« 読書感想などツラツラと | トップページ | 「純と愛」を観ながら「これでいいのか?NHK」と思うこの頃 »

2013.01.14

体罰は教育ではないと考えます

ブログ仲間のお玉さんから体罰とポッティーの不祥事と言うエントリーをトラックバック頂きました。
早速、お玉さんの記事を拝見。
坊ちゃんの貴重な経験と、体罰問題について考察。
いつもながら、ケレンミなくサクサクと纏まっていて、実に読みやすく、今の問題が浮き彫りにされています。

また、いつもユニークで鋭い視点で記事を書いているあゆさんからもトラックバックを頂き、記事を読ませて頂きました。
ウウウム。
干渉というか、指導と言うか、
行き過ぎた「もの」への恐怖がジンワリと胸に這い上がってきました、、、

と、言う事で私もこの問題、気にしていたので、簡単に意見を書きます。

まず私の意見は「体罰は反対」
です。
体罰は教育ではないと、私は考えるからです。
教育は最終的には受ける側が「自分で考え、処理できる力を得る事」だと思うのです。
ゆっくり、じっくり生徒(教育を受ける側)と向き合い、相手のペースに合わせ、
相手が自発的にできるようになるまで「待つ」。
と、言うのが理想ですが、
現実には限られた時間で「こなさなければならない」ので、もどかしく思いながら、先に進まざるをえない現状でしょうが、、、
だがしかし、
体罰でバンバンと教える事は萎縮以外のなにものでもないと私は思います。

勿論、これは指導者・個人の問題ではなく、
その背景、つまり「勝ってなんぼ」の精神が渦巻いているであろう競技の世界のあり方なども、原因の一つだと思います。
指導者も指導者で「勝つこと」へのプレッシャーが大いに関わっていた事だろうと思います。
いつも言われて来た事ですが「競技」のあり方についてさらに考察して行く必要はあるでしょうね。
またスポーツなどの競技以外でも偏差値で輪切りにしていく現教育のあり方なども同時に考えて行きたいです。
いずれにしても、
大切な問題ゆえ、丁寧に見て行きたいです。

さて、件の高校のバスケット部顧問。
かなりの実力者として知られている人物のようです。
熱血教師ということでしょうか、、、
口より先に手が出るタイプだったのでしょうか???
確かに力で押さえ込めば手っ取り早く問題が解決するかもしれませんが、
それは一時的なものであるし、生徒はすぐに忘れてその技(?)をポロポロと手元から零していたのでしょね。
体罰を受けた本人が真から理解していることではないからすぐに剥がれる。
だからまた「体罰する」。
「こんなことも分からないのか、なんど言ったらわかるんだ、、、」と。
生徒は多分、頭が真っ白になり、ひたすらその時間が過ぎる事を祈るばかりで、
指導者の真の伝えたい事は二の次になったのだろうと思います。
そして、悪循環は繰り返される。
「強くなるためには」と言う免罪符のもと、いつのまにか、「強くなるためなら何をしてもいい」にすり替わる危険さえはらみながら。
納得して、理解して、それを体現できたのなら、指導者は自分のイメージ通りの部活運営がなされていて、再び、体罰する必要は無い筈なのに、、、
現実にはこの指導者は日常的、恒常的に体罰を繰り返していた、、、と言います。
それも20回も30回も。
つまり、
全然、子どもたちは理解していなかったのでしょうか?
子どもたちは恐怖で絡めとられていただけで、
心の底から教師の目指す「理想」を理解していなかったのでは、、と思うのですが。
いかがでしょうか???。
分かる事、伝える事が真の目的ならピンタ、ビンタをバンバンする必要はないだろうに。
実際はしていたと言う事は、教師も精神的に追い込まれていたのかもしれませんね、、、
そして、そこにはすでに教育的配慮はかなぐり捨てられていたのでは、と思います。

最悪の事態を招いた今、本当に胸が痛くなります。
先にも書いたように、
個人の問題とするにはあまりに大きな問題となり、
真剣に「指導するとは何か」と向き合う時期が来ていると考えます。


力、それも一方的な力は相手への威嚇であり、
自ら、考える事を奪うものであると、強く思います。

教育は待つ事である。

私は今でもそれが、本来の姿でなければならないと考えています。


===================
{原文}「攻人之悪、勿太厳、要思其堪受
     教人以善、勿過高、当使其可従」
                                  
{意味} 「人の悪を責めるは甚厳でなく、堪えられる限度を勘案せよ、
     人に教える時は難しくなく、手の届く目標の範囲に収めよ」

菜根譚23より

|

« 読書感想などツラツラと | トップページ | 「純と愛」を観ながら「これでいいのか?NHK」と思うこの頃 »

コメント

まあどんな状況でも絶対ダメとは言いませんがやはり問題のような?

「以前異論はあるでしょうがルールはルールです。」と言った方が・・・。
だから違反者は解雇もありとか??

その人(言った人)どうしてるんでしょう?おとなしいですねえ。

体罰は法律違反らしいですよ。
その人こういう時そそ「ルール守れ!」と騒がないんでしょうか?

規範意識求める声が強いんやら弱いんやらよくわかんないです。


始業時間は「守りましょう!」とよく言われますが
蛇足ですが日本は時間にルーズな社会だそうですよ。
終業時間守らないです。就業制限時間守らないです。
((;一_一))

あ~~うちも日記に書いてます。

投稿: あゆ | 2013.01.14 22:41

取り上げて頂いて恐縮です〜
体罰を経験した上で容認している人たちはいわば「勝ち組」なんだとその裏にいる苦しんだ人たちのことをちっとも分かってないと・・どなたか、コメントしてましたが、本当にその通り!!

投稿: お玉 | 2013.01.15 12:53

あゆさん。
こんにちは。
コメント、ならびにトラックバックありがとうございます。

大阪の橋下さんやヤンキー義家さんが謝罪しているようですが、なんだかソワソワと落ち着かない私です。
彼らの今までの発言の数々から来るギャップがそうさでるのでしょうが。
それはそれとして、
潔く謝罪している姿、そのものは是と感じています。

規範意識、そのものも、曖昧な概念だから、
時、場所、場合で使い分けているのでしょうかね???
ウウウム。
この問題、いろんな事と総合的、複合的に考えて行かなければなりませんね。
また貴重なご意見お聞かせ下さいね。

投稿: せとともこ | 2013.01.15 16:34

お玉さん。
勝手にエントリーにあげさせて頂いて、こちらこそ恐縮です。
トラックバックをお送りしたのですが、どうも相性が悪くて送れずに失礼しました。

さて、ポッティ君。
彼のことだから、感性豊かにそして思慮深く行動なさっているだろうな、と想像に難くありません。
これからが楽しみですね(o^-^o)

それにしても、
この問題、これから自民党が目指す「愛国心」教育とも絡まり、教育の現場に大きな影響を与えるだろうと考えます。
今後の動きに敏感に接していかなればと思います。


さて、それはそれとして。
内田さんのお話。
いいな、、、
羨ましい。
いいいな〜〜〜
と、思いながら記事、拝見しています。
またいろいろとお教え下さいね。
では、ポッティ君や、妹さんもお元気にこの冬を乗り切られる事をお祈りしながら、、、

投稿: せとともこ | 2013.01.15 16:40

とりあげていただきありがとうございます。うちは基本的に体罰は反対です。
日記にあるように、他の生徒に重大な危害が及ぶとか緊急事態に限り限度内でという感じです。
(法にもあります)

あとなんかいじめと似てるんですよね。
体罰・いじめという犯罪はないですが暴行罪はあります。
暴行しても教育とかいじめと名前つけると・・・?


なんか「正義」いい、いじめ・道徳右翼・宗教右翼・愛国心強制の人と同じ匂いがしちゃいます。

いずれも規律強調・他者に自己犠牲強要・個性はわがまま・自由は規律乱す・画一的にし、強制したがるとか。


● 生徒に対する体罰禁止に関する教師の心得 昭和24年8月2日 法務府発表http://kohoken.s5.pf-x.net/cgi-bin/folio.cgi?index=sch&query=/notice/19490801.txt

投稿: あゆ | 2013.01.15 23:36

あゆさん。
今日は♪

コメントありがとうございます。
本当に仰るように、根底にあるものは「同じ」だと思います。
「自分の正義をふりかざす」
「自分の思うように人を動かす」
そして、それから外れると、力で制裁していく、、、
ウウウム。
怖い事です。

右傾化がジワリジワリと浸食していくような、なんとも気味の悪さを感じますね、、、

お互いに支え合って、また意見交換して行きましょうね♬

投稿: せとともこ | 2013.01.17 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/56538845

この記事へのトラックバック一覧です: 体罰は教育ではないと考えます:

» 逆らえない空気 [life---生まれてきて良かったと感じられる社会に]
今日10日の新聞にでてました。 バスケ部で顧問の体罰で生徒が自殺したと言われる事件です。 報道では 逆らえない空気 規律重視 などが出ていました。 とても悲しいです。 亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。 当事者のプライバシーもあるし事情も知らないので 以下はうちの頭の中で描いたフクションです。... [続きを読む]

受信: 2013.01.14 22:43

» 空気に流されないでね [life---生まれてきて良かったと感じられる社会に]
    life---生まれてきて良かったと感じられる社会に     一人一人を大切にして見捨てない社会に。みんなが自分らしく生きれますように♪ 2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27 2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28 2009年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.n... [続きを読む]

受信: 2013.01.14 22:49

» ルールはルールだと誰かさんが [life---生まれてきて良かったと感じられる社会に]
世の中某政治家や某世論は「ルール守れ!」と厳しい批判や非難が・・・。 生活保護バッシングとかやたらパッシングが目立ちますねえ・・。 なんか怖いよぉ~~ [続きを読む]

受信: 2013.01.14 22:52

» 橋下市長の入試取りやめ発言について [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
意見が別れる問題だと思う。 お玉は第一報で今年の体育科の募集取りやめを ちょっとやり過ぎちゃう?とおもった・・けれど。 桜宮高、体育科など2学科募集中止を…橋下市長 テレビのインタビューでこ...... [続きを読む]

受信: 2013.01.16 17:23

« 読書感想などツラツラと | トップページ | 「純と愛」を観ながら「これでいいのか?NHK」と思うこの頃 »