« 明けましてお目出度うございます | トップページ | 消費税、どうなるのだろう? »

2012.01.07

七草粥を食べました

今日は七草。
朝は七草粥を作って食べました。
この頃はスーパーで「七草がゆセット」なんかが売っているので、この風習も随分と身近になった気がします。
さらに、
ネットの料理サイトでいろんなレシピを参考にすると
いつもの「粥」ではなく、ちょっと違った味が楽しめたりします。七草の形態も時代とともに様代わりしてきたということか、、、
私は、今回はコンソメ味にして、
七草とさいの目に切ったお餅と、シーチキンの缶詰をいれて、煮込みました。
なかなか洒落た味に出来上がり、
家族からも好評を得、ちょっと嬉しくなりました♪

さてさて、この春の七草を食べるという習慣は鎌倉時代からだそうです。
万葉集には、春の七草をうたった歌はなく、
平安時代の七種(ななくさ)粥は七種の穀類など(米、粟(あわ)、黍(きび)、稗(ひえ)、篁子(みの=水田に生える野草の実)、小豆、胡麻)で炊かれ、正月15日(小正月)に食べたそうです。

なお、春の七草の名前の由来は次の通り。

芹(せり) 一つのところで競り合って生えるので「せり」
薺(なずな) ぺんぺん草ともいう 
     果実の形が三角形で三味線の撥に似ており
     又、茎を口にくわえて引張って弾くとペンペンと音がする

繁縷(はこべら) 茎が長く連なって箆(へら)のように繁殖する

御形(ごぎょう) 母子草ともいう。茎の端に小さな頭花が球状に集まって

        咲くので子が母にまつわりつく様子を例えた。 

        御形は人形のこと。餅に入れ母子餅と称し
        後に蓬(よもぎ)に変わり現在の草餅となる
仏の座(ほとけのざ) 田平子(たびらこ)ともいい仏の座布団(蓮華)のような
          形をしている

菘(すずな) 蕪 根が球の形をしているので「かぶ」という かぶは頭のこと
清白(すずしろ) 大根 菘の代わり(菘代)ともいう 

こうして、野菜を食べる事で冬の滋養を保っていたのですね。


それにしても、正月ももう7日。
早いものです〜〜〜

|

« 明けましてお目出度うございます | トップページ | 消費税、どうなるのだろう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/53677885

この記事へのトラックバック一覧です: 七草粥を食べました:

« 明けましてお目出度うございます | トップページ | 消費税、どうなるのだろう? »