« 高血圧です、、、 | トップページ | 被災地に行ってきました »

2011.10.11

常磐湯本温泉を訪ねて

連休にいわき方面に行ってきました。
常磐湯本温泉です。
前日に、ちょっと東北を元気づけてこようと思いたちました。
ネットで宿を探したら、ボランティア価格とかで、とても安い日本旅館が空いていました。
早速、申し込んで夫と、簡単な旅をしてきました。

訪れてみて、いろいろと実感する事がありました。
まず、
観光客が圧倒的に少ない。
本当に少ないのです。
連休だというのに、ガランガラン。
そして、町もシャッターがおりている店が沢山あって、
「さびれている」んですね。
地方の多くの町は、こうしたシャッター街になっているんでしょうが、
それでも東北は福島、いわきのシャッター街は、本当に悲しいものがありました、、、
町のあちこに「がんぱっぺ、東北」とか「福島」とかポスターが貼ってあるのですが、
そのポスターがさらに、物悲しく目に映ります。

ああああ、、、、
まだまだ、なんだなぁ。
と、感じました。

そんな思いを持ちながら旅館に入ると、
なかなか格式の高い、とても素敵な日本旅館でした。
江戸時代から400年も続いている伝統ある旅館です。
普通なら、すごく高いのでしょうが、
ボランティア価格とかで、とても安く宿泊でしたのですが、
それでも、エレベーターは止まっているし、朝風呂はなし。
旅館の浴衣はなくて、パジャマも自前です。
客はいるんだろうか???
と、心配していたのですが、
が、旅館は案に相違して、かなりいっぱいなのです。
実は、その多くは原発の作業の方々だと言う事で納得。

ここは原発の本当に近くなんだな、、、と改めて思いました。

まだまだ復興は先です。


さて。
話は変わって、温泉の質はすごく良かったです。
柔らかでやさしい温泉が湧いていて、
本当ならここは観光地として、今の時期は賑わっていたんだろうな、、、と思いながら温泉を楽しみました。
近所にはハワイアンズがあって、フラガールが復帰したとニュースで言っていましたが、
少しでも多くの観光客が足を運んでくれたらと願っています。

私は何も出来ないのですが、
こうして被災地を訪れる事も復興の手助けかと思い、
これからも、東北には機会があれば出かけて行きたいと思いました。

|

« 高血圧です、、、 | トップページ | 被災地に行ってきました »

コメント

 友人が湯本温泉の近くに住んでて、一度遊びに行ったことがあります。
 友人一家は、職場は津波で流されちゃったそうですが、家族はみんな無事だったそうです。

 いわきって海も綺麗で、いいところだったんだけどな。
 はやく元の平穏な暮らしが戻るといいんですけどね。

投稿: さいと~ | 2011.10.19 12:02

さいと〜さん。
おはようございます。
夫は福島出身で、しかも義母は浪江出身。
親戚の方が沢山、住んでいましたが、今はみなさん、福島や山形に避難されました。
一人の伯父は、しばらく行方不明でみんな心配したのですが、無事避難所にいたことが3週間後にわかり、家族が迎えに行ったのです。
避難所をたらい回しのようにアッチコッチと移らされたうえに、高齢で家族の連絡先が思い出せなかったことが原因でした。
今は息子さんのところにいますが、精神的にはかなりまいっているようです。
原発はいよいよ混迷を深め、今後の先行きがみえません。
私も何かできることはと思いながらもどかしい毎日を送っています、、、

これからどうなるのか???

投稿: せとともこ | 2011.10.20 09:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/52965073

この記事へのトラックバック一覧です: 常磐湯本温泉を訪ねて:

» 鉢呂大臣「死の町」辞任劇、アメリカンドリームがナイトメア(悪夢)に変る時 [逝きし世の面影]
『ドルvsユーロの通貨戦争』 今ドルとユーロの両方が崩壊寸前で、強欲資本主義のカタルシスが目前に迫っている。 国家をバックにしているから『通貨』は信用を得ているのですが、この原則に反する無国籍な国際人造通貨『ユーロ』は、そもそも米国が弱体化してドル一...... [続きを読む]

受信: 2011.10.15 09:26

» 無制限の規制緩和ミルトン・フリードマン「医師免許制度は必要ない」 [逝きし世の面影]
『悪魔の碾き臼「新自由主義」の甘い罠』 ユーロやドルの金融全般の危機的状況を引き起こした張本人、米国ニューヨーク出身1976年のノーベル経済学賞受賞者ミルトン・フリードマン(1912年〜2006年)は、無制限の競争(弱肉強食、強者必勝弱者必負)の市場原理を『...... [続きを読む]

受信: 2011.10.18 12:35

» 内田樹「なぜ日本の若者は怒らないのか」の嘘とまこと [逝きし世の面影]
ネット世界では超メジャーな元ミッションスクール教授が書いている個人ブログ「内田樹の研究室」の最新エントリー『格差と若者の非活動性について』と題して内田樹氏は、 『なぜ日本の若者は怒らないのかを問うアンケートへの答えを考えたら長文になってしまった。アン...... [続きを読む]

受信: 2011.10.24 10:22

« 高血圧です、、、 | トップページ | 被災地に行ってきました »