« もう7月も半ばですね、、、 | トップページ | セレッソ戦は審判との戦いでした。 »

2011.07.11

「プラハの旅」がもうそこに。

そろそろチェコに行く時期が近づいたので、今、準備でバタバタと慌ただしい毎日を過ごしています。
夫の会議についていく10日間たらずの旅です。
目的地はプラハ
ヨローッパの中でも屈指の美しさを誇る町です。
スメタナの「我が祖国」を聞きながら、プラハの本を読んでいます。
また「プラハの春」で有名なプラハです。
ずいぶん前にミラン・クンデラの「存在の耐えられない軽さ」を読んだのですが、
もう忘れてしまったので、もう一度本だなから探して読もうと思います。

クンデラも読もうと思いつつ、
それはそれとしてプラハの歴史を調べているのですが、
これがまた面白い。
中世のヨーロッパの歴史は各国、各地が入り乱れていて、受験生泣かせなのですが、
強制的な受験のそれから離れて、もう一度、読み直すと、
本当にワクワクするものがありますね、、、
過去の歴史が、そこここに息づいている、そんなプラハの町のアレコレをを調べながら、
思いはもうプラハに飛んでいます、、、
現地についたら、またブログで写真をアップできたらと考えています。

|

« もう7月も半ばですね、、、 | トップページ | セレッソ戦は審判との戦いでした。 »

コメント

人の振り見て我が振り直せ3 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-10-10
人の振り見て我が振り直せ2http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-05-03
人の振り見て我が振り直せhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-04-05

プラハの春というと悲しい歴史を連想してしまいます。

投稿: あゆ | 2011.07.12 21:34

あゆさん。
こんにちは。
バタバタしていてお返事おそくなりごめんね。
実は、コメントをいただいてすぐにあなたの記事、拝見しました。
なかなか辛い時代だったのですね、、、
胸がいっぱいになりました。

人は歴史から何を学ぶのでしょうか、、、

今、原発もいろいろと取りざたされていますが、
政治のアコレコレをみると被災者の声が届かないもどかしさを感じます。
大きな流れの中の本当に小さな願いを、どう守ればいいのか。
考えさせられます。


と、言うことで、明日からプラハ。
また時間があれば写真を掲載できればと思います。
では、、、またね♪
暑い夏。
お互いに頑張ろう。

投稿: せとともこ | 2011.07.15 13:56

せとさん。今晩は。
楽しく有意義なプラハ旅行でありますようにと祈っております。日本の平和と民主主義、経済、文化等を、ヨーロッパに居て、角度を変えて眺められ、真のグローバル社会づくりに大変力になることと思います。世界気候も変動の折、くれぐれも健康にはご留意ください。

投稿: hamham | 2011.07.15 19:38

hamham さん。
ご無沙汰しています。
お返事遅くなりごめんなさい。
プラハではネット環境が悪くて、なかなかお返事や更新もできず、失礼いたしました。


さて、
よかったですよ!!!
プラハは美しくまた歴史があり、
またおっしゃるように、民衆の力強いエネルギーがみなぎる町でした。
オバマさんのプラハ演説を思い出しながら、
その歴史的意義を思い、平和への願いを新たにしました、、、

hamham さんもお孫さんと、ぜひ行かれてくださいね。

ではまた。

投稿: せとともこ | 2011.07.31 12:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/52178110

この記事へのトラックバック一覧です: 「プラハの旅」がもうそこに。:

« もう7月も半ばですね、、、 | トップページ | セレッソ戦は審判との戦いでした。 »