« 自民党と変わらないことが明らかになった施政演説 | トップページ | 大阪は一体、どこへ行くのだろう? »

2012.01.28

ALWAYS三丁目の夕日’64を観てきました

ALWAYS三丁目の夕日’64を夫と観てきました。
これはシリーズの三作目です。
と、言う事で映画に先立ちテレビで二週にわたり、第一、第二と放映されていて、
私は前作2つともしっかりと観て、復習もとい予習していたので、すぐに映画に引き込まれていきました。

全作3つに共通の感想は、なつかしいですね〜〜〜
ミゼットとか、ナショナルとか、駄菓子屋とか、豆腐やさんとか、
タバコ屋とか、とかとか、、、
本当に懐かしい情景が繰り広げられ、
極めつけは「東京オリンピック」。
東洋の魔女なんて、ただただ懐かしいばかりでした、、、

大人になってあの頃を思い出す、いわゆる昭和レトロなら
たとえばクレヨンしんちゃん 大人帝国の逆襲なんて名作なんかもあって、
幼い日の幼い思い出を呼び起こす作品は、やはり多くの人に受け入れられるようです。

さて、ではそれは何か?
なぜ、あの頃の映画がこんなにも懐かしいのかと言うと、
それはエネルギーのような気がします。
戦後まもない焼け野原からの復興は、生きる事そのものへの力強い執着であり肯定であった時代。
そんな時代を生き抜いている人々の様が、
懐かしく、羨ましく、憧れであるように思います。
夫婦愛、親子愛、男女の愛、そして隣人への愛、もろもろの愛が、
時には喧嘩となったり、時にはおせっかいとなったり、
時には裏目に出たり、
そんな情景の一つひとつが、
エネルギーとして観ている私たちにズバリと伝わってくるのでしょうか?

三丁目の夕日は、
言ってみれば「おきまり」で安心して観られる映画です。
男はつらいよ!のトラさん映画を観ている心理と共通のものがあります。
その安心が、私たちには必要であり拠り所でもあると、感じました。
見終わって、さて、何が印象に残ったか?と夫に尋ねれば、
「ろくちゃんの結婚」と言い、
私はと言えば「淳之介と龍之介の親子愛」と答え、
その後、二人の会話は、それぞれの場面、ばめんへと移るのです。
そして気がついた事は、
この映画はパッチワークのようなエピソードから出来上がる全体が「テーマ」であることです。
勿論、テーマは「昭和を生き抜いたエネルギー」ではないでしょうか?

この見えにくい時代を生きている私たちには、
東京タワーの下のどこかで、大きな声をあげてエールを送っている
あの時代の人々のことを感じながら生きていくことも大切なのでは、、、と感じています。

|

« 自民党と変わらないことが明らかになった施政演説 | トップページ | 大阪は一体、どこへ行くのだろう? »

コメント

 でもねぇ先生、あの人たちは…ここでいう“あの人たち”とは、わたし自身でもあるのですが、あの人たちはホントーにしあわせだったのでしょうか? 意思も能力も無視されて、出稼ぎとか就職列車とか、都会にひっぱり出されて、無理やり社会の歯車として組み込まれてしまった高度成長経済のなかの社会生活とは、そのひと昔まえの軍国主義の時代と構造的には大差ないとも言えました。
 希望しても就職先もないいまの若者からみれば、緊張感のある生き生きとした時代への郷愁は、一歩まちがえば危険でもある。衣食足りた飽食の時代にある現在は、もうすこしちがう理想があってもいいのではないのでしょうか。多様性の時代というか、個性の認められた社会というか、小学校の休み時間のように、サッカーをやりたい人はサッカーをやり、トランプをやる人もいて、陽だまりでダベる子や砂場で造形芸術のハマる子がいる…多様な社会が理想ではなかったでしょうか?
 働きたい人がはたらいても、その労働の概念が地下街でギターを弾いたり、描いた絵を公園で売るのも勤労や労働の概念に含まれてしまう社会。あるいは意欲のある人がはたらき、必要に応じて分配されるというコミュニズムの理想が消えてしまったわけではないと思いませんか?

投稿: 罵愚 | 2012.01.29 08:20

見てないので少し気になります。

投稿: あゆ | 2012.02.12 14:54

罵愚さん。
あゆさん。
こんにちは。
コメントありがとうございました。
この間、個人的に本当に忙しくて、なかなか記事も書けず、お返事も遅くなりました。
いろいろと哀しい事実もありました。
この歳になると、人の死に出会う事が多くなりますねぇ。
お二人もお体はお大切にして下さいね、、、

さて、
罵愚さん。
そうですね、、、
頂いたコメント拝見しながら、どのようにお返事していいのか、、、考えさせられました。ありがとう。
いろんな情景が目に浮かび涙が出ます。
標榜するものはあるのですが、
もどかしい思いばかりです、、、


あゆさん。
是非お時間があったらご覧下さいね。

投稿: せとともこ | 2012.02.16 11:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/53845783

この記事へのトラックバック一覧です: ALWAYS三丁目の夕日’64を観てきました:

» 映画「ALWAYS 三丁目の夕日’64」上を向いて歩こう [soramove]
「ALWAYS 三丁目の夕日’64」★★★★☆ 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、 三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、 マギー、温水洋一、神戸浩、飯田基祐、 森山未來、大森南朋、高畑淳子出演 山崎貴 監督、 142分、2012年1月21日公開 日本,東宝/ 2012 「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会 (原題:ALWAYS 三丁目の夕日 ) <リンク: [続きを読む]

受信: 2012.02.16 07:37

« 自民党と変わらないことが明らかになった施政演説 | トップページ | 大阪は一体、どこへ行くのだろう? »