« 第13節 鹿島戦 | トップページ | 不信任案否決 »

2011.06.01

不信任案提出

ついに出ました、内閣不信任案。

かねてから提出すると言われていたので、この事実は驚きませんが、
出した後、どうなるのだろうか???

仮に可決されたら解散総選挙?
ウウウウム。


総辞職なら、誰が次にするのだろうか???
ウウウウム。


いずれにしても、先が見えないですね。
これと言うのも無能な菅さんが、ひたすら政権にしがみついていたからなのですが、
だからと言って、誰がしても同じであるような昨今の議員。
自民党や公明党だって原発問題の責任はあるのだから、それを棚にあげて総理を批判しても、
イザ、自分たちがやる段になったら、同じだろうな、、、、と思います。
民主党も小沢さんにかき混ぜられて、なんだかいつの間にか保身の議員ばかりになって。
ウウウウム。


本当に、この先、どうしたらいいのだろうか???
どうなるのか???

明日の結果をみながら、また書きたいと思います。
とりあえず、今日はここまで。

|

« 第13節 鹿島戦 | トップページ | 不信任案否決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/51827276

この記事へのトラックバック一覧です: 不信任案提出:

» 「津波高7メートルで100%炉心損傷」産経までが勝ち馬に? [逝きし世の面影]
『原発安全神話の崩壊』 目先が利くので他の観念右翼連中とは違い、アメリカの負け戦が明確なイラク侵攻でも『アメリカの無法な暴力で有る』とはっきりと批判している右翼の論客の西尾幹二は、今回の福島第一原発の爆発を見て、『脱原発こそ国家永続の道』と早速転向し...... [続きを読む]

受信: 2011.06.02 12:11

« 第13節 鹿島戦 | トップページ | 不信任案否決 »