« 原発はいらない、、、デモ行進は続きます。 | トップページ | コカリナで「アメージンググレイス」を♪ »

2011.06.15

イタリア国民、原発にノー

昨日のニュースでは、イタリアの国民投票が話題にのぼっていました。
原子力発電所を全廃したイタリアで12、13の両日実施された原発復活計画の是非を問う国民投票のことです。

イタリア内務省の最終集計によると、
在外投票者を含めた投票率は54・79%。
これは国民投票の成立要件となる50%を超えました。
原発復活に反対は有効投票総数の94・05%。
全有権者に対する比率は50・86%と言うことで絶対多数に達したということです。

これを受け、ベルルスコーニ首相は13日、敗北を認める声明を出し、国民投票の成立を「国の未来に関する決定に参加しようという市民の意思を示すもの」だと表明。
国民投票の結果を「政府と議会は全面的に受け入れる義務がある」と述べました。

この結果は日本にも少なからぬ影響を及ぼすものと思われます。

石原さんはこうした反原発の動きを「集団ヒステリー」とのべ、この発言が静かに物議をかもし、多方面から批判を浴びています。
「集団ヒステリー」。
ウウウウム。
連日伝えられる原発の被害の数々。
それは日々拡大し、収まることをしらないようです。
放射能の危険を訴え、今後このようなことが起きないために、
まずは原発を一から見直し、そのためには「今はとにかく動かさない」
そして代替エネルギーの開発をも視野にいれようと考えることが、願うことが「集団ヒステリー」なのだろうか???
ウウウウム。

個人的には今月そうそうの内閣不信任案騒動の方が「国会議員ヒステリー」のように思えるのだが、
はたしてどうだろうか???


いずれにしても、
見えない放射能に対して、
正確な情報と冷静な判断ができるまで、原発は前に進めるべきではないと考えるものです。

|

« 原発はいらない、、、デモ行進は続きます。 | トップページ | コカリナで「アメージンググレイス」を♪ »

コメント

ふとおもったこと。
(ちょぃ外れてます)
遺伝子組み換え推進する人は原発推進?
反対の人はどちらも反対?

投稿: あゆ | 2011.06.24 14:22

あゆさん。
ユニークなご意見、ありがとうございます。
さて、
遺伝仕組み換え推進派と原発推進派との相関はわかりませんが、
いずれにしても科学は万能ではないから、
これらの問題は慎重に慎重をきすることが大切なんでしょうね、、、

いちおう、反対の人はどちらにも反対している率は高そうですが。

投稿: せとともこ | 2011.06.24 16:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/51950846

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア国民、原発にノー:

« 原発はいらない、、、デモ行進は続きます。 | トップページ | コカリナで「アメージンググレイス」を♪ »