« 体罰肯定派の主張を中心に考えてみたのだが、、、 | トップページ | アルジェリア人質問題、心配です »

2013.01.17

あれから18年

早いものでもう18年。
阪神淡路大震災からもう18年が経ったのですね、、、
亡くなられた方に心からの哀悼をしめします。
また被災され、怪我をなさった方や家を失われた方々の事も考え、深く頭を下げているものです、、、


さて、震災後、仮設住宅や復興住宅での孤独死が1000人を超えたと言うニュースを読むと、やはり辛いですね、、、
助かった命であったのに。
悔しいです。
哀しいですねぇ。
それにしても、
被災された方に自力での再建を押し付けたと言う事で「棄民政策」とまで呼ばれた国や自治体のあり方が今一度問われますね、、、、

私は先の東日本大震災には被災しました。
あの時のことを思うと震えます。
今も地震は度々起き、この頃は「悪なれ」しました。
あっ、また揺れている。
と、言う感じなのです。
昨年の暮れに大きな揺れが久々に来たときは、
凄く慌てて、ウロウロと家の中を歩き回るだけで、何も出来ませんでした。
地震後、まさかのために備えをしなきゃ、と思った筈なのに。
忘れるものですねぇ。
いかん、いかん。

阪神淡路大震災や東日本大震災。
今でも多くの方がまだ完全復帰できずに、仮設やら復興住宅で、不自由な生活をなさっています。
一日も早い真からの復興を願いながら、
自分自身としては「備えあれば憂い無し」を改めて思い返しています。
いずれにしても、
いつ、どこで、起きるか分からない災害に対して、
行政から各個人まで真剣に考えて行く必要があることを痛感するものです。

|

« 体罰肯定派の主張を中心に考えてみたのだが、、、 | トップページ | アルジェリア人質問題、心配です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/56560468

この記事へのトラックバック一覧です: あれから18年:

« 体罰肯定派の主張を中心に考えてみたのだが、、、 | トップページ | アルジェリア人質問題、心配です »