« 佐渡に行ってきました | トップページ | 大河ドラマ 平清盛 »

2012.04.27

小沢さん、無罪。いよいよ証人喚問に応じてください!!!

小沢さん、無罪になりましたね、、、

判決は無罪だったのですが、大善裁判長は「限りなくクロに近い灰色で、今回は証拠不十分」的な言い回しでの無罪でした。
実にわかりにくい判決趣旨でした〜〜〜
これについては上脇さんが詳しく解説して下さっています。
最大の争点となった元秘書との共謀について、
土地購入代金の計上を翌年にずらすことの「報告を受けていない」とした小沢被告の供述は信用できないと言い、石川知裕衆院議員から報告を受け、了承したと認定しました。そして石川議員や池田光智元秘書が、小沢被告の了承を受けた上で虚偽記載したことを認めました。

また、例の4億円についてもこれを担保に銀行から融資を受けることも、説明を受けて了承していたとし、提供した4億円を簿外で処理することも、「小沢被告の意向に沿うものだったと考えられる」と判断。
検察官役の指定弁護士側の主張に沿った事実認定をした上で、
土地取得が05年分の収支報告書に記載されることは適法と考えた可能性があるなどとして、虚偽記載の故意や、元秘書との共謀について、立証が十分でないと結論付け、無罪としました。

報道によれば、小沢被告の法廷での供述については、「変遷や不自然な点が認められ、信用できない」と指摘。「秘書まかせ」との釈明について、「政治資金規正法の精神に照らして、芳しいことではない」とも批判。

争点の一つだった強制起訴議決の有効性については、適法と判断。その上で、「事実に反する捜査報告書を作成し、検察審査会の判断を誤らせるようなことは決して許されない」と述べ、見立てに沿った捜査が問題の背景にあったと指摘。検察当局で十分に調査し、対応すべきだと述べました。

法律用語が多くて一度読んだだけではともて分かりにくいのですが、
いずれにしても小沢さんは「無罪」になりました。
これは検察の取り調べの可視化など多くの課題を残した裁判として、これから相当入念に「裁判、検察の取り調べ」などの見直しをしていくべき問題だと思います。
また政治資金改正法の見直しなども検討課題として残っています。
これについても、またいろいろと考えていきたいです。

と、言うことで、これからいよいよ「証人喚問」に応じて、私たち国民にしっかりと説明して下さい。
私はずっと裁判が終わるのを待っていたのです。
なにしろ「裁判中だから国会には出られない」というのが理由だったのだから、、、
小沢さんが今後、どのような政治的立場で政治に関わるのかは「ともかくとして」、
まずは「政治とカネ」について国会の場でキッチリと説明する責任があるのではと、私は考えます。
今後の小沢さんの動きにさらにさらに注目です!!!

|

« 佐渡に行ってきました | トップページ | 大河ドラマ 平清盛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/54571915

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢さん、無罪。いよいよ証人喚問に応じてください!!!:

» 小沢一郎を無罪放免にした戦後民主主義 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
 心証は100% 真っ黒、物証がないから無罪、ということか? ほんらい、こういうときには選挙で落選とか、リコールされるのが健全な民主主義のシステムなんだが、それも期待できない。戦後民主主義は行き詰ってしまったのだろう。  国会の傍聴席から身を乗り出して、マシンガンを乱射したいような誘惑は、2.26の予兆なんだろうか? ... [続きを読む]

受信: 2012.04.28 05:31

» 日本独立(単独講和)60周年 [逝きし世の面影]
『60年前の独立記念日』 国家も国民も、誰も祝うものが無い(誰もが忘れて仕舞いたい国辱的痛恨事の)不思議な独立記念日が今年もやって来た。 60年前の1952年4月28日。 この日、サンフランシスコ講和条約(付属の裏条約としての日米安保条約)が発効し、米...... [続きを読む]

受信: 2012.04.29 09:58

« 佐渡に行ってきました | トップページ | 大河ドラマ 平清盛 »