« 雨の9月 | トップページ | 民主的学者排除リストというものが1954年にあったそうです、、、 »

2011.09.02

政策より主導権だったのでしょうか???

野田内閣の人事が正式に決まりました。
今日の人事よりも話題性があったのは、党幹事長に輿石さんがついたとこでした。
昨日の読売ネットニュースのタイトルは「小沢G議員「輿石幹事長はいやらしい人事だ」というものでした。
それによると、
小沢グループの議員が「ポストで無理を言うと、結局、輿石さんに迷惑がかかる。動きにくい」。元代表グループのメンバーはこう打ち明けた。別の中核議員は「『輿石幹事長』は、いやらしい人事だ。党運営に文句が言いにくい」と複雑な表情で語ったというのです、、、
ウウウム。
この記事を読みながら、「なんだかなぁ〜〜〜〜」とため息。
結局、この人たちは「好きか嫌いか。」で政治をやっているんでしょうか???

そう思いながら上脇さんのブログを読んでいたら、最後に以下のような締めの文がありました。
=============
(7)小沢グループも鳩山グループも、財界の歓迎する野田執行部に参加したということは、結局、民主党内のこれまでの対立が政策の問題ではなく主導権争いだったという私見の正しさを証明したことになるのではなかろうか。
(上脇さんのブログより)
==============

この間、上脇さんは弁護士として「政治とかね」の問題に深くメスをいれ、
小沢さん問題に言及してきていましたが、
結局、上脇さんが指摘されているように「主導権争い」に終始していただけなのでしょうか???


いずれにしても、
国民である私たちは「財界の代弁者であるかもしれない野田さん」の今後の政策に要注意。
とくに消費税や円高対策を「復興」の名の下に、
ドンドンと悪政で押し通されたら大変だと、思うばかりの私です、、、
目を離したら大変。

|

« 雨の9月 | トップページ | 民主的学者排除リストというものが1954年にあったそうです、、、 »

コメント

野田内閣になって、今の制度のままでの消費税率アップが一番の心配事です。

せとさんの記事を読んで、久しぶりに上脇さんのブログを訪問しました。
ますます充実していますね。

投稿: さつき | 2011.09.04 11:49

さつきさん。
こんにちは。
ご無沙汰していましたが、お元気のことと思います。
それにしても、台風、凄いですね。
御地はいかがでしょうか???
私の住んでいるところは今回の台風はあまり影響はなかったのですが、先の地震はまっただ中でした、、、
まだ余震が続く毎日です。

そんな不安な毎日のなか、
今回の内閣交代劇。
ウウウウウウムですね。

ミスター増税と言われる野田さんが、
何を国民に負わせるのか、、、
とても気になるところです。

今後もしっかりとみていきたいものですね。

なお、あなたのブログの「原発関係」のエントリー。
参考にさせていただいています。
この問題は、どのように考えていけばいいのか???
いまだ、不透明な情報の中でただただ迷子のように右往左往している私がいます。
この問題についても引き続き、いろいろ見て行こうとは思いますが、、、
ウウウウン。
です。

投稿: せとともこ | 2011.09.04 15:42

 ハトポッポはマザーコンプレックスの未熟児だった。空き缶はまっ赤っかのコミュニストだった。民主党政権下の2年間で、日本社会はドブ池になってしまった。そこで出てきたこのドジョウはドブの底に沈殿した国民の怨念とでも呼ぶようなヘドロを飲み込んで水面にでてきた。
 無性格、無方向、口から出まかせのなんでも有りの政権公約、それも意識的に確約を避ける無責任な放言。過去を探れば、いろんないいこともいっているが、それをつなぎ合わせると矛盾だらけだ。このドジョウは“こずるい”

投稿: 罵愚 | 2011.09.05 06:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/52629491

この記事へのトラックバック一覧です: 政策より主導権だったのでしょうか???:

» 特攻隊基地だった福島第一原発 日本無条件降服66週年 [逝きし世の面影]
『磐城飛行場跡記念碑』特攻隊基地跡の碑文 この地起伏少なき松山に、農家散在す。昭和15年4月国家の至上命令により突如、陸軍で飛行場建設決定、住民11戸移転直ちに着工す。当時、工法はトロッコにスコップで手積み、人力で押し逐次軌道延長整地す。作業人夫は請負業...... [続きを読む]

受信: 2011.09.03 11:25

« 雨の9月 | トップページ | 民主的学者排除リストというものが1954年にあったそうです、、、 »