« 七草かゆ | トップページ | 体罰は教育ではないと考えます »

2013.01.11

読書感想などツラツラと

読書感想も読んだらすぐに書かなければと思いながら、なかなか書く時間がなくて、後回し。
そのうち、話の内容を忘れ、
それならまだいいのですが、どの本を読んだかさえ忘れ、、、
と、言うなんとも哀しい思いに浸っているこの頃です。
本気で思い出しているのですが、
マジで何、読んだっけ???

昨年の秋はかなりミステリーを読んでいたはずですが。
ウウウム。

と、言う事で、あまり時間を遡っても思い出しそうにないので、
思い出す所から。

まず、
逆回りのお散歩を昨年の暮れに読みました。
これは「となり町戦争」を書いた三崎亜記さんの最新の作品。
「逆回りのお散歩」は「となり町戦争」の続編のような感じです。
軽いタッチとユニークな設定で、いつのまにか、読者を本の中に滑り込ませる手法は見事です。
表紙の写真は齋藤さだむさんによるもの。
齋藤さんは昨年の震災後、詩人の若松丈太郎さんとアーサービーナドさんがa href="http://www.amazon.co.jp/%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%81%AE%E3%81%82%E3%81%8B%E3%81%97-%E8%8B%A5%E6%9D%BE-%E4%B8%88%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/486029372X">「人のあかし」と言う詩集を出版したのですが、その時の写真を撮られた方です。
カメラを通して真実を語る迫力ある写真が数々載っています。
その齋藤さんが、今回は三崎の本の表紙の装丁。
アンダーな仕上げで陰鬱な町の表情から、その裏にある驚くような人々の思いが伺えるような力ある写真です。

さて、内容はと言えば。
湾岸戦争の時、テレビに映し出される映像をまるでゲームのように見ながら、これは危険。
戦争であること、つまり人を殺すことが合法的に許されて行くことの非を無感覚に受け入れてしまうことへの
言葉に表すことができない恐怖を思い出しました、、、
戦争への実感がない、
しかし、確かにどこかで起きている戦争への警告。
三崎さんは、それを「となり町戦争」や「逆回りのお散歩」で、
静かに語ります。
静か故に、それは、なかなかの迫力です。

まだ、読まれていない方は是非、読んでみて下さい。
すぐに読めます!!!

さて、
今年は早々から風邪をひいているので、人ごみに出るのは嫌なゆえ、
本棚にある本をなんとなく出して来て読んでいます。

随分、昔の本で「時間砲計画」豊田有恒
当時としたら最新の科学的知識をいっぱい盛り込んだのだろうと思います。
まるでアニメを見ているような展開が軽妙で、面白く読めました。

「クドリャフカの順番」。米沢穂信。
米沢ファンの私は楽しく読めました。

それから、
エラリークィンや京極やらを、ツラツラと。

この本がお薦めとか、ありましたら、
またお教え下さい。

|

« 七草かゆ | トップページ | 体罰は教育ではないと考えます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/56516903

この記事へのトラックバック一覧です: 読書感想などツラツラと:

» 体罰とポッティーの不祥事 [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
うちの息子ポッティーは、先日、学校始まって以来の不祥事をやらかし、担任の先生と担当教員に非常に厳しい叱責を受けました・・その直後家にかかってきた息子の電話の様子から、それがただ事でないことは...... [続きを読む]

受信: 2013.01.13 08:13

» 福島全域と宮城の一部で既存の患者統計を行わない日本政府 [逝きし世の面影]
『福島県警警察官、急性白血病で死亡』 2013年1月11日、年明け初回の反原発・官邸前抗議行動(首都圏反原発連合)が行なわれた。 11日午後6時からは文部科学省前で『ふくしま集団疎開裁判』弁護団らによる集会が開かれたが、驚愕の最新のニュースが報告され...... [続きを読む]

受信: 2013.01.14 11:16

« 七草かゆ | トップページ | 体罰は教育ではないと考えます »