですが、、、 | トップページ | 今日は初午 »