« 東北、関東大震災 | トップページ | いまだ混迷の地震のその後 »

2011.03.15

原発問題、深刻です

原発問題、深刻です。
日に日に状況は厳しくなりました。
今では30キロまで屋内待機とか。
風向きによっては首都圏まで運ばれてきたようです。
今のところ、数値は健康に影響はないというのですが、、、
なんとか、これ以上の事態が起こらない事を願いながら、ニュースを見ています。

それにしても原子力施設の津波対策について、、、と言う記事を書いたのは昨年の3月です。
一年前です。
その時、以下のように書いています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
経済産業省原子力安全・保安院では今回、原発での津波への備えとして、各原発で野外作業を停止はするが、原子炉停止などは必要ないという見解です。
一度、原子炉を停止すると、
再開が大変だから、ちょっとやそっとでは停止は出来ないのでしょう。
だとすれば、
なおさら、
津波、大雨などの「水」の災害に対しての措置は必要ですね。

現実には、
5メートルの津波(引き波)によって、日本の原発の約8割にあたる43基の原発で、冷却水が海から取水できなくなり、
原発ごとに想定されている引き波でも、12原発が、取水不能になるうえ貯水槽もないのです。
(以前の記事より)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


こうして読むと今更ながらリスク管理はどうだったのか、、、と思います。

いずれにしても、この問題、これから真剣に取り組んでいくべき大きな問題であります。
また落ち着いたら改めて記事にします。

|

« 東北、関東大震災 | トップページ | いまだ混迷の地震のその後 »

コメント

http://www.inss.co.jp/seika/pdf/11/214.pdf騒ぎすぎらしいです。
でもこの事故なくても原発は減らしたいです。CO2削減より優先したいです。
というわけで火力発電がいいかなあと。(現状ではまし)

投稿: あゆ | 2011.03.15 20:53

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html
こちらは危険だという意見のほうです。

うちは危険でなくても環境面で否定的意見です。
CO2出してる方がましという意見。

投稿: あゆ | 2011.03.15 21:34

 観測史上最大の地震だった。1万人を超す死者は想定外の天災がもたらしたものなのかもしれない。その救助作業を朝刊のトップ記事の座から追い落としてしまう原発事故のほうはしかし、天災とばかりは言い切れない。
 原子炉は安全にストップした。原子力工学の粋を集めた技術力は発揮されたわけだ。電源が切れて、補助電源としてディーゼルエンジンが動いたのか、動かなかったのか、そこのところはあいまいにされたままなのだが、そのディーゼルエンジンを動かす燃料のタンクが崩壊しているという。そんなことって、ありかよ?
 報道現場は放射能汚染に関心が集中して、スターのような顔をして学者がしゃべっているが、ちょっと待てよ。原子炉を暴走させてしまった原因は原子力工学のトップレベルの技術ではない。それより100年古いレシプロエンジンの、それも燃料タンクの損傷事故だとしたら、原因は安全工学の対象分野だろう。
 ディーゼルエンジンの耐震性が問題だとは考えられない。だってバスだって電車だってブルドーザだって、ガタガタ揺れる車体のうえでディーゼルエンジンは動いている。技術的に問題がおきる分野ではない。燃料タンクにいたっては、地震被害地のなかに何万ものガソリンスタンドがあったはずだが、それが原因の火災はひとつもおきていない。燃料漏れ事故などは、おきてはいないのだ。
 原子炉がストップして、外部から電力供給されないときに動き出す自家発電装置は、ストップした原子炉の冷却ポンプの駆動が設置目的だった。起動時の環境としては、地震と津波が最初に想定されていたはずである。海岸に設置されているのだから耐水設計も当然で、その技術だって…たとえば海上自衛隊の潜水艦は、全部ディーゼルエンジンで水中100メートルの深海を、安全に航行している。日本の技術でカバーできないような環境ではないと思う。

 唯一考えられる原因は、かれらはそれを想定していなかったのだ。原子炉を安全に停止させるところまでは想像したのだが、停止した炉を冷却する行程の安全を想像した人はいなかったのだ。原子力工学の専門家は原子炉の停止までが責任限界で、そのあとは専門外だったのだろう。テレビでしゃべっている専門家も、しゃべらせている報道陣も、高級な原子力技術だけを話題にしていて、ありふれたレシプロエンジンや、燃料供給や、密閉装置については無関心だ。いまだに、だれもそこに気づいていないらしい。あるいは当面する放射能汚染に関心が集中していて、原因究明は後回しにされているのかもしれない。しかし、わたしの住む静岡では昨夜も中規模の地震があり、それでも平然と浜岡原発は運転されていたのだ。
 運転ストップと耐震性は証明されたのだ。予備電源の確保はクローズアップされていい話題だと思う。

投稿: 罵愚 | 2011.03.16 10:27

 「どうもちがう、なにか不自然だ。なにか隠しているような気がする」はじめに感じたのはテレビ番組の解説者として登場した学者とか専門家の肩書きの人たちの説明だった。歯切れが悪く、あらかじめ逃げ道が用意されていて、自信なさげで落ち着きがなかった。
 政府を代表する政治家と東京電力が別個に説明するのを聞いて、その印象は強まった。おなじ事象の説明は共通していながら、微妙にちがう。そもそも、なんで別個に説明する必要があるのか?そこに原子力保安院がでてきて、さらに印象は確信に変質した。「こいつらはグルだ」それぞれは最初に自分の責任を回避して、共通の利益を代弁して、その場を糊塗して、本当のことを知らせずに先送りしている。国民の安全は口先ばかりで、その眼中にはない。
 こいつらはグルだ。電力と呼ぶ独占市場があり、原発開発予算があり、それに群がって、しゃぶりつくしている。省庁と電力会社が中核にあり、大学や研究機関があり、保安院があり、いくつもの委員会があり、地方には都道府県・市町村レベルの行政と政治ゴロとボスがひしめき、それぞれの組織には労働組合があり、反核・平和団体をつくり、全部がグルになってエネルギー問題を理由にして原子力政策を食い物にしてきたのだ。
 この地震列島の海岸線に原発をつくり、核シェルターで過剰に保護しているから、津波がきても安全だといってきた。なんのことはない、原子炉だけは安全でも、非常電源は放置されていた。それで、専門家として給料をもらってきていたのだ。気づいていながら、気づかぬふりをしてきたのだろう。
 連日つづく震災報道をみながら、そこまで気づいて思い出した。これって、この構造って、年金問題とおなじだ。社保庁が年金を食いつぶしたのと、まったくおなじ構造で、こいつらは原子力政策を食いつぶしてしまったのだ。

投稿: 罵愚 | 2011.03.16 17:00

 結論として原発の耐震技術は完成していた。原子炉圧力容器を原子炉格納容器でおおって、安全に停止させるアイデアは正解だったことが証明された。停止後の冷却装置の不作動は安全工学分野のエンジニアリングの問題だったと思う。水中でも土中でも作動する予備電源は、技術的な課題ではなく、むしろ予算の制約があったのかもしれない。
 膨大な予算や利権に国益を放念した官僚や政治家や経済人が群がる、政官財の癒着構造だな。50年前のアメリカでは産軍癒着の軍産複合体との対決を開始したのが第二次大戦の英雄だったアイゼンハワーだった事実を想起する。軍を代表する人物がその危険に立ち向かった事実に、アメリカの民主主義の健全性を感じるのだ。日本の反権力、市民運動、平和運動、環境保護活動、原発反対運動の中核が政治的思想的シンパシーを感じている旧ソ連や共産党政権下の支那の状況とのコントラストのうえでアメリカの民主主義の健全性を感じるといいかえてもいい。
 日本の場合はさらに…政官財に加えて批判勢力としての左翼が利権の争奪戦に参戦したり利用されたりしている。反核運動は利権にとりこまれていたと思う。なぁなぁの関係にあった政官財+左翼の癒着構造は、戦後民主主義と呼んでもいい。メルトダウンの原因は原子力技術の稚拙ではなく、戦後民主主義と呼ぶ政治システムのの終宴だ。日本にはアイゼンハワーがいなかったのだ。

 完成した日本の技術はこのまま立ち枯れてしまうのか?それともどこか、よその国に移植されて、さらに発展するのか?いずれにしても、この国で生き残って、さらに発展する状況にはない。
 日本のエネルギー政策のなかに、原子力の選択肢は消えてしまったと思う。アメリカのメジャーの意向やら中東情勢やらロシアの影響やら、さらには支那の経済発展を配慮しながら、日本のエネルギーがいままでのような条件で供給されるとは思えない。かれらだって、その事情はよくわかっていて、人道的な配慮より経済的な分配に傾くのは、目に見えている。
 まさか、いまさら自然エネルギーなんてことを言い出すひともおるまいが…つまり、太陽光パネルの効率が飛躍的に向上して、それで新幹線やリニアが走り、余力で第二東名を走る自動車のガソリンが確保されるなんておとぎ話を信じる人はいないだろう。
 いずれにもせよ、目前の悲惨な状況にとらわれるあまり、重大な判断を誤ってはいけない。この国の来しかた、行くすえをじっくりと考えて、戦後民主主義と呼ぶ悪友とは縁を切るチャンスではなかろうか。

投稿: 罵愚 | 2011.03.17 06:17

あゆさん。
罵愚さん。
こんにちは。

私の方は大分、落ち着きましたが、テレビで伝わる情報を見ると胸が塞がれるようです。

あゆさん。
情報、ありがとうございます。
クリーンなエネルギーと言う謳い文句が白々しく感じる今日この頃です。
いずれにしてもこの問題、しっかりと見ていきたいですね。


罵愚さん。
貴重な情報とご意見ありがとうございます。
それから静岡も先週は大きな地震がありましたね。
その後は大丈夫ですか?
こちらは余震がかなりあります。

それにしても、
これを機にエネルギー問題、とことん考えていく事が大事ですね。
私も頂いたご意見など参考にまた書きますね。
では。

投稿: せとともこ | 2011.03.20 14:55

http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1303723.htm
こういうのありました。


やはり原発より火力のほうがましと思うんです。

投稿: あゆ | 2011.03.21 21:37

あゆさん
>やはり原発より火力のほうがましと思うんです。

 でもねぇ~ほとんどの日本人の記憶から消えていますが、炭鉱の落盤事故の悲惨は原発のそれとは二桁くらいちがっていましたよ。化石燃料の入手には、その供給の不安定と同時に中東問題への加害者としての責任や良心の痛みを覚悟しなければなりませんが、あなたにはその用意がありますか?
 さらにもうひとつ、地球環境への影響はどうしますか?

投稿: 罵愚 | 2011.03.23 09:58

瀬戸さんこんにちは。
僕たちが知り合ってから一番考えさせられる出来事が起こってしまいましたね。
いつも私の頭の中には理不尽と不条理があるのですが、考えてみると、不条理は何も今回だけではないのですよね。
小さな不条理を見過ごしすぎた気もします。
ただ子供たちには何の罪もないことを思うと悲しくなります。
儚い・・・・・とてもそう思います。

さて電気という見えないエネルギーで楽をしている自分・・・・・
パラドックスと覚悟について考えないとね。

子供の頃、夏休みに山奥のおばあちゃんの家で過ごした日々を思い出します。
日の出とともに起きて、井戸で水を汲み、野山を駆け回り、野菜や果物を収穫して、魚を捕って炭を熾して食べ、薪を割って火を熾して風呂を焚き、日が暮れると床に入る。
僕はそんな生活が大好きだったから、戻っても構わない、とても生き物としての人間らしい生活に・・・・・
青い空を眺めながら、西瓜の甘さを噛み締めながら、優しい風が頬をつたう幸せ。

いつも始まりは何かが終わってしまったあとに起こるものですよね。

投稿: mossarin | 2011.03.24 16:40

あゆさん。
罵愚さん。
mossarin さん。
こんにちは。
コメントを頂ながら、バタバタしていて落ち着かなく生活していたので、お返事が遅くなりごめんなさい。
この頃は地震よりも原発、それも水や大気の汚染が深刻な状況になっていますね、、、
私もアレコレやりながら合間にニュースを見ているのですが、なかなか正確な情報や冷静な判断を求められても、戸惑うばかりですね。

あゆさん。
情報、いつもありがとうございます。


罵愚さん。
静岡は余震はいかがですか?
こちらはガタガタと揺れています(;ω;)


mossarin さん。
お久しぶりです。
先にもコメント頂き、有り難うございました。
気にしていたのですが、目の前の雑事に追われて、お返事遅くなりました。
この頃、ようやく本が片づき畳が出てきたのです、、、ははは


さて、それにしても原発。
ここまで被害が広がるとは思いませんでした。
いつのまにか私たちも原子力の平和利用ということで、頼っていたエネルギーです。
スイッチをひねると電気がつく、ということに「当たり前」と思い、その危険性について次第に危機感が薄れていました。これは次世代への持続可能なエネルギー問題であるかどうか、、、
今、真剣に考える時ですね。
私もまた落ち着いたら考えてみますね。
そのときは、あなたの貴重なご意見、またお聞かせ下さいね。


では、奥様にもくれぐれも宜しくお伝え下さい。

投稿: せとともこ | 2011.03.25 16:06

落ち着くまで控えるつもりでしたがあと数カ月はかかるそうで、まてなくてうちもとうとう書きました。

緊急記者会見・・・4月1日付け http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-04-01

添加物http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-03-31-1

自分では・・ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-03-30

インプット・アウトプットの法則 11-04-04

投稿: あゆ | 2011.04.04 11:50

あゆさん。
こんにちは。
お元気でしょうか?
こちらは余震、よしん、、、、、余震です。
もう落ち着かない日々を過ごしています。
頂いたコメントにもお返事遅くなり、ごめん。

なかなか、返事がままならないのですが、
あゆさんからの情報は力になりますので、また色々お教え下さいね。


ではまたね。

投稿: せとともこ | 2011.04.12 11:43

お邪魔します。

東京電力福島第1原発から60キロ離れた福島市では、
原発事故から漏れ続ける放射性物質とともに、
子どもから大人まで一緒に、生活を続けています。

 福島県は3月末以来、
学校の再開と屋外での子どもの活動について、
基準を示すよう文部科学省に要求してきましたが、
これまで文部科学省からは回答なし。

 原子力安全委員会の委員は、
「子どもは年10ミリシーベルトで基準を作るべきだ」
と発言したら、
翌日に文部科学省に「個人的見解だった」と撤回させられました。
 どうやら、幼児・児童も含めて、
年20ミリシーベルトで基準が作られそうです。
 そうすると、土壌1キログラムから6000ベクレルの放射性セシウムが検出された小学校でも、普通に体育や運動会ができてしまいそうな状況で、不安を持つ保護者が困っています。

 いろんな人がいろんなことを言っているので、どれを参考にして良いか迷ってしまいますが、県のアドバイザーをしている長崎大学大学院の山下教授が『週刊朝日』の対談記事中でさりげなく「内部被曝のデータは、チェルノブイリ事故一回しかない」と行ってます。
 たった1回の、事故直後のデータが公開されてない事故から将来の健康被害を想定するのは、無理なんじゃないかと思いますが、県民人口3分の2(140万人)の避難という無茶な決断をするのでない限り、県民は放射性物質と付き合いながら生きていくことになりそうです。

投稿: 憂鬱亭 | 2011.04.16 17:42

憂鬱亭さん。
こんばんは。
コメントありがとうございます。

実は夫の伯父、叔父や伯母が浪江に住んでいます。
一時期行方不明で心配しましたが、避難所にいて連絡がとれました。
今は福島市内にいますが、避難所を転々とさせられて大変でした。
いつ帰る事ができるか皆目見当もつかない毎日で、
心労がたまっています。
70年以上、人生を浪江に築いてきたのに、
それが今、ばっさりときれて、一体何をしていいのか、、、と思案にくれていました。

日がたつにつれ、東電の杜撰さに腹がたつことばかりです。
また政府の対応も不誠実です。

私にできることは伯父や叔父、伯母の声をきくことしかできないのが今の現状です。
でも、、、、、
なんとか、なんとかと思っています。
憂鬱亭さんも「みんながつながっている」ことを信じて下さいね!!!
応援しています。

投稿: せとともこ | 2011.04.17 19:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/51126960

この記事へのトラックバック一覧です: 原発問題、深刻です:

» 福島第一原発事故、スリーマイル以上の「レベル6」 [逝きし世の面影]
福島原発事故、スリーマイル以上=深刻さは「レベル6」か―仏核安全局 時事通信 3月15日(火)5時41分配信  【パリ時事】仏核安全局(ASN)のラコスト局長は14日の記者会見で、東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発の事故の深刻さについて、史上最悪とされる旧ソ連...... [続きを読む]

受信: 2011.03.15 16:48

» 3・11同時多発事故「安全で無い」と自衛隊が敵前逃亡 [逝きし世の面影]
陸上自衛隊「中央特殊武器防護隊」のオフサイトセンターから退避を検討していることが14日分かった。 政府が、福島第1原発の事故対応にあたっているオフサイトセンター(緊急事態応急対策拠点施設)は、原発から約5キロ離れた福島県大熊町に設置されている。 『...... [続きを読む]

受信: 2011.03.17 08:56

» とにかく一刻も早く「核」を冷やせ 惨事を防げ 警視庁機動隊員の勇敢な放水作戦 [ブログ blog で 情報交換]
産経ニュースhttp://sankei.jp.msn.com/affairs/n [続きを読む]

受信: 2011.03.17 17:02

» 「原発の最悪事態も想定し万全の対応を」  日本経済新聞 [ブログ blog で 情報交換]
日本経済新聞http://www.nikkei.com/news/editori [続きを読む]

受信: 2011.03.17 19:08

» もしもの時の円買い?原発事故で史上最高値 [逝きし世の面影]
何とも不思議な動きが起こっています。 通常その国の通貨とは『国家の信用度、安心度』や『国力』と正比例していてアジア通貨危機の起こったタイのバーツ、ロシアのルーブル、リーマンショックではアイスランドやギリシャ・アイルランドが大暴落する。 それなら円は暴落...... [続きを読む]

受信: 2011.03.18 08:52

» 福島第一原発の3・11同時多発事故は複合人災 [逝きし世の面影]
『一番不安を煽っている政府と東電の流言飛語』 この様な時に一般市民の不必要な不安を煽る『流言飛語』は厳に慎まなければならない。 ところが日本で一番人気があり有名なプロ野球では先頭を切って『放射能汚染』の流言飛語を声高に言い募り『練習試合』を突然中止し...... [続きを読む]

受信: 2011.03.19 08:29

» 外部電源接続に祈るような思い  福島原発 [ブログ blog で 情報交換]
47NEWShttp://www.47news.jp/CN/201103/CN2 [続きを読む]

受信: 2011.03.19 11:30

» 「北海道への避難者受け入れ」があることが分りました!! [ブログ blog で 情報交換]
どうしんウェブ北海道新聞http://www.hokkaido-np.co.jp [続きを読む]

受信: 2011.03.19 13:43

» 「由らしむべし、知らしむべからず」の日本政府と不信が募る国際社会 [逝きし世の面影]
来日した厳しい表情の天野之弥事務局長とIAEA査察団の技術スタッフ IAEA事務局長『情報提供もっと早く、多く、正確に』 国際原子力機関(IAEA・本部ウィーン)は、『事態は非常に深刻』であるが、『日本からの迅速かつ詳細な情報が提供がされていない』の...... [続きを読む]

受信: 2011.03.20 09:28

» 温故知新 日本原発誕生を探る 原発の現状を掴み 未来を展望するために [ブログ blog で 情報交換]
勿論、今緊急の課題は福島第一原発危機を克服するために全力を尽くすことです。 しか [続きを読む]

受信: 2011.03.22 19:33

» 緊急!! 日本列島には今54基の原発がある。 また地震で原発危機が新たに起きないのか? 総点検と緊急政策が必要ではないのか。 [ブログ blog で 情報交換]
新増設計画の中止、地震の想定震源域の真上に位置する原発の停止、老朽化した原発の対 [続きを読む]

受信: 2011.03.29 21:22

« 東北、関東大震災 | トップページ | いまだ混迷の地震のその後 »