« ジュビロ磐田観戦記。かな??? | トップページ | ムジリ 初ゴール!!! »

2011.05.04

秦野周辺を観光しました

先日、友人夫婦と秦野戸川公園に行ってきました。
当日は曇りで風が強く、カメラ日和とは言い難かったのですが、
それでも戸川公園のシンボル「風のつり橋」はその名にふさわしくビュンビュン風の中、丹沢山麓を背景に凛とした表情で架かっていました。
5675062637_267196444a_m


公園ガイドによると、このつり橋の特徴は以下の通り。
=============
一般的な吊り橋の形式は、トラスやプレートガーター形式が多いですが当公園の立地条件が良いので、景観を重視した結果、箱型形式にしました。
・ 風に対しては、模型を使って風洞実験を行い、本四連絡橋と同程度の風(風速:毎秒80m)に対しても安全であるような構造となっています。
・ 橋の高欄において、しのび返しタイプを考え、事故防止に配慮を行いました。
・ 主塔のデザインをローマ風の石のイメージで考えました。(セラミック吹付化粧 御影石風)
=============
5675624350_e8a6c8b63b_m


つり橋をメインにして、庭やバーベキュ広場などの施設があります。

公園にはチューリップが咲いていましたが、見ごろは過ぎたか、、、という感じで、これからはツツジやサツキの季節になりそうです。
5675616672_342af736d0_m


5675078111_80e25a3406_m

また、ここにはとても珍しい野草「オキナグサ」が植えられていました。
名前の由来は白く長い綿毛がある果実のある集まりを老人の頭にたとえ、翁草(オキナグサ)というそうです。

5675630308_97f0d37514_m


5675629064_21c6fcee50_m

風にゆらいで綿毛がかわいく揺れていました。


その後、車で地震で出来たという震生湖に立ち寄りました。
5675080245_9eed38112d_m

=============
1923年9月1日の大正関東地震(関東大震災)の際にできた。地震動によって付近の丘陵が200mにわたって崩落し、市木沢(いちきさわ)最上部をせき止めたことから、その川筋と窪地が湖となったもの。流入河川・流出河川ともに存在せず、地下水脈で周囲の水系とつながっている。
(wikipediaより)
==============
とても珍しい成因の湖です。
湖畔には寺田寅彦さんの句碑がありました。
「山さけて成しける池や水すまし」。

5675647068_dde25a0569_m


秋には紅葉が美しいだろうと思いながら湖の周りを散策。
釣りをしている人がチラホラといました。
ここはヘラブナ釣りで休日は賑わうそうです。

関東周辺には、こうした静かで落ち着いたスポットがまだまだあるのだろうな、、、と思いながら、
とても楽しい一時を過ごしました。

|

« ジュビロ磐田観戦記。かな??? | トップページ | ムジリ 初ゴール!!! »

コメント

吊り橋効果で・・きゃ~~

投稿: あゆ | 2011.05.10 10:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/51573984

この記事へのトラックバック一覧です: 秦野周辺を観光しました:

« ジュビロ磐田観戦記。かな??? | トップページ | ムジリ 初ゴール!!! »